排水ドレンパイプからの雨漏り|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

雨水を屋根に貯めない方法として、一般の住宅では雨樋を使用して

屋根の水を地上に落とすという方法をとりますが、屋上がある建物では、

屋上の隅に排水口を用意し、排水ドレンパイプを通して水を地上に落としています。

この排水ドレンパイプは、しっかりとメンテナンスを行わなかった場合、

雨漏りの原因につながってしまいます。

 

 そこで今回は、排水ドレンパイプから雨漏りする原因と、

そのメンテナンス方法についてご紹介します。

1.排水ドレンパイプから雨漏りする原因

 排水ドレンパイプは、建物の屋上やテラスにたまった水を地上に流すための設備です。

一般的には、屋上やテラスの隅に排水口が設置されており、

排水口に入った水が排水ドレンパイプを通り、建物の外に運ばれていきます。

排水ドレンパイプは、屋上やテラスの排水口から、建物の外まで伸ばされ、

そこから地上に向けて縦に設置されるケースが大半です。

 排水口には、大きなごみを通さないような網目になっていますが、

比較的、大きな網目となっていますので、砂や落ち葉は水と一緒に排水口の中に侵入していくこととなります。

運よく、落ち葉や砂が水と一緒に建物の外まで排出されると問題はありませんが、

排水ドレンパイプの内部で停留してしまうと、水の流れが悪くなってしまいます。

それを放置しておくことで、水が外部に流れることができなくなり、

排水ドレンパイプの結合部分から水が漏れ、その水が外壁材の内部に侵入してしまうことで雨漏りとなってしまいます。

 

 また、もともとの排水ドレンパイプの取り付けが悪かったことによって雨漏りしてしまうケースもあります。

例えば、屋上やテラスから建物の外に延ばす排水ドレンパイプは、

水を通すために傾斜をつけて取り付けるのが普通ですが、水平に取り付けてしまった場合や、

傾斜を逆に取り付けてしまった場合などが、このケースに該当します。

この場合、新築にも関わらず、早い段階で雨漏りしてくることもあります。

2.排水ドレンパイプのメンテナンス方法

 排水ドレンパイプの詰まりは、可能な限り大きなごみを通さないことが重要です。

特に秋~冬にかけては、落ち葉が多くなることで排水ドレンパイプの中に

落ち葉が詰まってしまうことが多くなりますので、落ち葉対策が必要になります。

排水口についている網目の金具に、落ち葉除けネットをかけるだけでも、多少の効果が期待できます。

 しかし、本格的にメンテナンスを行おうとすると、

雨どいのように詰まったごみをすべて取り除く必要があります。

雨どいの場合は、屋根に上ることさえできれば、樋の中を確認することができますので、

大変なのは屋根から地上に水を落とす部分だけになりますが、排水ドレンパイプは一度、

建物の内部にパイプが入っていきますので、簡単に清掃することができません。

ホームセンターに行けば、排水ドレンパイプのパイプクリーナーが1,000円~2,000円程度で入手することができますが、

排水ドレンパイプ全体のごみを取るのは難しく、ごみを押し込んだだけで、

パイプの先で詰まっているケースが見受けられます。

 

また、排水ドレンパイプの構造を知らないまま排水ドレンパイプの洗浄を行おうとした場合、

無理にパイプクリーナーを押し込んでしまうことで、排水ドレンパイプに傷がついてしまい、

そこから水漏れが発生する可能性もあります。

そのため、排水ドレンパイプの清掃は、知識のある専門の業者に、定期的に依頼することをお勧めします。

 

3.排水ドレンパイプの経年劣化

 排水ドレンパイプも、経年劣化によってパイプそのものの耐久性能が下がってしまいます。

特にパイプの結合部分は、パイプ本体よりも劣化が早く、

しっかりメンテナンスを行っていたとしても、経年劣化によって結合部分が剥がれてしまい、

水漏れが発生してしまうというケースもあり得ます。

 

しかし、排水ドレンパイプは、外から見ただけでは劣化状況が一切分かりません。

そのため、劣化状況を確認するためには、専門の業者に劣化状況をチェックしてもらう必要があります。

 おすすめのタイミングとしては、外壁塗装のタイミングとなります。

外壁塗装は、一般的に7年~10年程度に1回の頻度での実施をお勧めしています。

そのタイミングで排水ドレンパイプの点検を行い、劣化が確認できた場合に追加で排水ドレンパイプの補修、

もしくは交換の工事を行うことで、足場の設置などの費用を抑えることができますので、

結果としてばらばらに工事を行うよりも安く抑えることができます。

 

 また、外壁に関するすべてのメンテナンスを同時に行うことができますので、

次回のメンテナンスの計画を立てやすいというメリットもあります。

どうしても高額な工事費用が発生しますので、あらかじめ計画しておくことで、

費用の準備もしやすくなるのではないでしょうか。

 ヨコイ塗装では、外壁塗装だけでなく、屋根や外壁のメンテナンスもしっかりと考えた工事をご提案しています。

扶桑町周辺でおうちのメンテナンスをご検討されている方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


// チャットボット