ヨコイ塗装の特徴(扶桑、江南、犬山、大口)

【塗り替え工事で大切にしていること】

塗装で1番大切にしていることそれはお客様の立場になることです。

どうしても下請けさんであったり、直接工事していない場合ですと納期やコスト面からお客様に負担かかることもあります。

ヨコイ塗装はこれまで紹介がメインで仕事をしてきました。

信頼できる仕事をするということをすごく大切にしてきました。

丁寧な作業をしていますと、どうしても工期が長くなったりします。

従って工期が長くても、しっかりした丁寧な仕事がして欲しい、そんな方がヨコイ塗装に向いているかもしれません。

 

【塗装の仕事をわかりやすく】

僕の父親は70を過ぎても現場で頑張っています。

本当に凄いことで尊敬しているところでもあります。

そして僕自身も体が続く限り現場でやってきたいと思っております。

今現在思うこととしては、これからは動画を使って仕事の内容をはっきりと伝えていきたいと思っています。

実際「なんだこの仕事は!!」そんなずさんな仕事に出会うこともあります。

ちゃんとした丁寧な仕事がどんなものか、動画だとわかりやすく伝わりやすいと思います。

今はスマホで簡単に、動画配信ができるような時代になりました。

今後は動画を使って、塗装の仕事を分かりやすくお伝えしていきたいと思っています

 

【紹介がメインの塗装屋】

ヨコイ塗装は愛知県扶桑町で約50年前から営業をしています。

その長い年数でヨコイ塗装は、営業らしい営業はやってこなかったです。

チラシを配ったり、新聞広告を入れたり、訪問営業したりそんな積極的な営業活動はほとんどしてこなかったです。

ではどうやって仕事が続いてきたこと言いますと、仕事のほぼ90%以上がお客様の紹介で成り立ってきました。

紹介がずっと続いてきたと言う事は、それだけお客様に喜ばれてきた結果だと思います。

しっかりした仕事で喜ばれ、お客様の心を得て信用を長い年数を積み重ねて来ないと成り立たないものだと思います。

今2代目の僕が出来る事としましては、しっかりとした塗装の内容を動画などを使って皆さんにわかりやすく伝えることです。

しっかりとした仕事を引き継ぎ、現在便利になったツールを使って、これまで仕事内容が不透明な業界で、インチキな業者さんもはびこっていましたが、扶桑町近郊にお住まいの方が、気持よく毎日を過ごせるために、適切な品質の塗装を広げていきたいと思っています。

 

【長持ち塗装をするための工夫】

ヨコイ塗装では住宅の立地条件、環境に合わせて柔軟に塗装の使用を変化させて長持ちするように努めています。

よくやる方法としましては、日差しのきつい所すなわち、ベランダや南側、西側の壁を余計に塗っています。

下塗り・中塗り・上塗り と通常通りの工程が終わった後に、そういった環境の厳しい所は、さらに1回プラスして塗っております。

こうすることで塗膜に厚みがつき、より一層の耐久性を持たせることができます。

塗装業者を選ぶときにとても悩まれることが多いと思います。

また品質においても払ったお金に対してふさわしい仕事をしていただけるかどうかそんなことも不安になると思います。

見積もり時にお住まいの環境に合わせて、どんな配慮していただけるかどうか少し探ってみると良いかもしれません。

塗装の品質は、結局は施行する人に次第です。お住いを守る意味でも、実際に仕事をする職人さんを見ておきましょう。

 

−良い塗装をするための道具

今回ご紹介するのはその1つである、塗料の蓋です。

こちらの塗料のフタがあることで、とても作業に役立つことが2つあります。

  • 1つ目としましては、シンナーが揮発しないと言うこと。

塗料は多くの塗料は、フタを開封すると、中に含まれていたシンナーが、徐々に揮発して減ってしまいます。

特に夏の暑い時期になりますと、かなり既発するスピードもかなり早いです。

その結果、塗料からシンガーが無くなり、塗料に柔軟性がなくなりとても塗りにくくなってしまいます。

  • 2つ目としましては、ほこりが入ってしまうことです。

塗装でやはり、1番大切なことは、塗り替えたことで、見た目が爽やかになることです。

しかしながら、フタをしっかりしておかないと、ゴミやほこりが塗料に入ってしまうことがあります。

そんな時にゴミが入ったまま塗料を塗ると、塗膜表面上にゴミが付着して、とても見苦しくなります。

そういった2つの意味からも、とてもペンキ缶のフタは大切だといえます。

ペンキ缶のフタをしているかしていないか-こちらは簡単なことですが、塗装に対する会社や職人の姿勢が良く分かり、良い業者さんの見分ける判断基準になると思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

−塗膜が厚いほうが耐久性はあります

ローラーにも沢山種類があります。

塗料によって様々に使い分けをします。

ただ外壁の耐久性の観点からお話しますと、塗膜はなるべく厚みがあったほうが長持ちします。

したがって、なるべく長毛のローラーを使って持らった方が良いです。

沢山塗ると塗料が垂れやすくなりますので、バランスが必要になってきますが・・・

価格の高い材料ですと、シンナーなるべく薄くして沢山塗ろうとする悪どい業者さんもいます。

そんなときは使用した空き缶を見せてもらい、契約通りの材料かどうか、使用した量は適正かどうか、遠慮なく確認してみてくださいね。

 

【扶桑町の補助金にも対応しています】

遠い会社にやってもらうと、施工に無理が生じることがあります。

わざわざ来るのが面倒なので、その結果充分に乾かすべきときでも、強引に施工してしまうことがあります。

塗装工事はなるべく地元で、長く営業していて信頼のできる会社にお願いしてくださいね。

 

【塗装で扶桑町へできる事を】

昔良く悪質リフォームが話題になりました。

今、助成金での塗装工事の受付で、扶桑町役場に行くことがあります。

その際、まだそういったインチキ工事があるとお話を聞きます。

担当の方からは電話でお年寄りからの相談があるとのことでした。

そんな話を聞くと地元の業者としてしっかりしないといけないなと思います。

そして地元扶桑町のために何かできたら嬉しく思います。

そのために不透明である塗装工事の内容を、今後動画でしっかり広く広めていきたいと思いっています。

また工事中積極的に近隣の方に挨拶することで、少しでも不審者が開するたらなと思っています。

 

【ヨコイ塗装では、足場を自社で組みます】

−足場を自社で組立てるメリットは?

使っている足場は、くさび形足場なので、単管足場の不安定さとは異なり、手放しで両足で安定感を持って立つことができます。

したがってじっくりと丁寧な作業ができます。

また、いちど購入すれば経費がかかりません

足場屋さんに依頼しますと、どうしても20万前後の金額がかかってしまうこともあります。

しかしながら、自社でで減価償却の終わった足場を使えば、経費面でも楽になり、そこからお客様にもなるべく良い塗料を使ったりなどの工夫をして、結果的に良い塗装工事を提供することが出来ます。

どうしても自分たち足場を組むのが難しい現場もあります。

しかしながらほとんどの足場を自社で組むことで来ますので、足場屋さんに「早く足場を外させてくれ!!」とプレッシャーを与えられることも無いので、じっくりと納得の行く作業ができます。

足場を自社で組めることは、品質の高い仕事につながります。

 

【お客様との直接の契約なので、納期が特にありません。】

したがって納期のプレッシャーもないので、納得いくまで仕事をします。

お客様のお住まいはヨコイ塗装の作品でもあります

また色の調整等対応が柔軟にできます。なぜなら間に営業マンなどが入っていなく、手持ちのペンキの在庫ですぐ調整をかけることが出来ます。

そして、ハウスメーカーさんとは異なり、やりとりが直接なのでコミニュケーションにすれ違いがありません。

言った言わないのやり取りの行き違いは、ほんとんどありません。

最後に下から見えないところも動画でしっかり中継します。

動画で作業内容を確認することで安心した塗装工事を把握できます

https://www.youtube.com/watch?v=fFdF_HijkmA

 

自社で足場を保有しています。

足場屋さんにいらいするとどうしても結構な金額がかかってしまいます。

その分自社で足場を持っていると、費用の減価償却が終われば、

かかる費用はなくなり、その分良い塗料を使うことで、お客様により良い塗装工事が出来ます。

また、自分たちの動きやすい足場を作ることができます。

そういった意味でも、ヨコイ塗装では足場を持っている業者さんをお勧めしています。

https://www.youtube.com/watch?v=-x5flPExugo

 

ヨコイ塗装に向いてる方

特に心がけていることは下地の処理です。

簡単に塗ると、どうしても後でペンキが剥がれやすかったりと

不具合が生じたりすることもあります。

したがって下地のするにはかなり力を入れています。

どうしても日数がかかってしまう時も時もありますが、

やっぱり大切なことだと思っています。

したがって日数がかかっても良いから丁寧な仕事をしてほしい

そんな方にヨコイ塗装は向いていると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=nHxQ2Ekyp7U

 

ヨコイ塗装のアフターフォロー

 

ヨコイ塗装では春夏秋冬と、3ヶ月に1度お客様に絵はがきを差し出しています。

僕自身がヨコイ塗装に入ってから、

かれこれ10年ずっと継続して行ってきたものです。

外壁塗装をしている業者さんですと、塗ってその後は何の連絡もない、

施工後の気配りの少ない業者さんもいらっしゃいます。

また施工の品質に自信がないところは、

施工後にお客様のところにお伺いして

工事の品質についてとやかく言われるのが嫌なものです。

しかしながらアフターで工事後も、

お客様のところに行ってお話を伺いするというのも

施工店に求められる大切なものでは無いでしょうか。

95eecc0980fc593f816521855f4d9e02_s

ヨコイ塗装では、社長が手作りの野菜を持ってお客様のところに訪問ししたり、こういったアフターの絵はがきを送ることで、施工後も定期的なコンタクトをとっております。

見積もり時に飾り飾られたセールストークで、

良いことだけを言う業者さんもいっぱいいらっしゃいます。

しかしながら、実際にどんなアフターサービスをしていただけるかどうか

そんなことが大切ではないでしょうか。

見積もりしに、施工内容だけでなく

アフターサービスについても確認してみると良いと思います。

 

塗装工事をしていて嬉しいこと

Pocket

もう一度おさらい!外壁塗装が必要な理由は? 建物を長く使うために…|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

雨や風の影響を受けやすい場所といえば、外壁や屋根になります。

そのため、家の屋根や外壁は、雨や風に負けることなく、強固でなければなりません。

 

しかし、新築で建てた時点から、家の屋根や外壁は少しずつ劣化が始まり、

そのまま放っておくと、次第に、雨や風にお住いが徐々に劣化していきます。

 

具体的には、外壁や屋根に使用されている素材は様々な素材がありますが、

それらの内部には、木材が使用されているケースがほとんどです。

建てたばかりの家や、しっかりメンテナンスがされている家は、

雨や風、特に湿気について、屋根や外壁がさらされたとしても、

建物の内部に水分を浸透させることはほとんどありません。

しかし、メンテナンスがおろそかになっている家では、

屋根や外壁が水分を抑えることができずに、

建物の内部に侵入してしまうこととなります。

水分が建物の内部に侵入してしまうと、建物の内部に使われている木材が湿気を吸収してしまいます。

その状態が長く続いてしまうと、安心して過ごすことができなくなってしまうのです。

1.家を長持ちさせるためのメンテナンス

 家を長持ちさせようと思ったら、

屋根や外壁から水分が建物の中に侵入するのを防止する必要があります。

最近よく使用されているサイディングボードは、

表面は、比較的水分を通しにくい素材ではあるものの、

断面や裏側は水を吸い込みやすい特徴があります。

 

サイディングボードを使用した外壁というのは、

1枚のサイディングボードで外壁を覆い囲っているのではなく、

複数のサイディングボードをシーリングという糊のようなものでつなぎ合わせて使っていますので、

気温によって伸縮してしまうと、シーリング部分に負荷がかかり、

シーリングにひびや隙間が生じて、最終的にはそこから水分が侵入してしまいます。

 

そのため、サイディングボードそのものに水分を含ませないほうが、

サイディングボードのダメージを最小限に抑えることができます。

サイディングボードに水分を含ませない方法は、外壁塗装の一番の目的なのです。

この防水加工というのが、サイディングにおける外壁塗装の一番の目的なのです。

 

 

2.外壁塗装は1度実施すれば大丈夫?

 外壁材に防水の膜を張る外壁塗装ですが、

1度実施すれば、もう二度と実施しなくてもいいのかといわれると、

そうではありません。

 

塗料の膜も、長い間、雨や風にさらされていると、

徐々に表面が劣化し、塗膜も剥げ落ち、その機能が低下してきます。

そうすると、防水機能が低くなった部分から徐々に外壁材に水分は入り込み、

最後には建物の内部にまで水が浸入することとなってしまいます。

 そうならないためにも、塗料の膜が劣化し、機能性がなくなってしまう前に、

再度外壁塗装を行う必要があります。

この塗料の膜が劣化する時期は、

環境によって異なりますが、凡そ、7年~10年といわれています。

 

3.塗料を塗りさえすれば、効果は同じ?

 外壁材に塗料を塗ることで、塗料の膜を作るだけなら、

誰がやっても同じなのでしょうか。

その答えは、「否」で、

しっかりと高い品質を有する業者に依頼しなければ、

その効果は全く異なってしまいます。

 

 業者によって異なるポイントとしては、塗料の膜の耐久性です。

下地処理といわれる準備作業から、丁寧に実施している業者であれば、

塗料の膜はしっかりと外壁材に密着し、剥がれてくる心配はありません。

しかし、下地処理を雑に行っている業者であれば、

塗料の膜がしっかり外壁材に密着せずに、全部ではないにしても、

部分的に剥がれてくる可能性が高いです。

こういった業者は、相場より安い値段で工事を請けるため、

依頼する時点ではお得な感じがしますが、早ければ1年程度で劣化が始まったという例もあります。

そうなると、わずか1年で外壁塗装をやり直す羽目になってしまい、

長期的な目で見ると、余計に高くつくことになってしまいます。

ですので、外壁塗装については、工事料金が少し高くても、

品質の高い業者に依頼するほうが、長期的には安く抑えることができます。

 

 ヨコイ塗装の外壁塗装は、品質を最優先に考え、

下地処理から塗料の塗装まで、丁寧な工事を心がけております。

(業者の嫌がるトイの裏側コーキングもしっかり撤去!)

 

そのため、一般的な業者よりも工期が長く、

料金も高くなってしまいますが、その分、高い品質を保証しています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

安心して塗装工事するなら
// チャットボット