艶あり塗料なのに艶がない?艶引けについて|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

外壁塗装には、建物のメンテナンスと、

美観を良くするという2つ目的があります。

およそ10年に1度の大きな工事ですので、

美しい外観にするために艶のある塗料を使用される方も多くいらっしゃいます。

 

 しかし、艶ありの塗料を使用したにも関わらず、

思ったよりも光沢が出ないといった「艶引け」と呼ばれるトラブルが発生することがあります。

今回は、そんな「艶引け」と呼ばれるトラブルについて、ご紹介いたします。

1.艶引けとは

 艶引けとは、艶のある塗料を使用したにも関わらず、

短時間のうちに艶が失われる現象のことを言い、

塗装が失敗している状態のことを指す言葉です。

艶引けは、環境的な要因だけではなく、人為的な要因もありますので、

塗装業者の技術不足によって発生する可能性も考えられるトラブルとなります。

 

2.艶引けが発生する原因

 艶引けが発生する原因は非常に多岐に渡ります。

 

 第1に外壁材に問題がある場合で、外壁材の劣化により、

下塗りしたときに、下塗り用の塗料を吸い込みすぎてしまい、

下塗りの塗膜がうまく塗れていない場合や、

外壁材の表面がザラザラで荒すぎる場合(研磨不足や研磨が荒すぎる場合)、

研ぎムラや研ぎ残しがある場合に艶引けが発生します。

これらは、塗装業者が、下地処理や下塗りをしっかりと行うことで防止ができます。

 第2に塗料に問題がある場合で、塗料の配合や分散に問題がある場合や、

塗料の硬化剤が不足している場合、塗料が古くなっている場合などで、

艶引けが発生する可能性があります。

 

こちらは、塗料メーカーの指定する配合や溶剤を使用することで防止することができます。

 第3に環境的に問題がある場合で、

気温が低すぎる場合(5℃未満の場合)や、湿度が高すぎる場合、

塗装した直後(乾燥していない状態)で雨が降ってしまった場合などに

艶引けが起こる可能性があります。

 

 第4に塗装方法に問題がある場合で、

下塗り塗料や中塗り塗料がしっかり乾燥していない状態で

塗装した場合や乾燥時間が長すぎた場合、塗膜が薄すぎる場合、

逆に塗膜が厚すぎる場合などの場合に艶引けが発生する可能性が高まります。

 

3.艶引けを発生させないための対策

 艶引けを発生させないためにできることは、

スキルの高い塗装業者を見つけることと、

外壁塗装を行う時期を検討するという2点になります。

 

 艶引けが発生する要因の大半は人為的な要因にあります。

例えば、外壁材の問題についても、下地処理をきちんとこなし、

劣化している外壁材を修復することで、下塗り用の塗料の吸い込みすぎを防止することができますし、

外壁材が塗料を吸い込みやすいのであれば、

塗料を吸い込みやすい外壁用の下塗り塗料を使用することによっても

艶引けを防止することができます。

(下塗りを場合によっては3回塗ることもあります。)

 

また、外壁材の研磨は下地処理の基本となりますので、

高い技術を有する塗装業者であれば、この点がおろそかになることはありません。

 

 また、塗料に関する問題も、塗料の配合や分散、硬化剤の量などは、

メーカーが量を指定しており、その基準値内で使用すれば

問題は発生する可能性は非常に低くなります。

一般的に悪徳業者といわれる業者は、

費用を下げるために塗料を希釈しすぎる場合や

質の悪いシンナーを使用する場合があり、

その場合に艶引けが発生する可能性が高くなります。

 

 塗装方法に関しても、しっかりとした乾燥時間を確保することは、

塗装を行う上で非常に重要なポイントですが、

少しでも時間を短縮して費用を下げようとする業者では、

乾燥時間を十分に確保せずに中塗りや上塗りを実施してしまいますので、

艶引けが発生する可能性が非常に高くなってしまいます。

 

 環境に関しては、自然の問題ですのでスキルの高い業者や品質のいい業者を選んだとしても、

急な雨等によって止む無く艶引けが起こってしまう可能性があります。

しかし、品質を大切に考える業者であれば、

急な雨によって塗装が中断された場合は、その部分を再塗装するなどして、

しっかりと品質を高めるのに対し、

質の悪い業者は雨の中、塗装を継続したり、

中断したとしても再開するのは中断した場所からで、

特に再塗装を行わないというところもあります。

また、温湿度に関しても、品質を重視する業者の場合は、

塗装を行う問題点を説明することで、時間をズラしたり、

日を改めるといった対策を取りますが、

質の悪い業者は、温度が低かろうが、湿度が高かろうが、

塗装を行ってしまい、艶引けが発生してしまいます。

 艶引けは、様々な原因で発生してしまいますが、

いずれも塗装業者がしっかりと対策をとることによって防止することができます。

しかし、塗装業者が対策をとるために、コストが発生してしまいますので、

少しでもコストを下げて外壁塗装を行おうとする業者は、

これらの対策にかかるコストをかけないことが多いようです。

その結果、艶引けという美観を損なう状況になってしまうのです。

 

 

 ヨコイ塗装では、品質を高めるために、

他の業者よりも工期や費用が高くなっていますが、

これらの対策を十分に行っています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット