単色塗装はもう古い!?新しい塗装方法「多彩仕上げ」|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

これまでの外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りと3回の塗装は行うものの、

仕上がりは1色で塗りつぶす塗装方法でした。

しかし、最近では、2色や3色の塗料を使用して、多彩な外壁塗装を行うことが可能となっています。

 今回は、新しい「多彩仕上げ」について、ご紹介いたします。

1.多彩仕上げとは

 これまで、外壁塗装といえば、素材の色を生かすためのクリアな塗料を使用するか、

全く新しい色で塗りつぶすかの選択肢しかありませんでした。

もちろん、外壁塗装を行った際には、

新しい塗料できれいに塗装されていますので、見た目は悪くありませんが、

どうしても代わり映えしない仕上がりとなってしまいます。

 

 そこで登場した新しい外壁塗装の方法である「多彩仕上げ」では、

ベースとなる塗料、アクセントとして使用する塗料を使い分けることによって、

単色では出すことができない様々な塗装パターンを作り出すことができます。

 

2.多彩仕上げの特徴

 多彩仕上げでは、新築時の窯業系サイディングボードのように、

重厚な外観を塗装によって演出することができます。

単色で仕上げてしまうとどうしても重厚さに欠けてしまう仕上がりとなってしまいますが、

多彩仕上げを行うことで、高級感ある仕上がりとなります。

 

 また、下塗りに加えて、ベースカラーによる塗装、

アクセントカラーによる塗装、仕上げのクリア塗装と複数回の塗装を行いますので、

単色で仕上げるよりも耐久性の向上を期待することができます。

 

 

3.塗装方法によるメリットとデメリット

①クリア塗装

 窯業系サイディングボードの風合いを残すために選択される塗装方法で、

コストは比較的安く抑えることができます。

しかし、外壁の上にクリア塗料によって塗装を行うため、

仕上がりは外壁の状態がそのまま現れてしまいます。

そのため、1回1回のコストは最も低く抑えることができますが、

頻繁に塗装を行わなければなりませんので、トータルコストを考えると、割高になってしまうことがよくあります。

 クリア塗装は、外壁の状態が良ければ最もお勧めの塗装方法となります。

しかし、継続してクリア塗装にするか、他の塗装方法にするかは、

その都度、外壁の状態を確認して検討する必要があります。

 

②単色塗装

 外壁に劣化が目立つようになってきた場合に選択する塗装方法の1つです。

クリア塗装よりも若干コストは上がるものの、

塗料によってしっかり外壁を塗装しますので、劣化した外壁を美しく仕上げることができます。

しかし、1色で塗りつぶすこの塗装方法では、

デザイン性の高いサイディングボードの良さが失われることとなってしまいます。

 

③多彩仕上げ

 クリア塗装を行うことができなくなった外壁に対して行う塗装の選択肢の1つで、

単色塗装よりもコストはかかりますが、複数のカラーを混ぜ合わせることによって、

さまざまなパターンを作り出すことができる新しい塗装方法です。

単色塗装では、出すことのできない立体感や重厚感を出すことができる塗装方法となっており、

サイディングボードに塗装しても、元の風合いとは違った、

新たな風合いを楽しむことができます。

 

 

4.多彩仕上げの方法

 これまでの単色での外壁塗装と多彩仕上げでは、塗装方法に若干の違いがあります。

 これまでの外壁塗装では、はじめにしっかりと下地処理を行い、

高圧洗浄等で汚れを落とします。

さらに、外壁材が劣化している場合には、その部分の補修を行います。

ここまでは、単色塗装でも多彩仕上げでも変化はありません。

また、中塗り以降の塗料が外壁材にしっかり吸着させる目的で行う下塗りに関しても

変わりはありません。

 

 ここからが、大きく異なりますが、単色塗装の場合、

ここから中塗り・上塗りと、2回塗装を行うことで、

選んだ色をしっかりと乗せるための塗装が行われます。

2回塗ることによってムラをなくし、きれいな仕上がりとしています。

 

 多彩仕上げでは、下塗りの後にはベースカラーによる塗装を行います。

次に、ベースカラーの上に乗せるアクセントカラーによる塗装を行います。

多彩仕上げには2色や3色といった使用する塗料の数も選択できますので、

選択した数の分だけ塗装を行うこととなります。

このようにしてカラーパターンを作成した後は、

作成したパターンを美しく保存するためにクリア塗料による塗装を行います。

そのため、全面に塗り込むのはベースカラーとクリア塗料の2回、

これに加えてアクセントカラーの塗装を行うことで、

単色塗装よりも多く塗料を塗ることとなります。

 

 これまでの外壁塗装の常識を覆す、新しい多彩仕上げの登場によって、

外壁塗装の選択肢は大きく広がることとなりました。

外壁塗装は家の美観とメンテナンスのために、定期的に行わなければなりません。

これまでは色の選択肢しかありませんでしたが、

多彩仕上げによって仕上がりの選択肢が増えたことで、

次に外壁塗装を行う場合には、どんな外壁にしようか、

といった楽しみも増えたのではないでしょうか。

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


// チャットボット