シーリング材専用容器回転式撹拌機「カルマゼ」とは!?|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ヨコイ塗装では、この度、シーリング材専用容器回転式撹拌機

「カルマゼ」を導入いたしました。

シーリング材専用容器回転式撹拌機「カルマゼ」は、

その名前の通り、2成分型のシーリングをかき混ぜるための機材です。

今回は、シーリング材専用容器回転式撹拌機「カルマゼ」を導入したことで、

外壁塗装のなにが、どう変わるのかについて、ご紹介したいと思います。

カルマぜ

 

1.シーリングの種類の違いについて

 シーリングには、1成分型と2成分型があります。

ホームセンターでよく販売されている1成分型のシーリングは基材と硬化剤、

それに着色を行うトナーがすでにかき混ぜられている商品で、

購入してすぐに使用できるメリットはありますが、

量に対してコストが高く、作業効率が悪いというデメリットがあります。

また、1成分型のシーリングは、乾燥過程で痩せやすく、

2成分型と同量のシーリングを使用しても、

膜厚が薄くなるという品質に直結するデメリットも存在します。

 

 一方、2成分型のシーリングは、基材と硬化剤、

着色する場合にはトナーが、それぞれ別の缶に入れられており、

これをかき混ぜて(撹拌して)使用します。

2成分型のシーリングを使用する場合、

この撹拌作業に専用の機材を導入する必要があります。

今回導入した、シーリング材専用容器回転式撹拌機「カルマゼ」も、

この2成分型のシーリングの撹拌に使用する専用の機材の1つですね。

また、拡販用の機材の他に、撹拌後のシーリングを吸い込み、

打ち込みを行うための「ガン機」と呼ばれる機材も必要になります。

このような専用の機材を購入しなければなりませんので、

2成分型のシーリングを使用するには、1成分型のシーリングを使用するよりも

初期投資がかかります。

しかし、初期投資を行ってしまえば、

シーリングの量当たりの単価は2成分型のシーリングのほうが

安く抑えることができます(価格差はおよそ1/2程度)。

また、2成分型のシーリングのほうが痩せにくいという特徴がありますので、

品質を高めるには2成分型のシーリングのほうが優れています。

MP−2

2.一般的な塗装業者のシーリング

 実は、多くの塗装業者は1成分型のシーリングを使用しています。

2成分型のシーリングを使用しない理由としては、

撹拌という作業が追加されますので、

その作業を行いたくないという業者が多いという点と、

撹拌の失敗により、品質が大きく低下するリスクがあるという点、

そもそも初期コストをかけたくないという3つの理由が考えられます。

 2成分型のシーリングは、撹拌が不足していると、シーリング材がうまく硬化しません。そのため、せっかくシーリングを打ち直したにも関わらず、すべて取り除いて、新しいシーリングを打ち直さなければならないというリスクが生じます。

 一方、1成分型のシーリングであれば、多少単価は高くても、

撹拌不足によって硬化しないというリスクはありませんので、

安全に使用することができます。

そのため、2成分型のシーリングを取り扱わない塗装業者が増えてきています。

 

 しかし、先述した通り1成分型のシーリングは、

コストが高いわりに痩せやすいというデメリットが存在します。

そもそもシーリングは、外壁材同士をつなぎ合わせるために使用するもので、

その間から水分が入ってしまうと外壁材そのものの劣化が早くなってしまいます。

痩せやすいということは、それだけヒビが入りやすく、

外壁材の中に水分が入る可能性を高めることにつながります。

つまり、品質面ではあまりよろしくありません。

 

3.ヨコイ塗装のこだわり

 ヨコイ塗装では、最高の品質で塗装工事を行っておりますので、

シーリングについても一切妥協は行いません。

他の業者が1成分型のシーリングを使用していたとしても、

ヨコイ塗装では高品質の2成分型のシーリングにこだわっています。

 

 2成分型シーリングを使用するにあたり、

もっとも注意しなければならないのは、

先述した撹拌不足による硬化不良です。

 

それを防止するために、今回、

シーリング材専用容器回転式撹拌機「カルマゼ」を導入いたしました。

 

 通常の2成分型シーリングの撹拌機は、容器を固定して、

容器の中に撹拌するためのプロペラ等を入れて撹拌するのに対し、

「カルマゼ」は、容器そのものを回転させることで撹拌を行います。

たまに街で見かけるコンクリートのミキサー車のイメージですね。

容器を回転させて撹拌しますので、撹拌の効率が良く、

撹拌不足によって硬化しづらいというデメリットを

未然に防止することができます。

シーリング 撹拌中

 また、タイマー予約の機能もついていますので、

シーリングを打ち直す直前に撹拌を仕上げるように予約することもできます。

2成分型シーリングは撹拌後から徐々に硬化が始まっていきますので、

作業直前に撹拌が終了するのが望ましいのですが、

これまでは撹拌時間を考えながら他の作業をスケジューリングする必要がありました。

しかし、予約機能によって、他の作業に集中しながらも、

シーリングを使用する直前に撹拌が終了しているという作業効率も

アップする画期的な機材を導入しました。

塗り替えスパン

 ヨコイ塗装では、品質を最も重視しています。

シーリングも「カルマゼ」を活用した、高品質のシーリングを実施しています。

扶桑市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

// チャットボット