2成分型シーリング剤|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

サイディングボードやプレキャストコンクリート板のように、

複数の外壁材を接合させて外壁を形成する場合に、

必ず行わなければならないのが「シーリング」です。

サイディングボード等の外壁材同士をしっかり接着し、

その隙間から水分が外壁材の内部に侵入させないようにするためのシーリングは、

非常に重要な役割を担っています。

 

 今回は、そんなシーリングの中の

2成分型シーリング剤についてご説明したいと思います。

シーリング

1.シーリングの種類

 シーリングには、大きく分けて1成分型と2成分型という分類の方法があります。

その中に、それぞれ材質によって、

「アクリル系」「ウレタン系」「ポリウレタン系」「シリコン系」「変性シリコン系」「油性コーキング系」「ポリサルファイド系」

といった様々な種類があります。

 

 1成分型とは、シーリングの成分だけで自然と硬化するタイプのことを指し、

2成分型とは、シーリングの成分だけでは硬化せずに、

硬化剤などを混ぜることによって硬化させるタイプのシーリングを指します。

 

2.1成分型と2成分型の違い

 1成分型のシーリングは、シーリングのみを使用すればいいため、

手軽にシーリングを扱うことができるという特徴があります。

そのため、1成分型は、主にご自身でシーリングのメンテナンスを行う

一般の方向けの商品としてホームセンター等で

取り扱われていることが多い商品となります。

 

1成分型のほとんどの商品は、

空気中の水分と化学反応を起こして硬化するため、

天候による影響を非常に受けやすい商品であるとも言えます。

そのため、晴れた日に行う場合と、湿度の高い日に行う場合とでは、

硬化するまでの時間に大きな差が生じ、結果として、

仕上がりにムラができる結果となります。

また、1成分型シーリングは、乾燥時にシーリングが痩せるという特徴も有しています。

そのため、2成分型シーリングと同量を充填した場合は、

乾燥後は1成分型シーリングのほうが分量が少なくなっているといえるのです。

コーキング材

 一方、2成分型のシーリングは、シーリングと硬化剤の混合作業が必要となります。

混合作業には、専用の攪拌機を使用するため、

一般の方が使用するにはハードルの高い商品となりますが、

硬化する条件が空気中の水分ではなく硬化剤となっていますので、

安定して硬化させることができるシーリングとなっています。

そのため、2成分型のシーリングは、

主に業者が使用するシーリングとして商品化されています。

 

3.2成分型シーリングの施工方法

 2成分型シーリングの施工は、

基本的には1成分型のシーリングの施工方法と大きく変わりません。

初めに、シーリングを充填する部分の清掃をしっかり行い、

古いシーリングをすべて取り除きます(打ち替えの場合)。

 掃除の終わった充填部分に対して、バックアップ材を装填します。

バックアップ材が装填できない場合は、目地の底にボンドブレーカーを貼付します。

その後、シーリングがしっかり密着するよう、

プライマーをムラが無いように塗り、乾燥するまで待ちます。

 

 その間に、シーリングと硬化剤の混合作業を行うことになります。

シーリングに硬化剤を混ぜることで徐々に硬化が始まってしまうため、

実際に使用する直前にシーリングと硬化剤の混合作業を行うことになります。

しっかりと混合作業を行った後、プライマーが乾いていたら、

シーリングの充填を実施します。

 こうすることで、シーリングがしっかりと外壁材に密着し、

耐久性の高いシーリングのメンテナンスを行うことができます。

MP−2

 

4.1成分型シーリングを使用する外壁材に注意

 1成分型シーリングを使用するすべての外壁に使えるというわけではありません。

サイディングでは、1成分では非常に高くなっています。

しかしRC構造では2成分型の方が良い場合があります。

 

 2成分型シーリングを扱うためには、

専用の攪拌機を使用して混合作業が必要になったり、

細かい作業で必要となる特殊な「ガン機」を用意しなければなりません。

これらの初期投資には、数十万円という金額が必要になるほか、

これらを取り扱うことができる職人さんの存在が必要不可欠となります。

カルマぜ

 一方、1成分型シーリングであれば、ホームセンターなどで150円程度出せば、

専用の「ガン機」を購入することができますし、

混合作業が必要ありませんので専用の攪拌機も必要ありません。

さらに、誰でも簡単に使用できますので、熟練の腕を持つ職人さんも必要ありませんので、

低コストで工事を行うことができるのです。

 

 しかし、前述した通り、1成分型シーリングを使用した場合は、

天候によって品質が大きく左右されるほか、タイミングによって大きくムラが生じることになります。

色んな条件を考慮して、

コーキングを使い分けることが大切です。

 

 ヨコイ塗装では、シーリングを充填する場所をしっかり見定めて、

最適なシーリングを充填するようご提案しています。

扶桑町周辺で外壁塗装でお悩みの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

// チャットボット