工事中留意点ー外壁

ガルバリウム鋼板の外壁塗装工事|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

トタン外壁の錆止め塗装

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、

珪素1.6%の比率で作成するめっき金属で、軽くて錆びにくいという特徴があります。

特に重量については、軽いほうが家自体の骨組みである木材や金属の負担を軽減できるため、

外壁素材としては軽い素材がいいといわれており、ガルバリウム鋼板の強みとなっています。

 

1.ガルバリウム鋼板のメリット

 ガルバリウム鋼板の最大のメリットは重量が軽いということです。

重量が軽ければ、家の基礎に負担をかけません。

そのため、家の寿命も長くなりますし、他の外壁素材よりも負担が少ない分、

地震にも強い外壁素材となっています。

 また、他の金属系サイディングボードと違って、錆びにくいというメリットもあります。

同じ金属系サイディングボードであるトタンと比べると、

その差は数倍以上差があるといわれています。

 さらに、ガルバリウム鋼板の寿命も20年~30年と非常に長いことも

メリットとなっています。

トタンの場合は10年から20年で交換が必要なほどボロボロになってしまうことを考えると、

十分に長い寿命であることがわかります。

6b879105892673e4896d65b462722d80_s

2.ガルバリウム鋼板の問題点

 このように、様々なメリットがあるガルバリウム鋼板ですが、

当然デメリットも存在します。

ガルバリウム鋼板の1番のデメリットは、施工費、

メンテナンス費といったコストが高くついてしまうことです。

 

「ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーだからメンテナンス費はかからないのでは?」

と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

そもそもメンテナンスフリーの外壁というのは存在しません。

必ず、メンテナンスを行わなければ、劣化速度が早まってしまいます。

 

業者からメンテナンスフリーという言葉を聞いた場合、

その業者とのお付き合いを見直したほうがいいかもしれません。

 

話しは逸れましたが、ガルバリウム鋼板も例外ではなく、

メンテナンスが必要となります。

 

 

しかし、ガルバリウム鋼板は非常にデリケートな材質となっていますので、

メンテナンス費用が他の外壁素材よりも高くなってしまうことが多くあります。

(サイディングに比べ、主にケレン等の作業代金が上乗せされてきます。)

 

また、ガルバリウム鋼板は、それ自体が非常に薄いため、

断熱性能を持っていないというデメリットもあります。

そのため、ガルバリウム鋼板を利用する場合は、

断熱材で十分に断熱を行う必要があります。

 

例えば、断熱塗料を塗るだけでは、十分な断熱効果は得られませんので、

ガルバリウム鋼板を選択する場合は、家そのものに断熱構造をつける必要があります。

 7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s

 

3. ガルバリウム鋼板の錆びとその防止方法

 上記「2.ガルバリウム鋼板の問題点」でご紹介した問題点は、

主に施工時の問題点となりますので、

最初にしっかりと検討しておけば、その後は問題とはなりにくいでしょう。

しかし、ガルバリウム鋼板は施工時の問題点だけ

気を付けなければならないというわけではありません。

 

 ガルバリウム鋼板の使用する場合、ガルバリウム鋼板の

問題点の錆びには十分に注意しなければなりません。

ガルバリウム鋼板が錆びにくいといっても、金属である以上、

絶対に錆びないとは言えません。

ガルバリウム鋼板でも錆びることはあります。

 

 ここでは、ガルバリウム鋼板を使っていく中で発生する

錆びの種類についてご説明します。

 

①赤さび

 赤さびは、ガルバリウム鋼板についた傷から発生する錆です。

傷が全くつかない環境で使用しているのであれば気にすることはありませんが、

外壁として利用している以上、飛来物や物の転倒、落下等、

様々な原因で傷がつくことがあります。

その傷から錆が発生していきます。

この錆を防止するためには、非常に神経質にならなければなりませんので、

現実的ではありません。

 

②白さび

 白さびは、ガルバリウム鋼板に含まれる亜鉛が

酸化したものが表面に出てしまう現象です。

海の近くや高温多湿な環境下で発生しやすいという、

環境的な要因がメインの錆となっています。

これを防止するためには、海の近くや高温多湿な環境に

設置しないということになります。

 

③もらい錆

 他の金属から錆をもらってしまう現象のことです。

例えば、錆びたくぎがガルバリウム鋼板に当たると、

当たった部分から錆をもらってしまうことになります。

錆びたネジやクギですと、そういったものを近くに置かないように

注意すれば防止できますが、近くに電車が通っている場合は、

削れた線路の錆が付着し、もらい錆となる可能性があります。

843821470550366def3368ad1a048f42_s

 

4.ガルバリウム鋼板の塗装

 ガルバリウム鋼板も、日々風雨にさらされていますので、

塗装によるメンテナンスも必要となります。

この点については、他の外壁素材と変わりはありません。

 

塗装の仕方は、まず付着力が弱くなっている塗膜を念入りに取り除くことです。

鉄類は気温によって収縮します。

しっかりと下地が素材と密着していなければ、

気温差による伸び縮みに追いつけず、塗膜が剥がれたりします。

そのために旧塗膜に付着力を増すために、ケレン作業が大切です。

 

またパット見て問題がない塗膜に見えたとしても、

付着力が低下していて気付かず塗装をして、

数年後に塗膜剥離になる場合もあります。

旧塗膜の状態をしっかりと把握することが大切です。

またトタンと相性が良い錆止め剤選びもとても大切です。

 

・下地処理

旧塗膜のはがれかかった部分をきれいに剥がすケレンが重要です。

ケレン無しの塗装は、上から何を塗っても持ちが良くありません。

サンダー、スクレーパーなどの工具やペーパーを使ってサビを除去します。

ツヤツヤしているところの目を荒くして、面積を増やすことで密着力を上げます。

 

・錆止め剤

塗料は、各社から幅広く製品が出ていますので、使用する場所、

コスト等によっても選択肢は多いです。

錆止め塗料の上には、環境にあった塗料をコストともにバランスを考えて使うと良いです。

外部なのか、室内なのか、など建物環境で選ぶことが大切です。

高価で防錆力があるサビ止めを使用する一方で、

上塗りは耐候性が全くないオイルペイントでは、せっかくの錆止め塗料が台無しです。

 

その逆もしかりで、防錆力のない錆止め塗料に、

高価で耐候性が1番強いフッ素樹脂を塗っても意味はありません。

 

ヨコイ塗装では、以下の塗料をしようしています。

ハイポンファインプライマーⅡ(日本ペイント)

paint-lucky_40020-40024

しっかりとした知識、経験を持った職人さんにやってもらうことが大切です。

いくらハウスメーカさんでも施工する人は下請けの方です。

新人さんや経験不足な中途採用の方が施工する可能性もあります。

大切なお住いを守るためにも、工事する人をしっかりと見極めましょう!

 

事例

今回の外壁に使用した材料は、日本ペイントさんの「ファイン4エフセラミック」です。

こちらの材料はフッ素系の材料になります。

フッ素の特徴としましては、とても紫外線に強く

ツヤが長引き長持ちする特徴があります。

耐久性や耐汚染性、透湿性や防藻性、防カビ性など

全てにおいて優れているフッ素系の塗料です。

実際に使用した感じでもかなりツヤが良く感じました。

フッ素塗料は比較的硬いのが多いのですが、こちらの

「ファイン4Fセラミック」

は比較的弾性で塗りやすいです。

ヨコイ塗装でも4,5年経過した物件でも、まだ全然ツヤが落ちていないです。

 

横井塗装ではさらに、日差しがきつい南側や西側などに

状況に応じてさらにプラス1回の塗装をして、より耐久性をもたせる工夫をしています。

そうすることによって塗膜にさらに厚みもつき、

今回のようなトタンでも長持ちをすることができます。

 

今回のお住まいでは、日本ペイントさんの「ファイン4Fセラミック」を使いました。

さすが「ファイン4Fセラミック」ですね。

とても艶がいいです。こちらは西側なんですが、下塗り、中塗り、

上塗りさらに1回余分に塗装をして計4回塗って仕上げたあります。

なのでかなり耐久性が良いと思います。

壁がしっかり長持ちするようになっていますので、

雨樋だけ先に色あせてしまうというようなことがないように、

クリアをさらに塗って、同じように長持ちするように仕上げたります。

 

雨樋のクリアに使った材料は、日本ペイントさんの

「ピュアライドUV クリアー」

を余計に塗っています。

あと木造住宅でヨコイ塗装がよくお勧めする作業は、

こちら軒裏の洗いです。軒裏を洗ってから、ニスを軽く塗って、しあげてあります。

かなりきれいになりますので、お勧めの作業です。

かなり新築同様になりますので、ぜひおすすめしています。

 

事例2

ファイン4Fセラミック(日本ペイント)良い塗料ですよ。

さすがフッ素系です。

こちらの現場2007年の6月に施行させていただいた現場になります。

そしてこちらの面、西日が当たる面です。

それでも動画のように、すばらしい艶を維持しています。

やっぱり価格も高いですが、耐久性が凄く高いですね。

ウレタンやシリコンよりも相当良いコストパフォーマンスは相当良いのではないでしょうか。

日本ペイントさんの「ファイン4Fセラミック」オススメです。

 

でも、しかしながら同じ日本ペイントさんの「スーパーシリコンベスト」こちらは絶対にやめた方が良い塗料です。

2010年2月に施行した住宅の屋根がもう色あせています。

 

波トタンの塗装

トタンの塗替え時のおすすめ塗料

トタンの塗替えをしています。

使っているのは、ファインルーフ(日本ペイント)です。

屋根工事の用の塗料です。屋根用だけあって、すごく長持ちをする塗料です。

特徴としては、シリコンの含有量が多く、紫外線に強く長持ちする塗料です。

すごくたれやすく、塗るのが難しい塗料ですが、トタンの塗替え時にお勧めの塗料です。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

