塗装工事における塗料の品質と道具について|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

 塗装工事を行う上で、どれだけ高品質な工事を行えるかについては、

職人さんの腕にかかっているといえます。

しかし、いくら腕のいい職人さんであっても、

品質が悪い塗料を使用していたのでは、高品質な工事を行うことはできません。

なぜなら、塗料こそが、塗装工事の主役であるためです。

 

塗装工事における塗料と職人さんの関係は、車とドライバーに例えることができるでしょう。

いくら腕のいいドライバーであっても、車が欠陥品であれば、

いい運転をすることができません。

逆に、車が高性能であっても、ドライバーの腕が悪ければ、これも、良い運転ができません。

車が高性能でドライバーの腕もいいという関係で初めて、良い運転を行うことができます。

塗装工事でも、塗料の品質と職人さんの腕の良さがそろって、

初めて高品質な工事を行うことができます。

今回は、そんな塗装工事の主役である塗料の品質についてご説明します。

1.塗料メーカーによる品質

 塗装工事で使用する塗料といっても、様々なメーカーから発売されています。

有名なところでは、日本ペイントやエスケー化研、関西ペイントという大手3社があげられます。

ついで、日進産業、アステック、水谷ペイントといった中堅の塗料メーカーも存在します。

 特に、大手3社に関しては、その品質について、

日本だけでなく世界中で高く評価されていると言われています。

その為、国内のシェアで見た場合、大手3社で9割ものシェアを誇っていると言われています。

 

 塗料メーカーが発売している塗料については、一定の品質が保証されています。

その中でも、各塗料メーカーによって得意な分野があり、

例えば、大手3社の場合は、

  • 日本ペイントはシリコン系、フッ素、光触媒といった塗料に、
  • エスケー化研はアクリル系、水性シリコン系の塗料に、
  • 関西ペイントは、ウレタン系、シリコン系の塗料に

強いと言われています。

つまり、各塗料メーカーで得意としている塗料を使用することで、

高品質の塗料を使うことができるということになります。

 

2.オリジナル塗料の品質

 一部の塗装業者では、自社で開発したオリジナルの塗料をすすめるケースもあります。

このオリジナル塗料を使用するケースは2通りあります。

1つは、大手ハウスメーカー等でまれに行われることですが、

どうしても市販の塗料では実現できない色や機能を実現させるために、

本当に自社でオリジナルの塗料を開発するというケースです。

この場合のオリジナル塗料については、塗料メーカーの塗料よりも全体的な品質は低くなりがちですが、

大手ハウスメーカー等が求める色や機能については、他ではない色、機能を出すことができます。

 

 もう1つのケースは、他社が開発したOEM商品を、

相場をごまかすために「オリジナルの塗料」としているケースです。

この場合は、塗装業者の利益確保が目的ですので、品質の割に価格が高い、

もしくは価格は非常に安価であるが、品質が非常に悪い塗料となっているケースが大半ですので、注意が必要です。

 

3.塗料を塗るための道具

 職人さんの腕がよく、塗料も高品質なものを選択したとしても、

実際に塗料を塗る道具が悪くては、キレイに塗ることができません。

先程の車で例えるなら、この道具は車の「タイヤ」に相当する部分です。

いくら車の性能が良くても、「タイヤ」がつるつるでは、上手く走らせることができません。

 では、塗料を塗るための道具にはどのようなものがあるのでしょうか。

(コーキング撤去に重宝する道具です。こういったものを持っているかで職人の腕がわかります)

 

①ローラー

 ローラーは、外壁塗装でよく使われる道具で、

一般的には6インチのスモールローラーがよく使用されています。

外壁部分によって、差し込みのタイプや直径の太さ、ローラーの長さ、

毛の長さ、毛のタイプといった異なるローラーから、

最適な道具を選択して塗装工事を行います。

 

②ハケ

 細い部分や細かい部分をキレイに塗るために必要な道具がハケになります。

ハケも、塗料を塗る部分に応じて、筋違ハケや目地ハケといった、

異なる形のハケを使い分けます。また、毛の種類も、

ヤギ・ブタ・ウマ・樹脂といった種類を使い分けて使用します。

 

4.まとめ

 塗料も塗料を塗る道具も、様々なメーカーから様々な品質・種類のものが販売されています。

塗料については、基本的にはメーカーから販売されている塗料を使用して、

塗装する外壁の色を作成する方法が一般的となっています。

塗料メーカーは、塗料の作成を専門的に行っていますので、塗料の品質に関しては申し分ありません。

特に、日本の3大メーカーと言われている3社は、明治や大正の時代から塗料を作成していますので、

その間のノウハウも盛り込まれた塗料として信用することができます。

 

道具については、通常は、職人さんが自分に合っている道具をチョイスして使用しているはずですので、

無理に別の道具を使用させたとしても、上手く使うことができません。

利益重視ではなく、品質重視の職人さんが使用している道具については、

職人さんが自らの経験を元に、こだわりをもって、

その道具を選択していますので、高品質な塗装工事が可能となっています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら