下塗り塗料「プライマー」の役割について|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装を行う場合は、初めから希望の色の塗料を塗るわけではなく、

事前準備として、外壁材と塗料をしっかりと密着させるために下塗りを行います。

その下塗りに使用する塗料にも、プライマーやシーラー、サーフェイサー、

バインダーなど、様々な種類がありますが、今回は下塗りに使用する塗料のうち

「プライマー」の役割についてご紹介したいと思います。

1.プライマーを塗る目的

 プライマーは、主に鉄製品における下塗り材になります。

プライマーを塗ることによって、トタンなどの金属製品と

中塗りや上塗りで使用する塗料を、しっかりと外壁材に密着させることができますので、

容易に剥がれ落ちることがなくなります。

 

 プライマーを塗らずに中塗りや上塗りを行ってしまうと、

錆止めがしっかり作用しませんので、仮にきれいに仕上げることができたとしても、

わずかな年数でサビが浮いてくる可能性があります。

 そのため、プライマーを塗ることでトタン等の耐久性を高めることができるということになるのです。

2.シーラーとプライマーの違い

 プライマーと同じように下塗り用の塗料として使用される塗料に「シーラー」という種類があります。

プライマーには主に金属製品に足し、塗装の初めに塗る塗料ということになります。

 一方、シーラーは「塞ぐ」という意味があります。

この塞ぐという意味は、外壁材に空いた小さな穴から塗料が内部に侵入するのを

「塞ぐ」というところからきています。

シーラーは、サイディングなどの外壁材の劣化等により、

外壁材が水分(塗料を含む)を吸い込んでしまうような場合に、

シーラーそのものが外壁材に吸収されることによって、

その穴を塞ぎ、中塗りや上塗りで使用する塗料が外壁材に吸収されないことを目的として

使用する下塗り用と塗料であると言えます。

 

3.プライマーのその他の役割

 プライマーは、外壁塗装に限らず、車等の塗装や板金工事においても、

プライマーが使用されることがあります。

 

4.プライマーの使用方法

 プライマーは、外壁塗装を行う際、最初に行う下塗りとして使用する塗料です。

そのため、下地処理で外壁材をきれいに清掃、修復した後に使用することになります。

この下地処理をおろそかにしていると、外壁材の汚れやケレンをしていないサビの上から

プライマーを塗ることとなってしまいます。

 

汚れやケレン未処理のサビの上からプライマーを塗るということは、

プライマーそのものが外壁材と密着しませんので、

プライマーの目的である外壁材と中塗り・上塗りの塗料を密着させるという効果を発揮することができません。

そのため、しっかりと下地処理を行った外壁材に塗ることで、初めてその効果を発揮することができます。

 

 また、外壁材の劣化状態によっては、1回塗っただけでは期待通りの効果が得られないケースもあり得ます。

その場合は、2回・3回と下塗りを重ねて、期待通りの効果を発揮することができるまで重ねて塗ることもあります。

(テープを貼っての付着実験をしたほうが良い場合もあります。)

5.こんな業者には要注意

 下塗り用の塗料には、プライマーの他にシーラーという塗料があり、

それぞれ目的が異なるということをご説明しましたが、

もちろん外壁材の状態によって塗料を使いわ分ける必要があります。

 

しかしながら表面に塩ビ処理がしてある途端に、

ただ単にプライマーを塗ればよいかといえばそうではありません。

塩ビ処理済みの途端には専用のプライマーが必要であり、

一般のプライマーでは持つ効果を100%発揮することはできず、

逆に剥がれの原因になることもあります。

プライマーが適した場所については問題ありませんが、専用プライマーが適した場所では、

塗装事故に繋がる可能性もあります。

そうすると、塗装が終わった直後の外観だけは良く見えても、

実際には塗装することによる建物のメンテナンスの効果を得ることができず、

結果として建物自体の耐久性能を下げてしまうことになるのです。

 

 ですので、下塗りの塗料をおろそかにする業者に、

外壁塗装を依頼することは非常に危険な行為なのです。

 ヨコイ塗装では、下地処理や下塗りといった、

塗装工事が終わった後からは直接確認できない基礎的な部分が、

外壁塗装を行う上で最も重要な部分であると考え、それらをしっかりと行うことで

建物自体の耐久性を向上させる塗装を行っています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。