ALC外壁材の塗装工事|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

ALCの外壁住宅にお住まいの方が悩んでいること、及びその解決方法

ALCとは、高湿高圧蒸気養生(Autoclaved)、軽量気泡(Lightweight aerated)、

コンクリート(Concrete)のそれぞれ頭文字をとった言葉です。

ALCの成分は、珪石、セメント、生石灰、石膏、

アルミニウム粉末などで構成されています。

ALCは、耐火性、防火性、強度といった、建築物に求められる性能を満たしており、

外壁や床下地、間仕切壁等に利用されています。

1.ALCのメリット

 ALCは、外壁の素材として様々なメリットがあります。

ALCのメリットは、概ね次の通りとなります。

①通常のコンクリートより軽量である。

②熱伝導率が、通常のコンクリートの1/10であり、断熱性が高い。

③防火性能が高い。

④粉砕するとリサイクルすることができる。

⑤軽量であっても強度も十分にある。

このように、様々なメリットがある、建築物に適した素材となっています。

6b879105892673e4896d65b462722d80_s

2.ALCの問題点

 ALCも、他の外壁同様に適切にメンテナンスを行わなければ、劣化の速度は早まります。

まずは、ALCの問題点を理解し、そのうえで適切なメンテナンスを行う必要があります。

ALCの問題点は、次の2点です。

①防水性は期待できない

 ALCは、多孔構造となっていますので、防水性は期待できません。

ALCを外壁として使用する場合は、防水性を持たせるために仕上げ材を塗布します。

②吸水性が高い

 ALCは、吸水性も高い素材となっています。

特に、寒冷地においては、ALCが吸水した水分が凍結することによって

剥離することにつながります。

3.ALCの問題の解決策

 「2.ALCの問題点」で示した通り、ALCの弱点は「水に弱い」ということです。

ALCそのものの防水性はほとんどなく、その上、吸水性が高い素材となっていますので、

そのまま使用すると、当然、すぐに雨漏り等につながります。

8ca7f0fc5f4ff489828984606ad938a5_s

また、ALCが吸水してしまうと、強度や断熱効果が著しく低下しますので、

防水加工は必須となっています。

では、どのように防水加工を行うのかというと、ALCに仕上げ材を塗布することで、

仕上げ材の防水効果を利用するという方法になります。

そのため、ALCの仕上げ材には、防水効果の高い仕上げ材を使用する必要があります。

4.ALCに適した仕上げ材

①シーリング材

 ALCのパネル同士を結合させるために使用します。

ALCは多孔構造になっていますので、パネル同士のつなぎ目からも

水が侵入する可能性があります。

そのため、防水機能をもったシーリングで完全に接合してしまうことで、

ALCパネル同士の結合部分からの水の侵入を防止します。

②下塗り材

 一般的に使用されているフィラーでも問題ありませんが、

微弾性のフィラーやウレタン系のシーラーを使用しても問題はありません。

微弾性のフィラーを厚塗りすることで、クラック遮蔽性と防水機能を高める効果があります。

③上塗材

 上塗材は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系等の塗料を塗布することで、

防水機能を高めます。

5.ALC外壁のメンテナンス

 以上のように、ALCの場合は水の侵入に十分注意しなければなりません。

そのメンテナンス方法としては、仕上げ材による防水性能の維持ということになります。

つまり、定期的に外壁塗装工事を行い、

防水性能を維持しなければならないということになります。

 では、外壁塗装工事を行うタイミングの見極めはどのように行えばいいのかというと、

次のような確認ポイントがあります。

①チョーキング

 塗料の劣化により、塗料に含まれる樹脂が加水分解することで、

白い粉状になることをチョーキングと言います。

チョーキングしている外壁を手で触ると、白っぽい粉が付着しますので、

すぐに判断することができます。

チョーキングしているということは、塗料の表面が劣化しているというサインですので、

外壁塗装工事をご検討いただく時期の目安としていただくのをおすすめします。

②シーリングの劣化

 ALCパネル同士の結合部に使用されているシーリングが

痩せてきている(すきまがある)状態や、剥がれ、ひび割れが起こっている場合は、

シーリングが劣化していると判断できます。

ALCの場合ほとんどの場合、シーリングは塗膜に隠れており、

シーリングのほうが塗装部分より耐用年数が長いため、

シーリングに劣化が生じている場合は、塗装部分も劣化していると判断し、

シーリングの追い打ちや打ち直しと同時に外壁塗装工事を行うことをおすすめします。

③カビや藻の付着

北側の外壁や日当たりの悪い面に発生しやすい症状です。

カビや藻が発生している場合、ALCの穴に対して、

防水処理が施しきれていないことによって吸水してしまい、

カビや藻が発生していることが考えられます。

この場合、ローラー施工等でしっかりと塗料を塗りこむといった処置を行う必要があります

6.まとめ

 ALC外壁は、他の材質と比較しても特に水に弱いため、

ほかの材質以上にしっかりと外壁塗装を行っていかなければなりません。

せっかくのALCのメリットを最大限に活用するためにも、

塗装の劣化のサインを見逃さず、少しでも劣化の兆候が見え始めたら、

外壁塗装工事を検討するようにしてください。

シーリング(コーキング)についてのお役立ち情報はこちら

屋根塗装工事についてのお役立ち情報はこちら

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

外壁塗装工事後の塗膜の剥がれを防ぐために|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

劣化した塗膜の剥離

 塗膜がチョーキング(粉が手に着く現象)やクラックしている場合には、
放置していると塗膜が剥がれてしまうため、事前に手作業ですべて剥がします。

塗膜がしっかりしている場合は、そのまま利用します。

(防カビ対策も下地処理で大切なことです。)

 

ケレン作業

 ケレンとは、ヤスリ等で鉄部や木部の汚れ、

錆を落とす作業のことを言います。
これを行うことで、汚れを落とすと同時に、

塗料の密着性を上げる「目粗し」という工程も同時に行います。

(サンダーによるケレン作業)

クラックの埋め込み

 モルタルの外壁でクラック(ひび割れ)を起こしている部分があると、
ここから雨水が侵入し、内部を腐敗させて今いますので、

埋め込み作業を行い、雨水が侵入しないようにします。

 

シーリングの補修

サイディングやALCといった外壁を使っている場合、
地に使われているシーリング(ゴムのような弾力性のある素材)にも、

ひび割れや剥離といった劣化現象が生じます。
そのため、シーリングを打ち増すか、モノによっては打ち直しを行います。

 

肌合わせ

クラックの埋め込み等で表面がガタガタになってしまうと、
そのまま塗装した場合、凹凸の激しい仕上がりとなるため、

外壁の凹凸をなくす肌合わせの作業が必要となります。

 

下塗り

下塗りは、中塗りや上塗りの密着性を上げるため、

塗装面を整えるための塗料で最初に塗る工程になります。
これを行うことで、中塗りや上塗りの仕上がりが良くなります。

 

下地処理がなぜ重要なのか

下地処理がどういう工程で行われているのかを見て

気付かれた方もいらっしゃると思いますが、
下地処理では、塗装する面を事前にキレイにすることを目的としています。

 例えば、スマートフォンやタブレットに

画面保護シールを貼るシーンを想像してみてください。
ほこりが大量に付着している状態で、画面保護シールを貼るとどうなるでしょうか。

最近は、多少のほこりなら空気が入らない画面保護シートも売られていますが、
それでも、ほとんどの場合は、気泡だらけで汚い仕上がりになってしまうと思います。

そうなると、貼った直後はよくても、数日で気になりだして、
結局、貼りかえる羽目になっていまいます。
そうならないためにも、画面保護シールを貼る場合は、

きちんと画面をきれいにしてから貼りますよね。

 

 外壁塗装も同じです。
下地処理をいい加減にしてしまうと、ほこりまみれの画面に画面保護シールを貼るのと同じように、

汚れの上に塗装することになっていまいます。

そうすると、どうなるでしょうか?

壁面が汚れた状態ですので、平らな面ではありません。

その上に塗料を塗ることで、仕上がりに凹凸ができてしまい、

きれいに仕上げることができません。

さらに、汚れの上に塗料を塗り、外壁に直接塗りこめない部分が出てきますので、

塗料の吸着度にも差が出てきます。

そのため、運が悪ければ、1年程度で塗料が剥がれてくるという状況になる可能性が出てきます。

 下地処理をきちんと行っていれば、平らな面に対して塗料を塗るため、

凹凸なくきれいな仕上がりになりますし、

すべての面が直接外壁に塗り込めることになりますので、

吸着度にもほとんど差が出ません。

そのため、耐用年数が上がるというわけなのです。

 

ヨコイ塗装は下地処理を丁寧に行います。

 下地処理の重要性はご理解いただけたと思います。

どうしても下地処理は表に見てない処理になりますので、

業者にとっても手が抜きやすい工程となってしまっています。

しかし、そんな下地処理だからこそ、

ヨコイ塗装では、最も力を入れて取り組んでいます。

そのため、かなり工期が伸びることもありますが、

ご満足いただける品質に仕上げさせていただきます。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

木板外壁の塗装工事について|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

木版外壁とは、天然の木材に塗装工事を行って仕上げた外壁で、

木目がそのままデザインとなるため、全く同じデザインになることはありません。

また、木材ならではの温かみがあることも特徴です。

 

1.木板外壁のメリット

 木板外壁のメリットは、なんといっても天然の木材(杉や檜などの耐久性のある木材)を

使用していることによる木の香りや温かみを感じることができることでしょう。

 

また、木板外壁は、断熱性能にも優れた素材となっています。

 さらに、天然の素材を利用しているため、メンテナンスをしっかり行わないと、

すぐに傷んでしまうイメージがありますが、それは、他の素材を利用していても同じです。

木材は、昔から使われていますので、メンテナンス技術が確立されており、

容易にメンテナンスができることもメリットとして挙げられます。

建築時には、木材保護塗料を塗って仕上げてあります。

bd7014ff713ce8d27c4e32e5b1bba554_s

 

2.木板外壁の問題点

 木板外壁を利用するにあたり、最も注意しなければならないのは、

建築基準法や消防法になります。

他の外壁素材と違い、木材は非常に燃えやすいため、火災の対策を行わなければなりません。

場所によっては(特に都市部)、木が使えない、

認定を取っている木製のサイディングでなければならないという地域がありますので注意が必要です。

 

また、木材ですので、水に対して非常に弱いというデメリットもあります。

そのため、メリットでも触れましたが、定期的なメンテナンスが欠かせません。

もちろん、他の素材でもメンテナンスは必要ですが、

木板外壁はそれ以上にシビアにメンテナンスを行わなければ、劣化が非常に早まってしまいます。

 

3. 木板外壁のメンテナンス

 木板外壁の耐久年数は、一般的には「50年」と言われています。

しかし、これは最も良い環境で、

きちんとメンテナンスを行った場合の年数であり、

環境やメンテナンスの頻度によって、耐久年数は大きく差がついてしまいます。

環境については、自分だけで変えようがありませんので、

少なくともメンテナンスをきっちりと行って長く使いたいですよね。

 

 木板外壁のメンテナンスの最初の1つは、

木材保護塗料が塗られているかどうかです。

天然の木材を使用しているため、普通の塗料を塗っていると、

腐りやすいという事例があります。

そのため、最初に貼る際に、木材保護塗料を使用していることを確認するということが、

最初のメンテナンスとなります。

 

 次に、目視確認です。特に日陰や湿気の多い部分などを自分の目で確認します。

木板外壁は木材を使用していますので、日陰や湿度の多い部分ですと、

どうしても水分を吸収してしまい、結果として、外壁の腐食につながります。

それを早期発見するためにも、月に1回程度、自分の目で外壁を確認することが重要です。

また、素人目にはわからないこともありますので、年に1回程度、業者に確認してもらうことも重要です。

bbfa0e1e19562b3a5488c47cbfbd55e3_s

 

4. 木板外壁の再塗装

 木板外壁を水分から守っている塗膜は、経年劣化することで、

徐々にその性能が低下します。

塗膜の性能が低下するということは、これまで完全に水から守っていた性能が

劣化していくということになりますので、放置していた場合は、

外壁に浸水し、結果として木材が腐ってしまうということになりかねません。

 

 そのため、定期的に外壁塗装を行わなければなりません。

木板外壁の外壁塗装のタイミングは、チョーキングやカビ、

藻の付着で判断することができます。

 

①チョーキング

 塗料が劣化することにより、手で触ると白い粉が付着する状態のことをチョーキングといいます。

チョーキングは、塗料に含まれる樹脂が加水分解することで、

白い粉状になりますので、チョーキングが発生しているということは、

塗料の耐用年数を超えていると判断することができるのです。

 

そのため、特に水に弱い木板外壁の場合は、チョーキングを見つけたら、

早めに外壁塗装を検討されることをおすすめします。

 

②カビや藻の付着

塗膜がしっかりと効果を発揮している間は、木板外壁に水分が侵入しませんので、

カビや藻は付着しづらい環境となっています。

しかし、塗膜が劣化し、木板外壁に水分が浸水すると、

特に北側の外壁や日当たりの悪い面においては、カビや藻が発生してしまいます。

 

つまり、カビや藻が発生しているということは、木板外壁に水分が侵入していると考えられるのです。

カビや藻の発生が確認できた際にも、できるだけ早めに外壁塗装を検討されることをおすすめします。

 

5.まとめ

 昔の家は木材が主に使われていましたが、昨今においては、

サイディング材やALCといった安価で住宅向けの機能が揃った外壁素材が増えており、

また、木材の値段も上がっていることから、外壁に木材を使用されることは少なくなりました。

 

しかし、木材には木材の温かみがあり、断熱性能も高いことから、

外壁に利用しようと考えている方も少なくありません。

きっちりとメンテナンス方法を理解し、しっかりメンテナンスを行うことで、

木材の外壁であっても長い間、利用できる家になります。

そのため、手間はかかるが味のある外壁素材となっています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s