外壁塗装工事における足場について|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

【外壁塗装工事の足場の費用】

外壁塗装工事と言うのは、劣化して耐久性が弱まってしまった外壁の耐久性能を、

新築の時と同じ状態に戻すと言った住宅のメンテナンスの一つであり、

一般的には10年に一度の塗装が必要だと言われています。

外壁塗装工事の費用は、住宅の規模に応じて異なります。

見積もりを業者に依頼すると、一般的に

見積もりには足場設置費用、補修費用、高圧洗浄費用、マスキング費用、塗料代、

そして職人さんの人件費と言った内訳になっているのが特徴です。

 

外壁塗装工事の中で大切なのは、職人さんの心意気次第で、

払ったお金が同じでも、塗装に対する品質が異なってくることです。

そのため、良い職人さんがいるかどうかを見極めることがかなり大切です。

尚、足場と言うのは外壁塗装を行う上で重要なものです。

高所作業が多い事からも安全な状態で塗装や補修、

高圧洗浄を行う目的で足場が組み上げられるのが特徴です。

76fb1505b7cc29b52b93abe513cf87cf_s

工程としては、最初に足場を組み上げ、

その後で外側部分に養生シートを張り巡らせて、

塗料や高圧洗浄作業中に水しぶきが近隣住宅に飛び散るのを

防止する目的で張ります。

 

養生を張り終えると、高圧洗浄などの下地調整が行われ、

塗装を行う外壁を綺麗にすることで塗膜が外壁にしっかりと付着し、

紫外線や雨風等のリスクから、外壁を守る役割を持たせることが出来るようになります。

尚、塗装は外壁一面に行うため、梯子などでの作業では効率が悪くなるどころか、

高圧洗浄時には洗浄の圧で逆に倒れるリスクもあり、非常に危険です。

間違いなく適正な品質の塗装工事が出来ません。

a6e7493fed777c2106d178344b1779e1_s

そのため、足場を組み上げて作業が進められて行くのが特徴です。

因みに、住宅の屋根は外壁同様に紫外線をまともに受ける場所でもあり、

屋根塗装についても定期的に行う事が大切で、

屋根塗装工事においても足場を組み上げる事からも、

外壁塗装工事と屋根塗装工事を同時に行えば、

足場の費用を1回分節約することが出来ると言った

メリットに繋がります。

足場の設置費用は業者により金額が様々ではありますが、

外壁塗装工事と屋根塗装工事を同時に行う事で

全体的なコストを削減することが出来るなどのメリットがあります。

したがって塗装においては長いスパンで考えることが、非常に大切です。

6b879105892673e4896d65b462722d80_s

 

塗装工事における仮設足場

建築工事や土木工事では地面上で作業が完了する場合は少なく、

高所での作業が必要となります。

高所でお住いを塗装する場合に、その外側に作業員が乗って作業

又は移動をするための部分を足場といいます。

 

もちろん、塗装工事の完成により撤去を前提となっています。

足場の中でも特に使われるのが、直径48.6mmの鋼管を組み合わせて使う単管足場と

くさび形足場です。

その中でも、一般的な住宅の塗替えに使われるのが、くさび形足場です。

・単管足場は鋼管と鋼管をクランプと呼ばれる金具で組み合わせ、

ボルトを締め付けて固定します。

そしてくさび形足場の特徴です。

木造家屋等低層住宅では、足場を設置する敷地が狭く、

建物の形状が複雑であるため、

盛替え、組み替え作業が簡単にでき、

建物の形状に容易に対応出来る足場として使用されている。

この足場は、一定間隔に緊結部を備えた鋼管を建地(支柱)とし、

緊結部付きの水平材、斜材等を建地の緊結部にくさびで緊結し、

床付き布枠を作業床とした足場で、

部材がユニット化されておりハンマー1本で組立が出来る。

従来、木造家屋等低層住宅工事用の足場として使用されてきたが、

近年、その足場の部材を用い本足場として組み立て、

中層建築工事用の足場としても使用されている。

もしくは高層建築でも外壁の塗り替えなど短期間の補修に

足場として使用することもある。

wikiペディアより

 

くさび形足場は、組立てや解体が簡単で、

部材を持ち運びが便利なほど小さく分解できます。

塗装工事の現場では広く用いられています。

 

ヨコイ塗装でも、くさび形足場をメインに使っております。

建設現場では作業中に落下事故が起きる場合があり、

その中でも足場からの転落が多くを占めています。

 

事故が起きるのは足場が出来上がった後ではなく、足場の組み立て時に起きやすく、

また、足場の解体時にも事故が起きます。

したがって、ヨコイ塗装ではシンプルな構造のお住まいは自分たちで組み、

構造的に難しい建物や規模の大きい建物は足場屋さんに頼んでいます。

(自社で足場を組むことでコスト削減により、お客様により良い塗料できるからです)

※足場からの転落事故をなくすために、国や建設業界では足場の組立て方法に、

手すり先行工法を用いることを推奨しています。

手すり先行工法は足場の床板を取り付ける前に、そのレベルの手すりを先に取り付ける工法です。

解体時にも床を先に取り外し、手すりを最後に撤去します。

この工法により転落事故を減少させることが出来ます。

塗装工事では、足場の外側にシートが張られます。

シートの役割は主に3つあります。

  • 部材や道具類が落下したり、
  • 吹き付け塗料などの飛散を防止することと、
  • 作業員の転落を防止すること

です。

安心できる仮設足場は、より良い品質の塗装工事をするためにも大切なモノです。

870d881720c12564073eb2e9ea8462a7_s

ヨコイ塗装が自社で足場を組む理由

今回お住まいのお悩みは、外壁のサインリングが色あせているのと同時に、

少し雨漏りが不安、とのことです。

こちらのお住まい、玄関部分が西側になっています。

したがってよく目の行く大切な部分が、西日で劣化しやすいことになります。

通常、色あせる部分としては、日ざしや雨が当たりやすいベランダの部分または南側、

西側の部分です。

ヨコイ塗装ではこのように紫外線による劣化が激しい時は、

さらに余計に1回塗り足したり、

クリアを塗装して長持ちさせる工夫をしています。

なぜお客様にプラスになる柔軟な対応ができるかというと、

足場を自社で組むことができることも、大きな要因です。

 

ヨコイ塗装では、丁度1軒分の足場を保有しています。

したがって足場にかかるコスト(足場レンタル代など)を

良い塗料や長持ちする工夫に回すことができます。

足場を自分たちで組むことによって、

人件費や足場代のコストを削減することが出来ます。

足場は一度購入すれば、何回も使い回しをすることができます。

 

ハウスメーカーさんでは現場ごとに、

足場屋さんに頼むことになりコストがかさむことになります。

また下請けの業者さんなどが入ることによって中間マージンがかかります。

したがってそのような費用がかからない分、

直接でのヨコイ塗装での依頼はなるべくお値打ちになっていると思います。

 

ただハウスメーカーさんと違って信用度とかに不安があるかもしれません。

そんな時は是非お客様のインタビューを動画で、

他のかたの声を参考にしてみてくださいね。

 

足場はめったに組むものではありません、だからこそ

外壁塗装をする際に一般的にほとんど足場を設置します。

その際に普段届かないところが届くようになります。

したがって日常気になっているところ、

例えば壁が劣化している部分、雨の流れが良くないところ、

雨漏りが気になるところなどついでに診てもらうと良いです。

 

またベランダのポリカや、車庫のアクリル板等も普段届かない所です。

こういった場所も結構汚れています。

職人さんに聞いて、もしやっていただけるようでしたら

ついでに掃除していただくと良いかもしれません。

塗装工事は金額も結構かかりますので、それなりに普段住宅に関して気になっている事、

いっぺんに済ませてみてはいかがでしょうか?

 

やっぱり塗装工事は人が品質に直結します。

職人さんが気軽に柔軟にやってくれる、そんな業者さんを選んでみてくださいね。

 

【丸太の足場では良い作業は出来ません・・・】

たまにですが、塗装工事を足場をかけないで、

丸太や脚立等を移動しながら工事をしている業者さんを見かけます。

普段あまり他の業者さんの批判的なことは言わないようにしているのですが、

これははっきり言います。

「あまりお勧めのできる業者さんはありません。」

なぜなら塗装では、適切な工事品質に仕上げるためにも、

高圧洗浄や下地処理が必須となってきます。

それらの作業は、身体をかがみ込ませたり、

もぐったりして作業を行うことがしょっちゅうあります。

丸太やはしご等で作業をしていると、足元がおぼつかないため、

しっかりとした下地処理ができません。

 

そうなると結果的に適正な品質の塗装工事を行っているとはかなり思えません・・・

また、高圧洗浄時には洗浄に使うガンの威力も結構あります。

ガンの圧力で体がのけぞったりすることもありますので、

安全面から考えてもしっかりとした足場がないと、

安全な作業ができないと思います。

 

万が一、工事中に事故などが起きてもあまりいい気分はしないと思います。

せっかくお住まいをきれいに仕上げ気持ちの良い生活を過ごすために行ったものが、

お住いで事故が起きたとなると良い気分はしませんよね。

そのためにも足場をしっかり組んでもらえる塗装業者さんを選んだ方が良いと思います。

 

 

また足場にはネットをかける役目もあります。

ネットをかけることで、近隣にお住まいや車に、

汚れや塗料が飛散しないようにするためにです。

昔からの方はけっこうなぁなぁで済んだことが多いのですが、

現在のようなご時世では、色々と言われることも多いと思います。

そのためにも、しっかりと足場を組んで、

色んなところに配慮ができるようになることが、

気持ちの塗装工事になり、ご近所さんとの関係も踏まえた、

気持ちの良い生活につながのでは無いでしょうか。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


安心して塗装工事するなら
// チャットボット