塗装工事における木部の洗い|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

木部の洗い

 家を建てるときの素材として、木材は外せない素材となっています。

その木材を使用した木部について、使用している面が大きければ大きいほど、

紫外線等によるシミや汚れが徐々に目立ってしまいます。

木部に染み込んでしまった汚れは、

普通に高圧洗浄等を行ったとしても落とすことができません。

そんな木部の汚れをしっかり落とすとともに、木部の保護を行うことで、

きれいで丈夫な木部を取り戻す事ができます。

特に、木部の保護については、

雨や湿気による内部腐敗の防止にも効果がありますので、

定期的に実施しなければなりません。

 今回は、そんな木目に染み込んだ汚れを落とし、

木部をしっかりと保護するためには、どのような作業を行うのかについて、

ご説明いたします。

1.あく洗い

 最初に、木部に染み込んだ最も頑固な汚れを落とす作業から開始します。

この作業では、過酸化水素水を主成分とした薬品を塗り、

汚れが浮き出てくるまで放置します。

汚れが浮き出てきたら、水をつけた刷毛で薬品を洗い流し、

汚れを除去します。

 木部の汚れを落とす作業では、この「あく洗い」が最も重要となります。

この作業を雑に行ってしまうと、木部の内部に染み込んだ汚れが落ちきらず、

きれいに仕上げたとしても、

その汚れが目立ってしまう結果となってしまいます。

そのため、「あく洗い」については、薬品を塗って、

水で洗い流す作業を、通常は3回程度繰り返し、

内部の汚れまでしっかり落としてしまいます。

2.しみ抜き

 「あく洗い」によって、

木部の内部にまで入ってしまった汚れを落とすことはできますが、

紫外線によってついてしまったシミについては、

落とすことができません。

そのため、次のステップでは、木部の「しみ抜き」を行います。

 手順としては、あく洗いと同様に、しみ抜き専用の薬品を、

シミやシミの素となる部分に塗り込んで行きます。

こうすることによって、薬品とシミが化学反応をおこし、

シミが消えていくという仕組みになっています。

ここで使用した薬品は、水洗い等は行わずに、このままにしておきます。

 

3.漂白

 あく洗いとしみ抜きによって、

汚れやシミはしっかり落とすことができました。

次は、紫外線による日焼けを落とす作業になります。

この作業のことを漂白といいます。

また、漂白で使用する薬品は、

しみ抜きで使用した薬品を中和する働きがありますので、

日焼けがない部分についても、しみ抜きを行った場所については、

漂白を実施しなければなりません。

 この作業についても、漂白用の薬品を塗り込んでいくという作業になります。

この漂白用の薬品を塗り込むことで、

しみ抜きで使用した薬品が中和されますが、

その際にガスが発生しますので、漂白作業を行う際には、

注意する必要があります。

 

4.修正洗い

 ここまでで、木部についた汚れ等はすべて除去することができています。

修正洗いのステップでは、これまでに塗り込んできた薬品をしっかり拭き取り、黒ずみ等があれば研磨剤で取り除くという仕上げの作業を実施します。

これによって、汚れやシミ、日焼けといった木部の汚れがすべてなくなり、

きれいな木部を再現することができます。

 

5.木部保護

 修正洗いによって、きれいな木部に仕上げることはできていますが、

このまま終了指定舞うと、また、

すぐに汚れが付着したりシミや日焼けが生じてしまいます。

また、木部に雨等が入り込んでしまい、

内部から腐食してしまうことも考えられます。

 そうならないためにも、木部を保護するための塗装作業を行います。

木部の塗装を行うことによって、お好みの色に仕上げることもできますし、

木目を活かした自然な仕上げを行うこともできますので、

第一に美観を保つ事ができます。

 次に、紫外線をカットする顔料が含まれている塗料を使用することで、

紫外線によるシミや日焼けから木部を守ることができます。

さらに、塗料を塗ることによって塗膜が貼られることになりますので、

防水性能も向上します。

これによって、木部を雨や湿気から守ることができます。

 

6.まとめ

 木部の洗いは、木部の定期メンテナンスとも言える作業です。

あく洗いから修正洗いまでの各プロセスは、

通常の外壁塗装の下地処理と同じような役割であるといえます。

そのため、あく洗いから修正洗いまでの

各ステップは非常に重要な工程であるといえます。

 通常の外壁塗装であれば、

下地処理で手を抜いても塗料によって隠せてしまいますので、

下地処理の手抜きを発見するのは、非常に困難ですが、

木部の洗いについては、木部がそのまま仕上がりとして表面に現れますので、

雑な作業を行う業者であった場合、すぐにその雑さがわかってしまいます。

 そのため、ホームセンター等で薬剤を購入し、

自分でメンテナンスを行おうとしても、うまくできないばかりか、

汚れやシミが残ってしまうというデメリットも考えられますので、

木部の洗いを行う際には、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット