カラーベスト屋根の張替えと塗装の見極め|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

カラーベスト屋根は、ケイミューという

メーカーが販売している化粧スレート屋根の総称で、

コロニアル・クァッド、コロニアル・グラッサ、

コロニアル・グランデグラッサといった

通称「コロニアル」シリーズが非常に有名です。

 

 カラーベスト屋根は、施工性がよく、

価格も安いことから、最近の住宅には多く取り入れられている

屋根材となっています。

 

 今回は、そんなカラーベスト屋根の張替えと

塗装の見極めについてご紹介します。

屋根塗装 カラーベスト

1.カラーベスト屋根の塗装

 カラーベスト屋根は、塗装による塗膜によって

防水性や耐熱性を維持しています。

そのため、塗装が劣化してしまうと、

防水性や耐熱性が大幅に低下してしまい、

雨漏り等の原因となってしまいます。

 

 塗装が劣化した場合は、カラーベスト屋根の塗装を行うことで、

防水性や耐熱性を高める必要があります。

外壁などの塗装と同じく、得られる防水性や耐熱性、

耐候性については、使用する塗料によって大きく変化しますが、

後ほど説明する張替えに比べると、

安価に実施できるメンテンナンスとなっています。

 

 通常、カラーベスト屋根の塗装の間隔は、

10年程度といわれていますが、塗装の劣化状況によっては、

それよりも早く塗装工事を行う必要があります。

しかし、そのタイミングが非常に分かりづらいという問題があります。

2.カラーベスト屋根の張替え

 カラーベスト屋根が劣化した際には、

張替えを行うことができます。

 

張替えとは、新しいカラーベスト屋根に張替える工事のことを言い、

重ね葺きと葺き替えの2通りの方法があります。

 重ね葺きは、古いカラーベスト屋根の上から

新しいカラーベスト屋根を張る張替え方法で、

葺き替えに比べると、古いカラーベスト屋根の撤去が必要ない分、

安価に、また、短期間で工事を行うことができます。

 

しかし、屋根全体が2倍の重さとなるため、

軽量であるメリットが損なわれ、耐震性が低下します。

 

 一方、葺き替えは古いカラーベスト屋根をすべて撤去し、

新しいカラーベスト屋根を張る張替え方法になります。

重ね葺きと違い、古いカラーベスト屋根をすべて撤去するため、

費用と工期が必要となりますが、全く新しい屋根になりますので、

新築の時と同様の防水性能を発揮することができます。

しかし、古い屋根をすべて撤去する際に、

職人さんの腕や環境によって内部に

雨が入り込みやすくなってしまいます。

3.カラーベスト屋根の張替えと塗装の見極め

 カラーベスト屋根のメンテナンスを行うにあたり、

コスト面で考えると①塗装、②重ね葺き、③葺き替え、

という順になります。

しかし、コストを安く抑えるために塗装を行いたくても、

カラーベスト屋根の状態によっては

張替えを選択しなければならないというケースもあります。

そこで、張替えと塗装、どちらを選択するのか、

その見極め方法についてご説明します。

 

 コストが最も低い、塗装を行うためには、

既存の屋根材が、そのまま使用できなければなりません。

カラーベスト屋根そのものに傷が入っていたり、

劣化がひどい状況では選択することができません。

あくまで塗装で回復できるのは、表面の塗膜だけであって、

屋根材そのものの耐久性を回復させることはできないのです。

 

 見た目で判断する基準としては、以下の点が考えられます。

①チョーキング

 塗装が劣化して、触ると白い粉がつく状態です。

この症状は、塗装の劣化が原因となりますので、

塗装工事を行うことで、本来の性能を取り戻すことができます。

チョーキングは、目に見えて塗装の劣化が分かるため、

塗装工事を行う1つの判断基準といえます。

 

②塗膜の剥離

 チョーキングを放置しておくことで、

塗装の劣化がすすみ、塗装が剥がれている状態です。

この程度までは、なんとか塗装で

メンテナンスを行うことができますが、

剥離している部分から水分などが入り込み、

屋根材にダメージを受けている可能性があります。

(下に防水シートがありますので、躯体に害はありません。)

 この症状が現れたら、できるだけ早めに

塗装を行ったほうが良いでしょう。

 

③カラーベスト屋根の極度の劣化

 塗膜が剥離している状態で長期間放置し、

カラーベスト屋根がボロボロの状態です。

カラーベスト屋根の内部に水がしみ込んでしまうと、

水分に弱いカラーベスト屋根は、

膨張し、徐々に破損していきます。

この状態で塗装工事を行ったとしても、

劣化により素材自体の表面が薄くなっていますので、

塗装自体が意味のないものになります。

屋根塗装 劣化激しい カラーベスト

初期の状態であれば、カラーベスト屋根の強度が

ある程度残っていますので重ね葺きによるメンテナンスも

選択することができますが、さらに放置し、

大きな反りや劣化が発生してしまうと、

上から重ねて葺くこともできなくなります。

そうなった場合は、葺き替えによるメンテナンスしか

取れなくなってしまいます。

 

 カラーベスト屋根のメンテナンスは、

その方法によって金額が大きく異なります。

早め早めにメンテンナンスを行うことで、

長く使用できる屋根材となっていますので、

カラーベスト屋根のメンテナンスでお悩みの方は、

扶桑町のヨコイ塗装にご相談ください。

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。