外壁塗装工事の必要性|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

家の購入をされた後、7~10年程度で必要となるメンテナンスが外壁塗装工事です。

外壁塗装工事による効果は、家の見た目をよくするだけではありません。

きちんと外壁塗装工事を行っておかなければ、

家に様々なダメージが入る結果となってしまいます。

今回は、外壁塗装工事の必要性についてご説明します。

 

1.外壁塗装工事の目的

 一般的に外壁塗装工事は、家の外壁をきれいに保つために行うものを思われていますが、

外壁塗装工事を行う本当の目的は、それだけではありません。

 

外壁塗装工事を行う最も重要な目的は、外壁を

「保護」

するです。

 

 外壁は、毎日、紫外線や雨を受けています。

その紫外線や雨から外壁を守っているのは、塗膜と言われる塗料の膜になります。

この塗膜も当然ながら劣化しますので、定期的に塗りなおさなければ、

本来の効果を得ることができなくなります。

 塗膜は、日焼け止めクリームをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

海やプールに行くときだけでなく、ちょっとした外出の時にも、

特に女性は日焼け止めクリームを使われていると思います。

日焼け止めクリームによって、きれいな肌を紫外線から保護しています。

この日焼け止めクリームも、汗や雨によって、徐々に劣化していきます。

すると、きれいな肌を保護するための機能が劣化してしまい、

肌に日焼けというダメージが生じてしまいます。

そうならないために、定期的に日焼け止めクリームを塗りなおしていると思います。

 

外壁塗装工事も同じで、劣化してしまうと、外壁にダメージが生じてしまいますので、

定期的に塗りなおす必要があるのです。

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s

 

2.外壁塗装工事を行うべき時期

 塗膜によって紫外線や雨から、外壁を保護するために行う必要がある外壁塗装工事ですが、

この塗膜の耐用年数は一般的には7~10年と言われています。

 

しかし、それはあくまで目安であって、外壁を保護する機能が失われている症状が出た場合は、

外壁塗装工事を検討しなければなりません。

外壁塗装工事が劣化してきたと判断するポイントは、次の通りです。

  • ①塗装にツヤが無くなってきた。
  • ②塗装が色褪せてきた。
  • ③塗装を手で触ると粉がつく。
  • ④外壁にカビやコケが生えてきた。
  • ⑤外壁にひび割れが目立つ。
  • ⑥塗料が剥がれてきた。

この中で、外壁塗装工事の最適な時期は③か④と言われています。

⑤以降の症状の場合は、できるだけ早めに手を打たなければ、

外壁にダメージが入ってしまうこととなります。

特に⑥まで進行した場合は、下地の補修等も必要となるケースがありますので、

少なくとも⑤の段階までには外壁塗装を行っておかなければなりません。

fdc3f28ed74ee3a91bf6de0e49e31b3b_s

 

3.外壁塗装工事を行わなかった場合の症状

 外壁塗装工事を行わなかった場合、塗膜による外壁の保護が機能していません。

つまり、外壁を紫外線や雨から守ることができないという状態になります。

そのまま放置しておくと、外壁から内部に雨水が侵入してしまいます。

水分の侵入により、高湿の状態が続くと、

木材が腐敗してしまうことにつながりますので、

雨漏りや家の耐久性の低下につながる可能性が高くなります。

ここでは、外壁塗装工事を行わなければどうなるかを順序立ててご説明します。

 

①塗膜による防水効果の低下

 外壁塗装工事を行わなければ、塗膜による防水効果は徐々に薄れてきます。

そのため、塗りたての頃は、きちんと防げていた雨を防ぐことができなくなり、

徐々に外壁や内壁に、水分が侵入してしまうこととなります。

 

②外壁のひび割れ

 ①の状態では、防水効果が低下しているだけであるため、

大量の水分が侵入することは、あまりありません。

しかし、外壁にひび割れが発生すると、

そのひび割れから直接、雨等による水分が侵入してしまうこととなります。

そのため、①の状態よりも、多くの水分が簡単に侵入してしまいます。

 

③外壁の反り

 ②の状態とほぼ同時期に発生するのが、外壁の反りです。

外壁そのものが反ってしまいますので、外壁にとって、

計り知れないダメージとなってしまいます。

 

④外壁内部の腐食

 ②の状態が続くと、外壁内部に水分がたまり続けることとなり、

木材の腐食が始まります。

このまま放置してしまうと、腐食により外壁が崩れる可能性も出てきます。

 

⑤雨漏り

 外壁が腐食することにより、徐々に屋根や外壁で水分を受けきれなくなり、

水分が垂れてくることになります。これが雨漏りです。

84887ee32646a0b7927298216c0b46a3_s

 

⑥家の傾き

 家を支える木材部分が、水分により腐食してしまうと、

最悪のケースでは家が傾く可能性が生じます。

また、目に見えて傾きがなくても、少しずつ腐食によって変形することによって、

家に隙間が生じてしまい、断熱効果が低下してしまいます。

 

4.まとめ

 外壁塗装工事は、外観をよくするためだけではなく、

家を保護するために行う重要なメンテナンスです。

外壁塗装工事は、7~10年といった周期で実施する必要があり、

費用も高額ですので、進んで実施したいと思われる方は少ないでしょう。

 

しかし、外壁塗装工事を実施しなかったことによって、家が受けるダメージを考えた場合、

外壁塗装工事を蔑ろにすることはできません。

人生で最も高い買い物である家を、少しでも長く、

快適に使い続けるためには、定期的に外壁塗装工事を行っておく必要があります。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット