コーキングの打ち替えに適した天気とは|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

コーキングの打ち替えは、

外壁塗装と同時に行うことが多い、外壁のメンテナンスとなります。

 

コーキングは、外壁のつなぎ目から外壁や建物内部に

水が浸入することを防止するためになくてはならないものであり、

定期的にメンテナンスを行わなければ、その機能を維持することができません。

 

 コーキングが劣化してしまうと、コーキングにヒビが入ったりコーキングが痩せたりすることで、

これまで密着していた外壁と外壁の間に隙間ができてしまうことになります。

そうなると、コーキングによる防水を期待することができず、

その隙間から水が浸入してしまうことになります。

 

 そんな劣化したコーキングを新しくするためのメンテナンスが

コーキングの打ち替えという作業になります。

今回は、そんなコーキングの打ち替えについて、ご説明したいと思います。

コーキング 打ち替え トイ裏

 

1.コーキングのメンテナンス方法

 コーキングのメンテナンス方法には

打ち増し打ち替えという2種類の方法があります。

 

コーキングの打ち増しは、古いコーキングを取り除くことなく、

痩せて目減りしたコーキングを追加で補填するメンテナンス方法となります。

 

打ち増しの場合、古いコーキング材が残っていますので、

新しいコーキング材をあまり多く使用することがなく、

コストを安く抑えることができます。

しかし、表面上は新しいコーキングになっていますが、内部は古いコーキングになっていますので、

その部分はもちろん古いコーキングのままです。

そのため、内部で劣化していたり、目地との密着が低い可能性があります。

 

一報、コーキングの打ち替えは、古いコーキング材を一旦すべて除去した上で、

新しいコーキング材を補填します。

古いコーキング材を残さない分、打ち増しに比べると新しいコーキング材を使用する量が増えるため、

コストは増加してしまいますが、全て新しいコーキング材を使用していますので、高い耐久性能を有し、

また目地との密着性も高くなっています。

コーキング 3面接着 低品質

 

2.コーキングの打ち替えに適した天気

 コーキングの打ち替えを行う際には、天気にも注意を払わなければなりません。

コーキングを打ち替える場合、古いコーキングを全て除去しますので、

その間は外壁と外壁の隙間に水の侵入を防止するものが無くなります。

そのため、コーキングの打ち替えを行う際に、雨が降っていた場合、

外壁や建物の内部に水が浸入しやすくなってしまいますので、

あまり好ましい天気ではありません。

 

 また、雨は降っていなくても、湿気の高い日も同様に避けた方が無難です。

湿気が高い日にコーキングを除去してしまうと、その高い湿度を有した空気が外壁や建物内部に親友することになります。

その後、中の温度差などで結露を起こした場合などは、雨が降っていなかったとしても、

外壁や建物内部に水分が侵入したのと同じように建物の腐食につながる湿気を取り込んでしまうこととなります。

 

 雨の日にコーキングの打ち替えを行うことは、建物内部に水が浸入する以外にも弊害があります。

雨の日は、外壁そのものが濡れてしまいますので、目地にコーキングそのものが密着しなくなります。

コーキングは、高い防水性能を有していますので、水をはじく特徴があります。

そのため、外壁そのものが濡れている場合、コーキングをくっつけようとしても水をはじいてしまい、

うまく密着させることができません。

そもそも目地断面が水を吸い込みやすく、

雨水を吸収することで、コーキング専用のプライマーも塗ることが出来ません・・・

コーキング シーラー P-50

 また、コーキングは、充填してすぐに密着するわけではなく、

充填後、乾燥させなければなりません。雨の日や湿気の高い日にコーキングの打ち替えを行うと、

乾燥までに長い時間がかかってしまいます

そのため、コーキングの打ち替えを行うのに適した天気は、湿度の低い晴れた日となります。

 

3.コーキングの打ち替え後に雨が降った場合

 晴れた日にコーキングの打ち替え作業を行った後に、夕立等で急な雨が降ってしまう場合もありますが、

コーキングの打ち替え作業が終わり、コーキングが乾燥する前に雨が降った場合はどうなるのでしょうか。

 

 基本的にコーキングは防水性能の有していますので、

コーキングの打ち替え作業が終わった後に雨が降っても、

コーキングをへこませるくらいの強い雨など、見かけたことはありません。

もちろん、雨が降らないに越したことはありませんが、雨が降ったからと言って、

コーキングの打ち替えをやり直さなければならないという心配はありません。

 

 ただし、水性のアクリルコーキングを使用する場合は注意しなければなりません。

このコーキングは水性ですので、完全に硬化する前に雨に当たってしまうと、

コーキングが溶けて流れてしまいます。

そのため、水性のコーキングを使用する場合は、

完全に硬化する前に雨が降ってしまうと、

コーキングをやり直さなければなりません。

(現在はコーキングにも沢山の種類が出ました。

水性にそこまでこだわることもなく適材適所なものをご使用くださいね)

 

 塗装工事と同様に、コーキングの打ち替え工事についても、

天気は非常に重要なものとなります。

 

ヨコイ塗装では、天候をしっかり確認して工事を行うと共に、

突然の雨で品質が低下すると思われる場合には、

施工中断するなど柔軟に対応できます。

下請けでないため、納期に追われることが無いからです。

 

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


// チャットボット