カラーベスト屋根に塗装工事は必要?|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カラーベスト屋根に塗装は必要? 

地震に強い、軽くて丈夫な屋根として

人気を集めているカラーベストの屋根材は、

吸水率が非常に低く、物性面の変化も殆ど無いという特徴があります。

その為、カラーベストの屋根材にはメンテナンスが要らないという方も

いらっしゃいますが、本当でしょうか?

今回は、カラーベスト屋根の塗装の必要性と、

その方法についてまとめてみました。

1.カラーベスト屋根の塗装の必要性

 カラーベスト屋根は、丈夫で吸水率が低いため、

メンテナンスの手間が非常に少ないという特徴があります。

そのため、全くメンテナンスが要らないかと聞かれれば、

メンテナンスは必要という回答になりますが、

他の屋根材に比べると、そのスパンはとても長くなります。

 

 カラーベスト屋根を取り扱っているメーカーでは、

30年間相当の経年試験を行っても、耐久性に問題はないと言われており、

少なくとも30年程度はメンテナンスがなくても問題がないことが多いとされています。

 

 しかし、30年以上経過したカラーベスト屋根については、

適切にメンテナンスを行わなければ、その品質を維持することはできません。

耐久度が高いため、通常の屋根のように、

10年前後でのメンテナンスは不要ですが、

全くメンテナンスを行わなくても良いというわけではなく、

30年程度を周期としてメンテナンスを行う必要があるのです。

(建てた年代や材料によって違いはあります。

現在でも新築から10年程度しか、表面の塗膜が持たなくて

塗り替えられる方もいらっしゃいます。

 

 また、耐久期間の30年間についても、通常の環境下であった場合で、

例年よりも強い紫外線を複数年浴び続けた場合や、

台風等の影響で物理的に傷がついてしまった場合などは

この限りではありません。

その場合は、修理と併せてきっちり塗装を行って置かなければ、

最悪のケースでは、傷口から雨水等が侵入し、

雨漏りの原因につながってしまいます。

(下の防水シートまで劣化していた場合)

 

 そのため、通常であれば30年程度、特殊な環境下であった場合は、

目視で傷や痛みを確認し、問題があればその都度メンテナンスを行っていく必要があります。

2.カラーベスト屋根の塗装方法

カラーベスト屋根を塗装するためには、

①洗浄、②板金処理、③サビ止め塗装、④シーラー塗装、

⑤タスペーサーによる通気性の確保、⑥塗料の中上塗り

という手順になります。

 

①洗浄

 カラーベスト屋根は、汚れをしっかりと落としておかなければ、

塗料がすぐに剥がれてしまいます。

そのため、外壁等と同様に、高圧洗浄を行い、

汚れやカビ・藻をキレイに除去します。

高圧洗浄の後は、しっかり乾燥させて水分を残さないように注意します。

水分が残ってしまうと、カラーベスト屋根が水分を弾き、

上に塗った塗料を押しのける力として働いてしまいます。

 

②ケレン作業(板金部分)

 ケレン処理では、傷んだカラーベスト屋根を修復する他、

塗料の乗りを良くするために、あえて細かい傷を付けるという目的もあります。

細かい傷を付けることで、塗料がしっかりと付着し、剥がれにくく鳴るのです。

 

③サビ止め塗料

カラーベスト屋根の金属部分には、しっかりとサビ止め塗料を塗り、

サビによる塗料の剥離を防止します。

 

④シーラー塗装

中塗り、上塗りの塗料をしっかりと吸着させるための下塗り塗料を塗ります。

これにより、下地を強化する効果も見込めます。

 

⑤タスペーサーによる通気性の確保

タスペーサーを使用してしっかりと縁切りを行います。

これによって、屋根材と屋根材の間にしっかりと通水路を確保します。

 

シーラー塗装を行った後、通水路を確保しないまま作業を行ってしまうと、

カラーベスト同士が密着してしまい、雨水が流れ落ちる場所がなくなり、

雨漏りの原因となりますので、しっかりと通気性を確保する必要があります。

 

⑥中塗り・上塗り

 ご指定のカラーで中塗り・上塗りを行います。

使用する塗料によって耐久年数や効果に変化がありますので、

使用する塗料はしっかりと選択してください。

 

3.まとめ

カラーベスト屋根は、吸水率が低く耐久性の高い非常に優れた屋根材で、

よく使用されています。

 

しかし、長い耐用年数であるにせよ、メンテナンスフリーというわけではありません。

カラーベスト屋根にも30年という耐用年数があり、

その期間を超過してしまうと、本来の性能を維持できなくなる可能性が高くなります。

また、30年という長い耐用年数についても、

その期間は問題がない可能性が高いというだけで、

30年間放置していても絶対に大丈夫かと言われれば、そうではありません。

 

台風等の災害や建っている家の環境によって耐用年数は変動してしまいます。

長い耐用年数があるからと放置しておくのではなく、定期的に問題がないか確認し、

問題があれば早期対応を行うことで、今以上に家を長持ちさせることができます。

 

さらに、可能であれば、耐用期間内であっても

定期的にメンテナンスを行うことで美観を維持するとともに、

屋根材にかかる負担を軽減することもできますので、

定期的なメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。