ごまかしコーキング打ち直し工事見てきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不思議な見積もり依頼・・・

見積もり

先日は不思議な見積もりの電話を受けました。電話で話していてもよくわからない内容でしと。

ただ、しっかりと話してくると徐々にわかってきました。今工事を施工中で業者の品質に?があるから見て欲しいと言うことでした。

具体的にはコーキングをしっかりと削ぎ落として打ち直しをしてないので、将来雨水が入ってこないかと心配されていました。実際、そのお住まいはALC外壁のお住まいですので、サイディングと違って二重構造になっていませんので隙間からの雨水はかなり建物劣化につががります。したがって心配もあるかと思いすぐに現場に行って施工中のコーキングの工事内容をみました。

初めての他社さんの施工を拝見

他社さんの施工現場に立ち会うのは初めてなので少しドキドキしながら、また何か学べる事は無いかと思って拝見させていただきました。

会社は最近ネット広告をよく見かける〇〇美装さんと言う会社でした。ネットにも広告シートが貼ってありデカデカと宣伝してありました。

見た目はきれいでした。

ただ実際のコーキングの施工内容としましては、表面はとてもきれいに仕上がっていました。そして実際に、お客さんからお話を聞きますと、3人で1日でコーキング打ち直し作業が終わったとのことです。ヨコイ塗装ではそんなに早く作業が終わるはずもなく、どこか仕事が荒い部分があるのではないかと疑問に思っ思っていました。

その時お客様がメーカーさんと部分的にはがした部分を見せてくれました。するとコーキングをしっかりと作業落とすことなく簡単に打ち直し作業として終わっておりました。何がまずいかといいますとしっかりと削ぎ落としていませんと、サイディングの断面とのコーキングの密着の良さが、結局は古いコーキング次第によって簡単に剥がれてしまう事故につながることです。通常ですとコーキングを打ち直する時は、しっかりと古いコーキングを削ぎ落として、さらに専用のプライマーを塗ってから新しいコーキングを打つ変えていきます。しっかりとしたそぎ落としがなければ、もちろん古いコーキングが残ったままです。したがって高いお金を出しても本質的な解決にはなっておりません。

コーキングで1番大切な事はしっかりと削ぎ落としてもらうことです。このことはコーキングだけでなく、塗装の下地処理も同様です。

どんな下地処理をしてもらえるかどうか、見積もりずにしっかりと確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA