道具も品質につながります

Pocket

温風低圧塗装機 SG-91を導入しました!|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

この度、ヨコイ塗装ではABAC社製の温風低圧塗装機、

SG-91を導入いたしました。

 

通常の外壁塗装では、

主にローラーとハケを使用して塗装していきますが、

SG-91はスプレー塗装用の機材となっています。

 

 今回は、温風低圧塗装機SG-91によって、

どのような塗装が可能になるか、ご紹介します。

 

1.温風低圧塗装機とは?

 温風低圧塗装機とは、スプレー塗装を行うための機材で、

低圧でかつ大風量の空気を使用して

塗料を噴霧する塗装機のことを言います。

 

スプレー塗装は、プラモデルでも「エアブラシ」などの

機材が売られていますが、

温風低圧塗装機はエアブラシの外壁塗装用を

イメージすると分かりやすいかと思います。

 温風低圧塗装機は、空気の圧力が0.05Mpa以下と

非常に小さいため、コンプレッサーを用いずに、

ブロアを用いていることが特徴で、

その分、軽くて取り扱い安いというメリットがあります。

 

2.温風低圧塗装機のメリット

①高い塗着効率

 塗着効率とは、使用する塗料のうち、

どの程度、塗装に使用することができたかを示す割合で、

例えば10kgの塗料を塗着効率90%の塗装方法で使用した場合、

外壁に塗装できた塗料が9kg、

残り1kgがローラーやハケに残った分、

垂れ落ちた分、温風低圧塗装機に付着した分など、

外壁に塗装できなかった分になります。

 

 温風低圧塗装機のメリットの1つに、

高い塗着効率にあります。

温風低圧塗装機を使用した場合の塗着効率は、

およそ70~90%といわれており、

これは、ローラーやハケで塗装した場合と

ほぼ同じ水準となっています。

 

 なお、他のスプレー塗装の方法として、

エアスプレー(空気の圧力0.3~0.5Mpa)を使用した場合、

塗着効率は30~50%となっています。

つまり、塗料の5割~7割は使用できずに破棄されているため、

塗料にかかるコストが非常に大きくなってしまいます。

 

 つまり、温風低圧塗装機を使用することで、

スプレー塗装でありながら、

ローラーやハケと同じくらい塗料を

効率よく使用することができるのです。

 

②強溶剤系塗料が使用できる

 一般的な外壁塗装で使用されている塗料は、

ほとんどが弱溶剤系塗料です。

弱溶剤系塗料は、室内等に使用する水性塗料に比べ、

高い密着性や耐候性があることから、

主に外壁に使用されていますが、

その弱溶剤系塗料よりも耐薬品性、

耐水性を大幅に高めた塗料が強溶剤系塗料となります。

 

 強溶剤系塗料塗料は、その臭いから最近では

あまり使用されなくなってきていますが、

高い耐薬品性や耐水性が求められる建物などには、

この強溶剤系塗料が使用されています。

 この強溶剤系塗料は、ローラーやハケでは

平滑な塗装を行うことができません。

強溶剤系塗料を使用して、美観よく塗装する場合は、

スプレー塗装が必須となります。

温風低圧塗装機もスプレー塗装の一種ですので、

この強溶剤系塗料をきれいに塗装することが可能です。

 

3.温風低圧塗装機のデメリット

①霧化の粒径

 スプレー塗装では、塗料を霧状にして

噴霧する塗装方法になります。

そのため、吹き出された塗料の1つ1つは

非常に小さな粒で吹き出されるのですが、

温風低圧塗装機の場合、空気の圧力が高くありませんので、

コンプレッサーを使用して空気を

圧縮するタイプのスプレー塗装に比べると、

1つ1つの塗料の粒径(1粒の塗料のサイズ)が、

若干大きくなってしまいます。

 

とはいえ、塗装した際の品質に大きな差が出るほど影響はありません。

 

②ミストの飛散

 これは、温風低圧塗装機のデメリットというよりは

スプレー塗装のデメリットになりますが、

霧状に塗料を噴霧する塗装方法であるがゆえに、

塗料の粒であるミストが広範囲に

飛散してしまうというデメリットがあります。

 

 例えば、ローラーとハケで塗れば、

マスキングの必要がない場所であっても、

スプレー塗装の場合は広範囲にミストが飛散する関係上、

しっかりとマスキングしておく必要があります。

特に、風が強い日などは、

ミストが風に乗ってしまうこともありますので、

実際に塗装するべき部分以外の場所であっても、

広範囲にマスキングや養生を行わなければなりません。

養生テープ

 

4.ヨコイ塗装の塗装方法

 今回、温風低圧塗装機のであるSG-91を導入しましたが、

もちろんすべての外壁塗装や屋根の塗装に対して、

温風低圧塗装機だけで塗装を行うということはありません。

外壁の品質や形状、補修状況などによって、

最適な塗装方法を検討し、

最も品質がよくなる塗装方法で塗装を行っていきます。

 

 今回、温風低圧塗装機SG-91を導入したことによって、

雨戸の仕上がりが格段に良くなりました。

特に、このSG-91はABAC社という改修工事や

補修塗装での実績が高いメーカーであり、

業界トップクラスの低飛散性能(ミストが飛散しにくい性能)、

ウレタン塗料や水性塗料から強溶剤系塗料まで

幅広くカバーできていることなど、

性能面でも非常に高い機材となっています。

 

 扶桑町周辺で外壁塗装をお考えの方は、

塗装に自信と実績のあるヨコイ塗装にご相談ください。

相談

Pocket

塗装工事におけるマスキングテープについて|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

塗装工事の品質を高める方法は、

職人さんの腕を磨いてもらうほかにも、

塗装の品質を高めるために、

良い道具を使用するという点も忘れてはなりません。

そのため、塗装に直接使用するローラーや刷毛に

こだわりを持たれている業者さんや職人さんは非常に多くいらっしゃいます。

 

 もちろん、ヨコイ塗装でもローラーや刷毛の品質にこだわりをもっています。

しかし、さらに品質を高めるためには、

塗装に直接使用する道具以外にもこだわりを持つ必要があります。

今回は、そんな道具の1つであるマスキングテープについてご説明したいと思います。

 

1.マスキングテープとは

 

 マスキングテープは、外壁塗装の業者でなくでも、

ご存知の方が多いのではないでしょうか。

プラモデルやラジコンの塗装を行ったことがある方や

自動車塗装にも使用されていますので、

そういったことに興味がある方は、

一度は触ったことがあるのではないかと思います。

 

 そもそもマスキングテープとは、塗装を行う際に、

塗料がはみ出さないように、作業個所でない部分を隠すために貼るテープのことを言います。

そのため、プラモデルやラジコンの塗装を行う際にも、

塗りたくない部分、汚したくない部分に塗料が付着しないよう、

マスキングテープを貼りつけます。

 

 このように、マスキングテープの目的は、

塗装したくない部分を隠すために使用するということですので、

塗装が終わった際には剥がすことを前提とした粘着テープとなっています。

そのため、プラモデルやラジコンを塗装するマスキングテープは、

和紙でできた非常に粘着力の弱いテープが使用されます

(その粘着力の弱さのため、スプレーで塗装した場合に、

マスキングテープの隙間から塗料が侵入してしまうことも多々あります)。

 

2.外壁塗装用のマスキングテープ

 外壁を塗装する際にも、塗料をつけてはいけない部分が少なからず存在します。

例えば、サッシ周り、ドア周りといった

素材の異なる部分などが代表的な部分になります。

他にも、塗装後にシーリングを注入する場合には、

シーリングが塗装後の外壁に付着しないようにマスキングテープを使用して保護する必要があります。

ボンドブレーカー

 こういった外壁塗装で使用するマスキングテープは、

当然のことながらプラモデルやラジコンを

塗装する際に使用するマスキングテープを使用することはできません。

  • そもそもプラスチックと外壁材で素材が異なり、うまく貼りつけることができないという点や、
  • 粘着力が弱すぎて、保護する面を保護しきることができないという点、
  • 外壁材そのものに凹凸があり、平らなプラスチック用に設計された一般的なマスキングテープでは隙間ができてしまう点

などの問題点があります。

 

 外壁塗装で使用するマスキングテープは、

外壁塗装専用のマスキングテープを使用します。

外壁塗装専用のマスキングテープは、

外壁に貼ることを前提として作られています。

そのため、粘着力や凹凸面での貼り付けがしっかりと行うことができます。

また、剥がした時に外壁や塗装を傷つけない絶妙な粘着力となっているほか、

剥がし忘れがないように、蛍光の緑や青、

紫といった目立つ色が使用されています。

 

3.外壁塗装用マスキングテープの問題点

 外壁塗装専用のマスキングテープにも、

様々な商品が用意されていますので、

ものによっては、一部の環境で問題が生じる商品もあります。

 

 その一例として、「糊残り」という問題があります。

マスキングテープの性質上、粘着面には糊が付けられており、

通常の環境であれば、この糊が外壁材や塗料に残ってしまうことはありません。

しかし、糊の性質上、高温の場所に貼りつけてしまうと、糊が溶けてしまいます。

例えば、夏場の屋根瓦など、非常に高温になる場所に貼りつけることで、

マスキングテープの糊が溶けてしまい、瓦に残ってしまうことがあります。

 

 他にも、塗料が古くなり、チョーキングしている面に貼りつけた場合に、

チョーキング部分だけに粘着部分が付着することで、

外壁材と隙間が生じて塗料が侵入してしまう商品もあります。

 

こういった問題を生じさせないためにも、

マスキングテープにもこだわりを持つ必要があるのです。

 

 

4.ヨコイ塗装で使用しているマスキングテープ

 ヨコイ塗装では、これらの問題が発生しにくいKAMOI社のルパンをはじめ、

塗装する外壁材や環境に合わせて、

最適なマスキングテープを選択し、使用しています。

マスキングテープ

マスキングテープの中には、他のマスキングテープと

比べて価格の高いものも存在しますが、

そのマスキングテープが塗装する環境に最も適しているのであれば、

多少高価であったとしても、そのマスキングテープを選択するようにしています。

そうすることによって、高品質な外壁塗装を行うことができるのです。

 

 ヨコイ塗装では、外壁塗装の品質を最優先に考え、

使用する道具について、こだわりをもって選出しています。

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

相談

Pocket

塗装工事におけるローラーの使い捨てについて|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

外壁塗装を行うツールとして最初に思い浮かぶのは

「ローラー」

ではないでしょうか。

塗装工事といえば、職人さんがローラーを使用して

きれいに塗装していくと思われている方が大半だと思います。

そのイメージの通り、外壁塗装においては大部分をローラーで塗装します。

そのため、ローラーの取り扱い方法を見ることで、

その業者の品質がどの程度なのか、推測することもできると言われています。

 

 今回は、そんなローラーと品質の関係についてご説明します。

 

1.ローラーの役割と種類

 ローラーは、外壁の広い範囲を塗装するために使用する道具で、

よく使用される道具の1つとなります。

塗装工事を行っている職人さんが持っているローラーは、

すべて同じ形のローラーに見えますが、実はローラーにも種類があり、

職人さんは塗装する場所によってローラーを使い分けています。

ローラー

 

①ウールローラー

 羊毛や羊毛に似た繊維、マイクロファイバを

使用したローラーがこれに該当します。

ウールローラーは凹凸のある素材に対して

効果を発揮するローラーで、凹凸の大きさによって、

長毛や短毛といったように、毛の長さを使い分けて使用すると、

さらに品質を高めることができます。

 

②砂骨ローラー

 砂骨ローラーは、ローラーにたくさんの空洞がある特殊なローラーで、

平らな部分を塗装するのに適したローラーとなっています。

特に、たくさんの空洞によって多くの塗料を含むことができるため、

1回の塗装で塗料を分厚く塗ることが可能なローラーとなっています。

 

2.悪徳業者の見分け方

①ローラーの使い分け

 品質にこだわる塗装業者では、

塗装する素材によって複数のローラーを使い分けて塗装を行います。

そうすることによって、必要な部分に必要なだけ

塗料を塗ることができますので、品質を一定にすることができますし、

見た目もきれいに塗装することができます。

 

 一方、悪徳業者では、塗装する素材が何であっても、

同じローラーを使い続けます。

ローラーの種類を増やすということは、

そのまま道具を購入するコストがかかってしまいますので、

極力コストをかけないよう、1つですべてを終わらせようとします。

 

②ローラーの状態

 外壁塗装で使用する塗料には、

硬化剤まぜて使う2液型のものが主流なっています。

時間がたつにつれ塗料は徐々に硬化していきます。

外壁に塗った塗料は、硬化することによって高い防水性能を発揮し、

外壁を保護しますが、外壁に塗るためにローラーに付着した塗料も、

同じように硬化していきます。

 

塗料に付着した塗料が硬化してしまうと、

その部分に塗料が含まれなくなってしまいます。

そのため、古い塗料が付着した部分の分だけ

ローラーがしっかりと塗料を吸い込むことが出来ません。

 

塗っていてムラができたり、最悪の場合、

極端に塗膜が薄くなってしまうこともあります。

そのため、この部分も悪徳業者を見分ける方法の1つと考えられます。

 (1) 毎回新しいローラーを使用する

  毎回新しいローラーを使用する(ローラーを使い捨てにする)業者は、

塗装において最も品質にこだわりをもる業者といえます。

新品のローラーであれば、間違いなくすべての面で

均等に塗料をしみ込ませることができますので、

安定して塗装を行うことができます。

また、新品の場合は、しっかりとローラーに塗料を乗せることができますので、

塗装部分にしっかりとした塗料の厚みをつけることができます。

 

 (2) 使用するたびに水やシンナーで洗浄する

  塗装で使用するたびに水性塗料で使用した場合は水で、

油性塗料で使用した場合はシンナーでローラーを洗浄する業者も、

一般的にはまだ「まし」な業者といえます。

ただし、どうしても洗い残してしまう部分や、

洗浄することによって繊維が劣化してしまうことなどから

徐々に塗装の品質が低下してしまうことは否めません。

そのため、どの程度の頻度で交換しているのかが、重要な確認ポイントとなってきます。

しかしながら使い捨てが基本だと思ってください。

 

 (3) ローラーを使ったら使いっぱなし

  塗装を依頼した業者が持ってきたローラーが、

前に塗った塗料でカピカピになっている場合は要注意です。

ローラーがカピカピに固まっているということは、

前回使用してからロクに清掃もしていない証拠です。

そのようなローラーで外壁塗装を行った場合、

ローラーに塗料がしみ込まないために、薄くしか塗料を塗ることができませんし、

塗料ののり方にムラが生じるために、品質も大きく低下してしまいます。

 

 このように、使用する道具によって、

塗装の品質にどれだけこだわりのある業者かを見分けることが可能です。

ヨコイ塗装では、塗装の品質を第一に考えていますので、

素材によってしっかりとローラーを使い分けるのはもちろんのこと、

毎回新品のローラーを使用して、最高の品質で塗装を行うよう心がけています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

相談

Pocket

// チャットボット