屋根塗装工事における縁切り作業|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

 屋根を塗装工事する際には、「縁切り」という作業を行います。

縁切りとは、屋根を塗装した際に、

本来開けておかなければならない隙間に埋まった塗料を、

専用の道具で開けていく作業になります。

屋根は1枚の板で構成されているわけではなく、複数の板を1枚1枚重なり合わせて構成されています。

この重なり合った部分の隙間によって、屋根の内部に雨水が入り込んでも、

中で貯まらずに流れ出る構造になっています。

そのため、この隙間が塗料によって埋まってしまうと、

屋根の中に入り込んだ水分を外に逃がすことができず、

建物の内部に侵入することとなってしまいます。

建物の内部は水分に弱く、水分が中に入り込んでしまうと、

内部の腐敗につながりますので、建物そのものの寿命を縮めることになりかねません。

そのため、縁切りは非常に重要な作業となっています。

 

1.縁切りを行うタイミング

 屋根の塗装を行う際は、下地処理、下塗り、中塗り、上塗りという工程があります。

下地処理では、屋根の汚れをしっかり落とし、古い塗膜を剥離して、

塗料を屋根材にしっかりと乗せる準備を行います。

次に下塗りとして、中塗りや上塗りで使用する塗料とは別の、

白や透明の塗料を塗り、最後に中塗り・上塗りとして塗装を行うという作業になります。

 

では、屋根の縁切りはどのタイミングで行うのでしょうか。

縁切りは、屋根に塗装工事を行った際に埋まってしまった必要な隙間を開けなおす作業となりますので、

上塗りが終わった後でなければなりません。

また、塗料がしっかりと乾いていないと、開けた隙間の上に塗料が垂れてきてしまい、

再度ふさがってしまう可能性もあります。

 

そのため、縁切りを行うタイミングは、上塗りの塗装後、しっかりと塗料が乾いてからになります。

 縁切りは、しっかりと塗料が乾いたのちにカッター等で1枚1枚しっかりと隙間を作ります。

そのため、非常に時間と手間がかかる作業になりますので、縁切りを行わない業者もあるようですが、

縁切りをしっかりと行っておかなければ、建物そのものの寿命を縮めることになりますので、

縁切りは必ず行っておく必要があります。

 

2.縁切りを行わなくてもいい屋根

 屋根にも様々な種類があります。

和風の瓦屋根から最近多くの家で使われているスレート屋根、セメント瓦、

銅板屋根、板金屋根、モニエル瓦といった様々な種類の屋根がありますが、

縁切りが必要な屋根は「スレート屋根」になります。

スレート屋根はコロニアル屋根やカラーベスト屋根とも呼ばれていますが、

この種類の屋根を塗装する場合には、必ず縁切りを行わなければなりません。

 

3.縁切りのデメリット

 縁切りにもデメリットがあります。それは、せっかくきれいに塗装を行い、

しっかり乾かしてきれいな状態の屋根に対して、隙間を作るため、

1枚1枚カッターや皮スキを差し込んで塗装を剥がしていきますので、

どうしても見た目が悪くなってしまいます。

また、職人さんの技術力が低い場合、その部分に傷が入ってしまう事もあります。

 

 また、作業時間が非常に長いという問題もあります。

30坪の屋根であっても、2人がかりで1日作業ということも珍しくありません。

それだけ長期間、屋根の上で作業を行うため、塗装工事後の屋根であるにもかかわらず、

足跡が残ってしまうという問題もあります。

 

4.タスペーサー工法(ヨコイ塗装オススメ)

 人の手による縁切り作業の問題を解決するための工法がタスペーサー工法になります。

タスペーサー工法では、下塗りの後にタスペーサーと呼ばれる専用の工具を

屋根のコグチ部分に差し込んでおくことで、塗装工事後にも必要な隙間を開けておくという工法になります。

 

 タスペーサー工法ですと、下塗りの後にタスペーサーを差し込む作業を行いますので、

上塗り後の屋根で作業を行うことがほとんどありません。

特に、人による縁切り作業と違い、上塗り後のきれいな塗装を剥がすといった作業がありませんので、

塗装後のきれいな状態で引き渡されることとなります。

また、作業時間についても、タスペーサーを差し込む時間は2~3時間と、

縁切り作業を行うよりも短時間で作業を終わらせることができます。

 ただし、タスペーサーそのものの部品代金がかかりますので、コストがやや高くなります。

一般的に、30坪の屋根であれば、1つ10円~50円のタスペーサーを1,000個は使用しますので、

材料費だけでも10,000円~50,000円かかってしまう事となります。

 

 

5.まとめ

 縁切り作業は、非常に手間がかかりますが、しっかりやっておかなければ、

雨水が屋根の中にたまってしまう事で、雨漏りや建物内部の腐敗につながる非常に重要な作業です。

業者によっては、手間の多さから縁切り作業を行わないというところもあるようですが、

スレート屋根を使っている場合は、必ず必要な作業となりますので、

必ず行ってもらうように依頼するか、別の業者に依頼するようにしてください。

タスペーサー工法によって、多少のコストはかかるものの

縁切り作業をほぼ同じ効果を得られる方法もありますので、

コストや時間を検討しながら、いずれかの作業を依頼するようにしてください。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット