外壁塗装の中塗りと上塗りは何が違うの?|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

外壁塗装を行う上で、塗料は下塗りと中塗り、

上塗りという3段階で塗る必要があると言われています。

業者によっては、下塗りや中塗りを省略するところもあるようですが、

品質面からみると、最低でもこの3回の塗装は必要になります。

 

 しかし、下塗りは外壁材の補強や外壁材と塗料の密着性を高めるために

専用の塗料を使用するため、違いは分かりやすいのですが、

中塗りと上塗りは同じ塗料を使用して塗装を行うため、

どう違うのかがわかりにくいかと思います。

 そこで、今回は外壁塗装の中塗りと上塗りの違いについてご説明します。

1.中塗りと上塗り、単純に1回目が中塗りで2回目が上塗り?

 外壁塗装の見積もりを取ると、大抵の業者で「下塗り」「中塗り」「上塗り」

という3つの塗装プロセスが書かれているかと思います。

この中で、中塗りと上塗りの違いとは何でしょうか。

 

 中塗りも上塗りも、全く同じ塗料を使用して、同じ場所を塗装します。

そのため、1回目の塗装を中塗り、2回目の塗装を上塗りと表現している業者もありますが、

中塗りの品質に問題があるからと、何度も中塗りを繰り返して品質を高める業者もあります。

そのため、単純に1回目が中塗りで2回目が上塗りというわけ方ではありません。

 

2.中塗りの目的

 中塗りは、下塗りが終わったばかりの外壁材に、

仕上がりと同様の(もしくは若干の色の変化のある)塗料で塗装する作業です。

この中塗りでは、模様がフラットになりますので、

どうしても塗料が多く必要になってしまいます。

 

必要な塗料が多いと、コストが多くかかり、

業者にとっても負担がかかるところでもあります。

 そのため、高額な塗料で発注していても、

下請け先がコスト削減のために、

必要以上にシンナー等で薄めると元も子もないことになります。

 

薄まって塗膜の場合、そのままの状態で工事を行ってしまうと、

塗膜の耐久性に問題が発生します。

そのため、塗膜の厚みに関しては、最初に1キロなら幾らぐらい塗れますと、

実際に見せてもらって、おおよその塗料の使用量を把握しておく事が大切です。

 

工事をする上で色々と注文をつけてはいけないという決まりはありませんので、

缶のラベルや計量の様子を見せて頂くことで、

工事の品質も向上させることが可能です。

 

工事の品質を考えると、性悪説にたって管理し、

なおかつ職人さんに気持ちよく作業してもらう難しさがあります。

3.上塗りの目的

 上塗りは、中塗りによってできた塗膜を補強し、

分厚くするという目的があります。

外壁塗装を行う目的は、美観を高める効果の他に、

建物のメンテナンスという意味もあります。

外壁塗装を行うことで、防水性能が高まり、建物の中に水が浸入しづらくなることで、

建物の基礎を作る木材が腐食することを防止していますが、

この防水性能は十分な厚さの塗膜がなければ効果を発揮することはできません。

そのため、上塗りでは中塗りの塗膜をしっかり補強し、

分厚く頑丈な塗膜を形成することにあります。

 

 また、上塗りには、塗装の最終仕上げという役割もあります。

いくら塗膜が厚かったとしても、美観が悪ければ外壁塗装が成功したとは言えません。

そのため、何度も塗装を繰り返すことによって、塗料のムラをなくし、

きれいな美観を作り上げるのも上塗りの目的の1つといえます。

 

中塗りと、上塗りの色を若干の違いを設けて、

塗り残しを減らすのも工夫の一つなので、

お願いしてみても良いかもしれません。

 

4.上塗りは1回できれいに仕上げる必要がある?

 一般的に下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装と言われていますので、

それぞれ1回ずつ、合計3回しか塗装作業を行うことができず、

それ以上は特別対応になると誤解されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 下塗り・中塗り・上塗りとも、1回しか行ってはならないという決まりはありません。

品質に問題があるのであれば、下塗りであっても、中塗りであっても、

もちろん上塗りであっても2回3回と塗装を行っても問題はありません。

 

 実際に、外壁塗装の品質を高めようと考えた場合、

下地が脆弱な除隊や、ムラがある状態で次工程に進むよりは、

塗装を繰り返すことによって品質を高めたほうが良い場合も多々あります。

 

また、乾燥させている最中に落ち葉などのものが

当たってしまったというようなイレギュラーにおいても、

中塗りの手直し、上塗りの手直しが必要な場合があります。

こういったイレギュラーの場合に、塗装の手直しを実施するか、

あまり目立たないからと、何ら手を打たないか、

その辺りは業者と塗装状況によって一概には言えませんが、

どういう状況であっても1回だけで中塗り・上塗りを終わらせる業者よりは、

高い品質を維持するために複数回の塗装でも

実施してもらうことのできる業者のほうが、信頼のおける業者といえます。

 

 ヨコイ塗装では、外壁塗装の品質を第一に考えた塗装作業を実施しています。

中塗り・上塗りについても、高い品質を提供できるよう、一切の妥協は致しません。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット