今回は、扶桑町内で屋根のカバー候補は補助金が出ないでしょうかというような質問を受けたので、お答えします。

アドバイスとしては、「扶桑町の最大補助金20万円の補助を使って屋根工事をすることができます。」
これまで屋根のカバー工法では、補助金が出ないと思っている方が結構多いかと思います。実際に僕自身もそう思っていました。
ただ、実際の扶桑町にお住まいのカラーベスト屋根の方が、カバー工法で補助金20万円をいただくことができました。

それでは、実際使うにあたってどんな条件を満たしていれば補助金が使えるのかということについてお話します。

扶桑町役場ホームページより引用

  1. これまで同一住宅で補助金が受けてない方。そして、本人および同居者、所有者が、町民税などの滞納がないこともある。あと、工事着工後では、補助金は受けられませんので、事前に確認しておくことが必要です。
  2. 工事対象の額が10万円以上の住宅改善工事でないと補助金をいただくことができません。また自分で所有している既存の住宅に関して補助金を適用できます。また、その町内に本社を有する法人または個人の施工業者を利用して行う工事であることが必須になります。あと、助成対象期間令和5年2月28日までに工事が完成し、完了実績報告書が出せることも条件になっております。JIS試験法近赤外領域における日射反射率50%以上の塗料が塗られた屋根カバー工事であれば、最大20万円まで補助金をいただくことができます。

こちらかなりお得になりますので確認しておくと良いと思います。

扶桑町内で屋根のカバー工法を考えなさっている方へ

そもそも屋根工事の金額の方結構高いです。 それでも米生米カバー工法は長期的な視点から見るとかなりコストパフォーマンスが良いのでお勧めです。何か気になることがありましたらお気軽に聞いてくださいね。