サッシ周りのコーキングについて|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅のコーキングといわれると、何を思い浮かべるでしょうか。

多くの方が、お風呂のタイルや、外壁のサイディングボードを

つなぎとめるゴムのようなものを想像される方が多いと思います。

 

このコーキングは、建材をつなぎとめておくために使用されていますので、

外壁材だけでなく、サッシ周りにも使われています。

 今回は、そのコーキングの中で、

サッシ周りのコーキングについてご説明したいと思います。

 

1.コーキングの目的

 サッシ周りのコーキングを説明する前に、

コーキングそのものの目的をおさらいしておきます。

 コーキングは、外壁材やサッシ、タイルなどの建材と建材の隙間に充填され、

それらの建材をつなぎとめておく役割を担っています。

しかし、その目的は、建材をつなぐためだけではなく、

建材と建材の間から水が漏れないようにしっかりと防水することや

建材と建材の間にゆがみが生じてもゴムのように伸縮することで、

クッションの役割を果たし、建物そのものが歪まないようにするための役割を持っています。

 

 コーキングが劣化してしまうと、コーキングが痩せてしまったり、

ひびが入ったりしてしまいますので、その部分から水が漏れたり、

クッション性能が失われることになってしまいますので、

定期的な補修が必要となります。

コーキング

 

 

2.サッシ周りのコーキングの特徴

 コーキングは、建材と建材をつなぎ合わせるために使用しますので、

外壁材とサッシをつなぎ合わせるためにも、もちろん使用されています。

 

また、外壁材であるサイディングボード動詞をつなぎ合わせるコーキングと異なり、

サッシはすぐに室内につながっていますので、この部分のコーキングが劣化すると、

室内への水漏れや雨漏りに直結する大切な部分となります。

 

 実際に、サッシ周りで水漏れや雨漏りが発生している場合、

ほとんどがサッシの問題ではなく、サッシ周りのコーキングが原因となっています。

そのため、サッシ周りのコーキングは、その劣化状況を定期的に観測する必要があります。

 

しかし、サッシ周りのコーキングは、やや見づらいコーキングの打ち方になっていることが多く、

サイディングボードのコーキングのように、簡単にチェックすることができません。

そのため、サッシ周りのコーキングについては、特に注意して観測する必要があります。

コーキング 凍結 サイディング

 

3.サッシ周りに使用するコーキング

 これまでは、コーキングも以前と比べ断然性能が上がりました。

ヨコイ塗装オススメの使用コーキング

−シャープ科学 シャーピー

コーキング材

 

オート科学 オートンイクシード

(コーキング剤なのに色が多く、しかも30年の耐久性!!)
シーリング材 オートンイクシード

 

 

(昔は、一部の業者では、外壁用のコーキングとサッシ周りのコーキングを分けずに、

同じものを使用して経費を削減させようという話もありました。)

 

 (サイディングボードで使用するコーキングは、柔軟性が高く、

追随する力が強い低モジュラスでかつ、高性能弾性を有するコーキングが向いていますが、

サッシ周りに使用するコーキングは逆に、耐久性の高い高モジュラスなコーキングが向いていました。

 しっかりとコーキングを使い分けることによって、

耐久性能を向上させることができますので、

同じコーキングを使用して一時的に工事金額が安くするよりも、

工事金額が多少高くなったとしても、コーキングを使い分けて耐久性能を向上させた方が、

長期的にはコストパフォーマンスの優れた工事となります。)

 

4.サッシ周りのコーキングが劣化した場合

 サッシ周りのコーキングが劣化した場合は、コーキングの補修が必要となります。

コーキングの補修には、今残っているコーキングをそのままに、

痩せた部分のみを補修する打ち増しと、今残っているコーキングはすべて取り除き、

新しいコーキングを装填する打ち替えの2つの方法があります。

 

 では、どちらの方法がサッシ周りのコーキングを補修する場合にお勧めかというと、

サッシ周りに関して言えば、打ち増しをお勧めする業者が多くなっています。

打ち増しの場合は古いコーキングが残り続け、

その部分が次に劣化してきてしまいますので、耐久性能に問題が残ります。

しかし、打ち替えの場合は、一度古いコーキングをすべて取り除きますので、

すべてが新しいコーキングとなり、耐久性能を高めることができます。

 

そのため、外壁のコーキングであれば、断然、打ち替えがお勧めとなりますが、

サッシ周りのコーキングについては、窓の周りに防水テープが貼ってあり、

打ち替えのためにコーキングを除去する際に、

この防水テープを傷つけてしまう可能性があるため、

打ち増しがお勧めということになっています。

 

ただし、コーキングは、水や紫外線によって劣化していきますので、

水や紫外線を良く受ける部分については、

打ち替えのほうがお勧めの場合もありますので、

すべて打ち増しがお勧めというわけではありません。

 

この点については、専門の業者がしっかりと現場を見て判断することとなります。

 

このように、サッシ周りのコーキングは、

外壁のコーキングとは少し異なる取り扱いとなります。

 

一部の業者では、低性能なコーキングで費用を安く抑えようとするようですが、

ヨコイ塗装では、最高の品質で工事を行うことを最重視していますので、

しっかりとした施工と材料を使っています。

そのため、費用は高くなってしまいますが、

その分、耐久性能は高く、長期的にはお得な工事となっています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。