安易なDIYは高くつく?|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装は、家を長持ちさせるために必要不可欠なメンテナンスです。

それ以外にも、長い年月で汚れてきた外壁をきれいにするという効果もありますが、

塗装工事は比較的高額なため、少しでも安く抑えたいと思われているのではないでしょうか。

 

 そこで、少しでも外壁塗装を安く抑える方法はないかと、インターネット等で調べると、

「自分で外壁塗装をすると安く、簡単にできる」というWebサイトが多数見つかります。

これは本当なのでしょうか?

 

 今回は、外壁塗装のDIYについてご説明したいと思います。

 

1.下地処理

 外壁塗装を行う際には、塗装を行う前に下地処理を行わなければなりません。

下地処理では、外壁についた汚れや古い塗装を洗い落とす高圧洗浄や、

古くなった外壁の補修作業、金属部分のさび落としなどのケレン作業といったように、

塗装を行う下準備となります。

コールタール

 まず、高圧洗浄ですが、プロが使用している高圧洗浄機と

ご家庭で所有している高圧洗浄機とでは、水圧に大きな違いがあります。

そのため、ご家庭の高圧洗浄機を使用して高圧洗浄を行ったとしても、

汚れや古い塗装を完全に落としきるのは難しく、どうしても汚れ等が残ってしまいます。

 

 次に、外壁の補修ですが、外壁のヒビ割れなど、大きく破損している場所は簡単に見つけることができますが、

小さな傷や、これから痛みそうな部分をDIYで見つけるのは非常に困難です。

また、補修に使用するコーキング等も、ホームセンターで購入できる素材の場合は、

コーキング等の耐久性よりも、誰でも使用できるように使い勝手を優先していますので、

補修後の耐久性は大きく低下します。

 

 この下地処理は、塗装を行う上で最も重要なプロセスになります。

古い塗装や汚れをしっかり落とさないまま塗装を行うと、

塗料は外壁材ではなく、それら古い塗装や汚れに密着しますので、

外壁から古い塗装や汚れが剥がれ落ちる際に、新しい塗装も一緒に剥がれてしまいます。

つまり、耐久性が大きく低下してしまうのです。耐久性が低いということは、

その分、短期間で塗装を行わなければならなくなり、余計に費用が発生してしまうことになります。

 

2.足場の作成

 外壁塗装は低い場所だけの作業ではありません。

家の階層にもよりますが、2階、3階の外壁や屋根にも塗装を行わなければなりません。

そのため、外壁塗装を行う際には足場の作成は必須となります。

しかし、DIYですと足場の作成を行うことができませんので、多くの方が脚立やはしごで外壁塗装を行っています。

 脚立やはしごで外壁を塗装すると、どうしても脚立やはしごの昇降が必要となり、

きれいに塗装することができません。また、不安定な足場で塗装を行うことによって、

転落などによる怪我にもつながってしまいます。

 いくら塗装の費用を安く抑えられるとしても、転落によって怪我をしてしまうと、

治療費やお仕事の休業などによって余計な出費が発生してしまいます。

3.塗装

 DIYで使用する塗料は、ほとんどのかたが、ホームセンターで購入する塗料になるかと思います。

そのため、ホームセンターで販売されている色でしか塗装を行うことができません。

外壁のカラーリングにこだわる方は、ホームセンターで販売されている色で妥協しても、

いずれ自分の納得できる色で再塗装したくなるかと思います。

 また、ホームセンターの塗料は基本的に1液型の塗料となっています。

1液型の塗装は、塗料とシンナーを混ぜ合わせることなく使用することができますので、

非常に使い勝手がいいのですが、耐久年数は2液型(塗料とシンナーを混ぜ合わせて使用する塗料)と比較すると、

3年程度短くなるといわれています。

つまり、ホームセンターで購入できる塗料は、安くて使い勝手がいい代わりに、

耐久性が低いというデメリットがあるのです。

 

4.塗装の周期

 外壁塗装の周期は、概ね7年程度と言われていますが、

これはプロがしっかりと塗装を行った場合です。

DIYで行った場合には、どれだけきれいに実施できたとしても、

プロの品質よりも低下してしまいます。

また、使用する塗料の耐久性も3年程度短くなることから、

3~4年で再度塗装を行う必要が生じてしまいます。

 DIYで外壁塗装を実施する場合、かかる費用は30万円~50万円、

かかる期間は3か月程度と言われています。

7年間で2回実施する必要がありますので、費用は60万円~100万円程度となります。

一方、プロに外壁塗装を依頼すると、家の大きさにもよりますが、

1回で100万円程度かかりますので、それでもDIYのほうが安いということになります。

 

5.DIYがお得?

 上記試算は、DIYが成功した場合の話です。

全く知識の無い方がDIYで外壁塗装を行った場合、塗装の品質が低下するだけでなく、

外壁材そのものにダメージを与えてしまうことも多々あります。

例えば、劣化の激しい部分に高圧洗浄機で高い水圧の水をかけることで、

外壁が破損してしまうといったこともDIYでは多数発生しています。

 

 失敗してからプロに依頼すると、失敗した部分の補修費用が追加で発生することもあります。

そのため、安易にDIYで塗装することはおすすめできません。

扶桑町近郊でお住まいのお悩みがありましたら、

お気軽にご相談くださいね。

相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA