高圧洗浄のポイントと実施タイミング|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高圧洗浄は、塗装工事において

外壁についた汚れや古い塗膜を洗い落とす

非常に重要なプロセスとなっています。

 

高圧洗浄を行わなかった場合、

汚れや古い塗膜の上から塗装を行うこととなってしまいますので、

その汚れや古い塗膜が剥がれるのと同時に、

新しく塗装した塗膜も剥がれ落ちてしまいますので

塗装の耐久性が著しく低下してしまいます。

 

 では、外壁の高圧洗浄は、

見た目がきれいになるように水をかけていればいいのでしょうか。

また、塗装前であればどのタイミングで実施しても問題ないのでしょうか。

 

今回は、高圧洗浄のポイントと実施タイミングについてご説明します。

1.高圧洗浄のポイント

 高圧洗浄は、高圧の水の力で外壁を洗浄しますので、

洗浄できるだけの圧力を作り出す必要があります。

 

塗装工事の高圧洗浄の圧力は、

家庭用の高圧洗浄機よりも高い圧力を作り出す必要があります。

一般的な塗装工事で使用される圧力は120Mpa程度といわれており、

様々な耐久テスト等は、この120Mpaを基準に実施されています。

 

  外壁の高圧洗浄で最も注意しなければならない点は、水の飛散です。

もちろん、高圧洗浄によって、外壁の汚れをしっかり落とす、

古い塗膜を削り落とすといったことも重要なのですが、

高圧洗浄を行っている最中に最も注意しなければならない点は、

この飛散という問題になります。高圧洗浄では、

屋根や外壁の汚れを高圧の水でこそぎ落とすことを目的としていますので、

飛散する水は、その汚れを含んだ水となります。

 

その水が自宅や隣家に飛散しないように細心の注意を払う必要があります。

 

 腕のいい職人さんが高圧洗浄を行うと、

水が飛散する方向をある程度コントロールすることができますので、

他の部分に及ぼす影響は少ないのですが、新人さんや不慣れな職人さんが高圧洗浄を行うと、

いろいろな方向に水が飛散してしまい、ご近所トラブルのもとになることもありますので、

事前にご近所の方々にご説明しておくべきかもしれません。

(なるべくなら、飛散の少ない雨天時にするのが、

洗濯物や布団も周囲に少ないので良いです)

 

2.高圧洗浄後の確認ポイント

 高圧洗浄は、外壁を高圧の水を使用して洗浄していきます。

そのため、水が撥ねて洗浄していない部分も濡れてしまいますので、

1回の高圧洗浄だけでは実際にすべての部分の洗浄が完了しているかどうか、

確認するのは難しくなっています。

 

高圧洗浄を行った後は、一度乾燥させて洗い残しがないかしっかり確認する必要があります。

 

 特に、外壁がチョーキングしている場合などは、

高圧洗浄を行っている間、白く濁った水が流れ続けます。

ある程度、濁りが無くなったからと、そこで洗浄を終了してしまった場合、

乾燥させたときに洗浄できている部分とできていない部分で

非常に大きな差が生じていることがあります。

そのため、手間はかかりますが、高圧洗浄を行った後、

いったん乾燥させてもう一度、洗い残しがないかどうかチェックする必要があります。

必要時には、水拭きする必要もあります。

3.高圧洗浄を実施するタイミング

 高圧洗浄は、塗装工事の下地処理の一部として考えることができます。

そのため、金属部分や木部のケレン、シーリングのメンテナンス、

その他の外壁のメンテナンスと同じタイミングということになりますが、

実際には数ある下地処理の中で、どのタイミングで実施するべきなのでしょうか。

これには様々な見解が、職人さんの中であります。

 

 

 目立った見解としては、

シーリングのメンテナンス後になります。

高圧洗浄で使用する水は、圧力によって非常に強く外壁に当たることになります。

シーリングが劣化している状態で高圧洗浄の水を受けると、

シーリングがその力に耐えきれず、

劣化している部分から外壁内部に水を侵入させてしまうことになります。

そうなると、水がサイデイングの断面から侵入してしまいます。

その結果、コーキングのシーラーを塗るのにも、

断面を乾かすのにかなりの時間を要してしまいます。

結果コーキングしっかりと付着しない不良事故につながる場合もあります。

そうならないためにも、しっかりとシーリングをメンテナンスした後に、

高圧洗浄を行う場合もあります。

 

ヨコイ塗装では、お住いの状況に合わせて、

高圧洗浄のタイミングを見計らっています。

特にケレン作業後にやると、

ケレンで出た汚れを高圧洗浄でついでに洗い流せるので、

ケレン後に高圧洗浄を普段行っています。

 

 高圧洗浄は、手を抜こうと思うと、簡単に手を抜ける工程になります。

この部分の手を抜くだけで数日間の工程を削減することができますので、

品質より価格を重視している塗装業者の方や、

悪徳業者においては、高圧洗浄を省略したり、

簡略化したりしてコスト削減を図っているようです。

(足場がしっかりとしていないと出来ない作業なので、

まずはしっかりとどんな足場を組むだけでも、

良い業者選びにつながると思います。)

しかし、高圧洗浄は、塗装工事の仕上がりだけでなく、

塗装工事そのものの耐久性にも関わってくる大変重要な工程となっています。

コスト削減という目的だけで簡略化や短縮すべき工程ではありません。

もし、高圧洗浄を蔑ろにしている業者に依頼してしまった場合は、

早めに業者を変更すべきかもしれません。

 

 ヨコイ塗装では、下地処理こそ

塗装工事の品質を大きく決定する重要な工程であると位置づけ、一切妥協を行いません。

そのため、色んな方に施工後に紹介をいただいています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。