外壁塗装工事の流れについて②|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

前回の「塗装工事の流れについて①」では、家主様からお問い合わせいただいた時点から、

現地調査、お見積り、ご契約、工事の前準備、足場工事、下地処理までご説明しました。

前回の「塗装工事の流れについて①」

 

特に外壁塗装工事において、最も目立たない部分ですが、

最も重要な下地処理について、重点的に説明しています。

 今回は、下地処理終了後の養生作業からアフターフォローまでの流れについて説明いたします。

 

1.養生作業

  下地処理を行う際にも、必要に応じて実施しますが、

本格的な塗装工事を行う前には必ず養生作業を行い、塗料が付着してはいけない部分を保護します。

この養生作業の目的は、塗料の汚れから保護することですが、

養生をきれいにできるかどうかで、塗装の仕上がりが大きく異なります。

 

  例えば、外壁と窓の境界線ですが、境界線に沿って真っすぐ養生できていれば、

非常に見栄えのいい塗装が行えます。

しかし、養生のテープが歪んで貼られていた場合、

仕上がりも歪んだ状態となってしまいます。

そのため、養生作業は、塗装工事をきれいに仕上げるために

最も重要なプロセスであるという業者さんもいらっしゃいます。

 

  しかし、「ただ、まっすぐ貼るだけ」と思われるかもしれませんが、

場所によっては、いびつな形であったり、凹凸のある外壁に対する養生であったりと、

仕上がりは職人さん腕に大きく左右される工程になります。

 

2.下塗り

  ここから、本格的な塗装工事となります。

業者さんによって、屋根から始める業者さんと外壁から始める業者さんがいらっしゃいますが、

いずれにしても下塗り、中塗り、

上塗りというプロセスで、それぞれの部分を塗装します。

つまり、必ず3回塗ることとなります。

 

  1回目の塗装である下塗りは、中塗り、上塗りの塗料をしっかり接着させることと、

屋根や外壁の劣化により、塗料を吸い込んでしまう事を防止すること、

上から塗る塗料の色を出しやすくすることという、3つの目的で行います。

 

  

最初の目的である「接着させること」についてですが、

中塗りの塗料や上塗りの塗料は、接着性が高くありませんので、

そのまま屋根や外壁に塗った場合は、塗装が剥離しやすくなります。

しかし、下塗り用の塗料は、屋根や外壁との接着性が高く、

また塗料も接着しやすい素材ですので、下塗りを行っておくことで、

塗料の剥離を予防することができます。

 

  

次の目的である「吸い込みの防止」ですが、

屋根や外壁が劣化してしまうと、防水性能が著しく低下してしまいます。

そのため、そのまま塗料を塗ってしまうと、塗料そのものが吸収されてしまい、

塗料の使用量が大幅に増加してしまいます。

それを防止するため、下塗りを行い、防水性能を低下させている細かなヒビや穴を埋めてしまいます。

 

  

最後の「塗料の色を出しやすくする」という目的については、

大きく色を変える場合でなければあまり必要はありませんが、

元が濃い色の外壁であった場合、それを消そうとすると、何度も塗る必要が出てきます。

そのため、中塗りや上塗りで使用する塗料より安価な下塗り用塗料で希望の色に近くしておくと、

色あせて来た時も目立ちにくく、塗装の回数を増やす必要がなくなり、

余計なコストが発生しないというメリットがあります。

 

2.中塗り・上塗り

  下塗りが完了すると、次は中塗りです。

下塗り用の塗料は白か透明であることがほとんどですので、

中塗りによってはじめて屋根や外壁に色が付きます。

さらに、その色をしっかりと出すためにもう一度塗装を行います。

これが上塗りです。

  中塗り・上塗りの目的は、色を付けることによる屋根や外壁の美観を良くするという目的の他に、

家そのものの耐久性を上げるという効果があります。

  中塗りや上塗りで使用する塗料は、種類にもよりますが、

防水性能や断熱機能、遮熱機能がある塗料が使われます。

これにより、屋根や外壁から侵入する水分を遮断し、

家の内部の腐敗を防止することができます。

  中塗り・上塗りで使用する塗料によって、その効果は大きく変わりますので、

ここで使用する塗料の種類については、業者さんと事前に十分、話し合っておく必要があります。

 

3.家主様のチェック

  塗装工事後の状態を家主様にご確認いただきます。

業者さんによっては、塗装の塗り漏れや、ムラが残っているケースが稀にありますので、

家主さんの目でしっかりと状態をチェックしていただくことが重要となります。

 

4.後片付け

  家主様のチェックに問題が無ければ、養生の取り外しや足場の解体、

周辺の清掃を行い、外壁塗装工事は完了となります。

また、この時点で家主様への引き渡しとなります。

 

5.アフターフォロー

  この点は、業者さんによって大きく異なる部分となりますが、

定期便の発送や、塗り替え時期のご案内を行う業者さんもあります。

アフターフォローがしっかりしている業者さんですと、問題が発生した場合も安心できますね。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


安心して塗装工事するなら
安心して塗装工事するなら
// チャットボット