唐草のメンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

唐草とは、トタン屋根やコロニアル屋根、

瓦屋根等の先端にある水切り部分のことを指します。

 

唐草は、通常、雨樋に隠れてしまうため、地上から見上げても、

なかなか見ることができませんので、あまり馴染みがない場所なのではないでしょうか。

しかし、唐草には、建物を保護するために、非常に重要な設備となっており、

外壁塗装にあわせて、しっかりとメンテナンスを行わなければ、

屋根や外壁に大きなダメージを与えてしまいかねない部分となっています。

 

 そこで、今回は、普段、あまり意識していない、

重要な設備である唐草のメンテナンスに関してご説明したいと思います。

唐草

1.唐草の役割

 唐草は、トタン屋根やコロニアル屋根の先端にある水切り部分のことを指します。

もう少し具体的にいうと、屋根材の軒先で、下に折れ曲がった部分のことを指します。

 この唐草は、屋根を流れる雨水を下に落とすとともに、

屋根の先端部分を雨水から保護する役割があります。

唐草がなければ、屋根を伝ってきた雨水がうまく下に落とすことができず、

軒先に溜まってしまったり、屋根から外壁に伝ってしまうことで、

屋根や外壁の腐食、また、屋根や外壁の内部に雨水が侵入してしまう原因となります。

しかし、唐草を設置することで、軒先まで流れてきた雨水は、

唐草に沿って下に落下することとなり、屋根や外壁を保護することができます。

 

2.唐草の塗装

 唐草は、雨水の流れを作る設備ですので、

塗装によりしっかりと防水措置を施さなければ、腐食してしまうことがあります。

唐草が腐食すると、その部分から水分が侵入してしまいます。

そのため、屋根や外壁をきれいに塗装していたとしても、

腐食した唐草から水分が侵入し、建物にダメージを受けることになってしまうのです。

そのため、屋根の塗装を行う際には、唐草の塗装も必ず実施しなければなりません。

唐草は、雨樋部分に隠れていますので、ローラーで塗装せず、

刷毛で塗装することになります。

塗装のタイミングは業者によってまちまちです。

屋根の塗装を行う際に唐草の塗装を行う場合や、

唐草の塗装を行ってから屋根全体の塗装を行う場合など、

屋根の構造によって塗装の順が前後する場合がありますが、

基本的には、下塗り・中塗り・上塗りという3回の塗装は、

他の部分と同様に実施します。

唐草 錆止め後

 

(唐草 ケレン後)

3.唐草の補修・交換

唐草が腐食した場合や劣化が激しい場合は唐草の補修を行うことになりますが、

基本的には古い唐草を撤去して新しい唐草を設置するという作業になります。

その場合の費用は、唐草の料金が1メートルあたり、

2,000円~3,000円が相場となっています。

これに唐草の撤去費用、設置費用が上乗せされた金額が、唐草の交換費用となります。

 唐草の交換は、腐食している場合だけではなく、

スレート屋根の葺き替え工事や重ね葺き工事、屋根の修繕の行う場合にも必要となるケースがあります。

これは、唐草が汎用的なものではなく、

屋根に合わせて長さなどのサイズをしっかり調整しているためであり、

屋根が変わるということは、それに合わせて唐草を変更する必要があるためです。

 

4.悪徳業者にご注意

 唐草は、塗装業者であれば屋根を塗装する際に

必ず塗装を行わなければならないことは認識しています。

しかし、唐草は雨樋に隠れてしまうため、

地上から見上げても隠れてよく見えない部分になります。

そのため、唐草を全く塗装しない業者が、

唐草の塗装の手を抜くといった悪徳業者が存在します。

その分の費用を下げることで、他の業者よりも安い費用で工事を請け負う業者はまだましで、

見積もりの金額に含めているにもかかわらず、塗装を行わない、

手抜きの塗装を行うといった悪徳業者も存在しています。

(そもそも唐草を知らない業者もいるので、見積もり時に質問してみてください。)

 また、唐草の交換工事は、その品質が悪かった場合、

唐草をつけているにもかかわらず、水が唐草に伝わらず、

建物内部に侵入してしまうこともあります。

これについても、正しい知識と技術を持たない業者が、

自社の利益を優先して工事を行うことによって発生するトラブルの1つとなっています。

 

このような業者に依頼してしまわないように、

見積もりを取得した時点でその内容をしっかりと聞き取るとともに、

相見積もりを取得し、様々な業者と比較・検討する必要があります。

しかし、相見積もりだけでは、口のうまい業者に乗せられてしまうこともあり得ますので、

その業者の施工実績まで確認できるのであれば、確認しておくのが無難でしょう。

 

 ヨコイ塗装の塗装は、常に品質を第一に考えていますので、

目につきにくい唐草の塗装であっても一切、妥協は行いません。

唐草 錆止め後

(唐草 錆止め後)

また、唐草の塗装や交換についても、経験豊かな職人が、

自信を持って工事いたしますので、高い品質で唐草のメンテナンスを実施いたします。

扶桑町周辺で外壁や屋根の塗装でお困りの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA