外壁につくカビの種類とその対策|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装の考える目安として、外壁に付着するカビやコケがあります。

カビやコケが生えるということは、外壁に余計な水分が付着しているということで、

塗膜による防水性能が低下してきているサインといえますが、

かなり見た目が悪くなりますので、できれば外壁にカビやコケが付着するのは防止したいですよね。

 

 そこで、今回は外壁に付着するカビの種類と、その対策についてご説明したいと思います。

 

1.外壁に付着するカビとコケの違い

 今回のテーマは「外壁につくカビの種類とその対策」としています。

テーマの中に「コケ」は含まれていません。テーマの中に「コケ」を含まなかったのには理由があるのです。

 外壁塗装の劣化を見分ける方法として、「カビやコケの付着」というように、

ほとんどセットで出てくる「カビ」と「コケ」ですが、この2つは似ているようで全くの別物です。

「カビ」は菌類に属しています。つまり微生物です。

一方、コケは藻類になりますので植物なのです。

苔

 植物である「コケ」が外壁に付着すると、見た目は非常に悪くなり、

付着した部分が常にジメジメしているため、外壁に悪影響を及ぼしますが、

人体に影響を及ぼすことはありません。

しかし、菌類である「カビ」は、「コケ」と同様に外壁の美観を損なうほか、

水分を蓄積して外壁に悪影響を及ぼすほか、人体にも影響を及ぼします。

具体的には、カビが繁殖するための「胞子」を大量に吸い込むことによって、

アレルギー症状が出てしまうことがあります。そのため、「カビ」は「コケ」以上に警戒しなければならないのです。

 

2.外壁に付着するカビの種類と繁殖する条件

 屋内・屋外問わず、住宅に付着しやすいカビとしては、

クロカビ、ススカビ、アオカビ、ケカビ、黒色酵母菌、コウジカビなどがあります。

カビそのものは数万種類存在するといわれていますが、

住宅に付着するカビは、その中の57種類と言われています。

 住宅に付着するカビが繁殖する条件としては、以下の点が挙げられます。

 

①立地的な条件

 住宅に付着するカビが繁殖するには、日当たりが悪いこと、

風通しが悪いこと、湿気がたまったり結露を起こしやすいなどの原因によって、

適度に水分があることが条件として挙げられます。

つまり、暗くてジメジメした場所こそが、カビの繁殖に最適な空間となるのです。

 

②構造上の条件

 カビは水分がなければ繁殖しづらい生物です。

しかし、外壁は屋外にあることから、

雨や結露によって外壁に水分を含んでしまい、そこからカビが繁殖してしまいます。

そのため、外壁に凹凸があればあるほど、その部分に水分がたまりやすく、

カビが繁殖しやすいと言えるのです。

具体的には、吹き付け材によって細かい隆起を有するモルタルの壁や、

ストライプなどの模様があしらわれたサイディングボードなどが、カビが繁殖しやすい外壁となっています。

 

3.カビの予防方法

 通常、原因が分かればそれを取り除くことが予防となるのですが、

外壁に付着するカビを原因から取り除くと考えると、

立地を変えるか外壁を変えるかといった、非常に大掛かりな作業になってしまいます。

 そのため、ここでは、それ以外の予防方法についてご紹介します。

 

①カビの徹底除去

 カビは、少しでも残してしまうと、そこから再度繁殖を始めてしまいます。

そのため、予防するためには、カビを徹底的に除去する必要があります。

外壁の塗装工事を行う際に高圧洗浄を実施しますが、

実は高圧洗浄で流れ落ちている部分は、カビのうわべだけなのです。

カビは、外壁に付着すると、菌糸と呼ばれる植物の根のようなものを外壁の内部まで伸ばしていきます。

高圧洗浄だけでは、その菌糸まで除去することはできません。

 そこで、カビが繁殖した外壁には、

高圧洗浄前に中性洗剤なので滅菌した後に洗浄を実施します。

そのため、奥深くまで根付いた菌糸にもダメージを与えることができ、

再繁殖を防止することができます。

ヤネコケトール

②防カビ塗料の使用

 塗料には、少なからず防カビ機能が備わっていますが、

それよりも防カビ効果の高い塗料も販売されています。

また、添加剤タイプの防カビ材も販売されていますので、

それらを使用してカビを予防するという方法もあります。

 防カビ塗料や防カビ材を使用することで、57種類のカビの他に、

700種類以上の菌を予防する効果も期待することができます。

 

4.カビが発生した場合の注意点

 カビが発生した場合、安易にご自身で取り除こうとすると、

カビの胞子が皮膚に付着したり目に入ったりすることもあります。

ご自身で行う場合は、ゴーグルやマスク、手袋などを準備し、

カビの胞子が触れないよう十分ご注意ください。

 また、ご自身でカビの除去を行ったとしても、

菌糸が残っている以上はすぐに繁殖を開始してしまいます。

なるべく専門の薬品を使用してくださいね。

 

 ヨコイ塗装では、カビの発生状況に合わせた

最適な塗装方法をご提案いたしております。

扶桑町周辺で外壁のカビでお悩みの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA