30年塗装の弊害とは・・・|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅を購入する際や、外壁塗装を行う際に、

業者から

「この外壁は、今後30年間は塗装しなくても大丈夫です」

というセールストークを聞いたという方が、少なからずいらっしゃいます。

この業者の30年間というのは、どの程度の信ぴょう性があるのでしょうか。

 

 今回は、最近よく聞くようになった30年塗装についてご説明いたします。

塗り替えスパン

1.30年塗装は実在するのか

 一部の塗装業者のセールストークとして

「今回、30年間塗り替えなくてもいい塗料で塗装します。」

というものがあります。

はたして、本当に30年間持つ塗料というのは存在するのでしょうか。

 

 結論から先に申し上げますと、

2018年現在、30年間持つ塗料というのは分かりません。

 塗料の耐用年数は、塗料に配合されている樹脂によって大きく異なります。

例えばアクリル塗料の場合、コストが安い分、

耐用年数は6年~7年と非常に短くなっています。

耐用年数が短い順に並べると、アクリル塗料(6年~7年)、ウレタン塗料(8年~10年)、

シリコン塗料(10年~13年)、フッ素塗料(15年~20年)となります。

ほかにも、断熱塗料、遮熱塗料、光触媒塗料なども存在しますが、

いずれも最大で20年程度の耐用年数となっています。

そのため、繰り返しになりますが、

現時点で耐用年数が30年を超える超えるかどうかはわかりません。

 

 では、「30年間塗り替えなくていい塗料で塗装する」と説明していた業者は、

全くのでたらめをセールストークとしているのでしょうか。

その答えは、半分は正解ですが、もう半分は不正解と言えます。

なぜなら、そういった業者の手口としては、

「自社開発の塗料」として、30年以上の耐用年数を有する塗料を勧めてくるためです。

自社開発の塗料であれば、「自社の基準で」計測したデータに基づいて、

耐用年数30年を算出することができますので、

そういう意味では嘘のセールストークとは言えないのです。

 

 しかし、資金力が豊富な大手塗料メーカーが、

長期間研究を重ねてきて未だ実現していない30年以上の耐用年数を有する塗料を、

研究設備の整っていない塗装業者が、自社開発で作成できるほど簡単ではありません。

 実際に、30年以上持つというセールストークを信用した方の中で、

10年以内に塗装工事を再度実施したという方も多数いらっしゃいます。

要注意

2.30年塗装が実現した場合の問題点

 では、仮に30年の耐用年数を有する塗料が、今後開発された場合には、

本当に30年間、塗装工事を行う必要はないのでしょうか。

残念ながら、その答えは「否」となります。

 

 塗装工事を行う際には、その下地処理として、外壁や屋根、

その他建物を構成するあらゆる部分に対して、補修作業を実施しています。

この補修は、塗装が古くなったことによる雨水の侵入に起因するものの他、

経年劣化等による補修も含まれています。

 

例えば、屋根に設置されている雨どい等は、定期的にメンテナンスを行わなければ、

雨どいが詰まったり、経年劣化による歪みで傾斜が無くなってしまったりという原因で、

雨水をうまく地上に流すことができなくなることもあります。

こういった補修作業を全く行わずに30年間、建物を持たせることは、非常に難しく、

外壁そのものに問題はでなくても、ほかの部分から建物全体にダメージを受けてしまう可能性があります。

 

3.メンテナンスフリーの外壁

 こちらは、新築時によく聞く説明として「この外壁はメンテナンスフリーですので外壁塗装の必要はありません」というものです。

こちらも、実際には誤った内容と言えます。

ここでいう「メンテナンスフリー」というのは、あくまでハウスメーカーが机上で算出したデータに基づくもので、

それを信じて外壁塗装を行わなかった場合、外壁塗装を行った場合と比べて、

建物の耐久年数は大きく低下します。

また、「2.30年塗装が実現した場合の問題点」でも説明した通り、

雨どいやサッシといった、外壁以外の部分が先に劣化してしまい、

その部分の補修が行えないために、そこから建物全体への深刻なダメージが伝わってしまう可能性があります。

 

 外壁塗装は、1回あたりの料金が高額ですので、

できる限り少なくし、出費を抑えたいところでしょう。

そういった中、30年間、外壁塗装を行わなくてよいという言葉は、

非常に魅力的に聞こえるかもしれません。

これまで、10年に1回、100万円の外壁塗装を行っていたとしたら、30年間で300万円の出費となるところ、

「少し高いですが…」と、200万円の工事費用で30年持つといわれると、30年持つという塗料を試してみたくなってしまうかと思います。

しかし、これまでご説明した通り、30年間の耐用年数を有する塗料は、まだ実績が出ていません。

必ず、おそらく30年以内に再度塗装工事が必要となります。

そうみると、本当に、そのコストは有意義なものなのでしょうか。

 

 ヨコイ塗装では、信頼のおける塗料を選定し、

しっかりとお客様に耐久性のご説明を行ってから塗料の決定を行います。

そのため、口が裂けても30年間塗装不要ということはできません。

しかし、今、発売されている塗料を最大限、活かせる塗装をご提案しています。

扶桑町周辺で外壁塗装をお考えのかたは、ヨコイ塗装までご相談ください。

相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA