気に入っている外壁を活かせるクリア塗装|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

新築の際に、デザイン性の高いサイディングボードを使用された方の中には、

そのデザインが損なわれるのが嫌で

外壁塗装を躊躇されている方もいらっしゃいます。

しかし、定期的な外壁塗装を行わなければ、

外壁の防水として機能している塗膜が劣化してしまい、

建物の寿命を縮める結果となってしまいます。

 

 そこで今回は、デザイン性の高いサイディングボードを活かすことができる

クリア塗装についてご紹介させていただきます。

 

1.通常の塗装とクリア塗装の違い

 一般的に「外壁塗装」と聞いて想像するのは、

1色の塗料できれいに塗られた状態ではないでしょうか。

新しい塗料を使用して、専門の職人さんがきれいに塗った直後の外壁は、

とてもきれいな状態となります。

 

しかし、ほとんどの場合は単色で塗られているため、

なかなか凝った塗装とはいえません。

 

 特に、レンガ調のサイディングボードを使用して、

3色や4色使用しているような凝った外壁材を使用されている方からすると、

その上から単色の塗料を塗ってしまって、

外壁の見た目が全く変わってしまうことに

抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 そんな方にお勧めの塗装が、クリア塗装となります。

クリア塗装は、通常の塗装と同様の工程で塗装工事を行うのですが、

仕上げに使用する塗料が透明であるため、元の外壁材のデザインをそのまま残すことができます。

そのため、現在の外壁材のデザインを変更したくない方には、おすすめの塗装方法となります。

 

 さらに、クリア塗料には艶有りの塗料と艶無し(3割艶有り)塗料があります。

外壁に艶を出したい場合や、艶そのものも現状維持したい場合など、

それらのご希望に沿った形で現在の外壁材のデザインを有効活用することができます。

 

2.クリア塗装の問題点

 では、元の外壁材を気に入っている方は

全員クリア塗装ができるのかと言われると、そうではありません。

クリア塗装は、透明な塗料を使用しますので、

外壁材のデザインをそのまま活かすことができますが、

それは問題があっても隠すことができないというデメリットも含まれています。

 例えば、長期間、外壁のメンテナンスを行っていなかったために

外壁にクラックが発生している場合には、

外壁塗装の下地処理でそのクラックを修復する処置を施します。

通常の塗装であれば、その上から色付きの塗料を塗っていきますので、

クラックの修復後は塗料で隠すことができますが、

クリア塗装の場合は、クラックの修復後を隠すことができずに、

そのまま見えてしまうことになります。

この状態ですと、元のサイディングボードのデザイン性を活かせたとしても、

見た目が悪くなってしまいます。

 

 他にも、使用できないサイディングボードがあります。

例えば、光触媒のコーティングや

無機の表面コーティングが施されているサイディングボードは、

クリアの塗料を外壁材にしっかりと密着させることができませんので、

これらのサイディングボードを使用している場合には、

クリア塗料は使用することができません。

 

3.クリア塗装に適した状態

 クリア塗装の問題点を考えた場合、

クリア塗装が実施できる期間は新築から10年前後と言われています。

それ以上に経過してしまうと、どうしても多かれ少なかれ外壁に傷がついてしまい、

それを隠すことができなくなってしまうため、美観が悪くなってしまいます。

 

もちろん、大切に使用されていて、傷がほとんどない外壁材の場合であれば、

15年や20年経過していてもクリア塗装を行うことができる場合がございますので、

実際の判断は、現物を確認してからという形になります。

 

 逆に、10年を経過していなくても、

建てられた位置や天候状態によって外壁に傷がついていたり

表面が風化している場合については、クリア塗装はおすすめすることができません。

 

4.クリア塗装の耐用年数

 通常の外壁塗装は、7年~10年程度と言われています。

では、色が入っていない透明な塗料で塗装した場合の耐用年数はどうなるのでしょうか。

 

 結果としては、通常の外壁塗装と同様に、

7年~10年程度は持つと言われています。

もちろん、使用する塗料と外壁材によって、その期間は大きく異なりますが、

シリコンのクリア塗料であっても、10年程度の耐用年数はありますので、

クリア塗装だからといって、耐用年数が下がることはありません。

 

 以上のように、クリア塗装は使用できる条件が厳しい塗装方法ではありますが、

優れたデザイン性を活用したい方にとっては、非常に有用な塗装方法となります。

 

しかし、一部の業者では、明らかにクリア塗装に適していない外壁であっても、

その事実を告げないまま塗装を行ってしまい、

耐久性の低下が美観の悪さで問題になることもあるようです。

 

 そのため、クリア塗装のご相談は、信頼できる塗装業者に行う必要があります。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

外壁の状態をしっかりと確認したうえで、

最善の方法をご提案させていただきます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


安心して塗装工事するなら
安心して塗装工事するなら
// チャットボット