工事中留意点ー塗装に適した天気・気温

Pocket

雨天での外壁及び屋根塗装|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

最近、ゲリラ豪雨等による局地的な大雨が非常に多くなってきました。

この大雨で雨漏りしてしまった方や、これまで気にならなかった外壁からの浸水など、

建物に何らかの影響が出てしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような局地的な大雨に備えて、

定期的な外壁塗装は重要な建物のメンテナンスになります。

定期的に外壁塗装を行うことによって、外壁をしっかりと防水加工し、

建物を保護することが可能となります。

 

さて、このような雨ですが、塗装工事を行うにあたっても、

この「雨」は非常にやっかいな存在となります。

今回は、「雨」と外壁塗装の関係について、ご紹介したいと思います。

 

1.雨の日の外壁塗装

 外壁塗装は、1日で終わる作業ではありません。

そのため、塗装工事の期間中に雨が降ってしまうこともあります。

では、雨が降った日には、塗装工事はどうなるのでしょうか。

 

 雨が降ってしまった場合、基本的には塗装工事は中断となります。

雨の中、塗装工事を行ってしまうと、

塗った直後の塗料やこれから使用する塗料に雨水が入り込んでしまい、

塗料の品質が下がってしまいます。

 

また、完全に乾ききっていない塗料の上に雨が落ちることによって、

その部分だけ弾いてしまい剥がれの原因となってしまいます。

 

また、湿気によって乾燥までに時間が長くかかりますので、

どちらにしても、その間、待たなければならず、

その時間を短縮しようと、完全に乾燥しないまま塗料を重ねて塗ってしまうと、

しっかりと塗料が密着せずに1年程度でひび割れや剥がれ落ちる原因となります。

そのため、雨の日には塗装を行うことはできません。

(サイディングは表面は撥水性がありますが、

断面や裏側などは吸い込んでしまいます。)

 しかし、雨が降ってしまった場合でも、

雨量によっては、足場の作成や養生といった塗料を使用しない工程で、

職人さんの安全が確保できるものについて、実施することが可能です。

しかし、最近よく降っているゲリラ豪雨のような大雨の場合は、

塗装作業はもちろんのこと、養生や足場の作成も職人さんの安全が

確保できないために延期することとなります。

 

2.塗装している途中で雨が降ってしまったら

 最近の天気は非常に変わりやすく、青空が見えるくらいに晴れていたと思ったら、

いつの間にか曇り空から大雨になることもあります。

そのため、天気がいいからと塗装を行っていた時に急に雨が降ってしまうということもあります。

そういったときには、途中まで実施していた塗装はどうなるのでしょうか。

 

 ごく少量の小雨程度であれば、品質に影響の出ない作業に関しては継続しても問題はありません。

ある程度の雨量がある場合は、残念ながら別の日に延期ということになります。

 

3.こんな業者には要注意

 普通は雨の日は作業を中断しますが、

一部の業者では多少の雨でも作業を継続するところがあります。

 

職人さんを雇っている以上、業者は職人さんに給料を支払わなければならないため

1日でも早く塗装工事を終わらせるために、雨の日でも作業を行うため、

工期自体は確かに短いのですが、品質は全く期待することができません。

 すでにご説明した通り、雨の日に塗装を行ってしまうと塗装事故の原因になってしまいます。

建物を守るべき塗膜が弱くなるということになりますので、

建物をメンテナンスするために塗装工事を行っているにも関わらず、

きちんとしたメンテナンスになっていないということになります。

 

 また、塗り終わった塗料の上から雨が当たることで、

水玉模様のようなムラができてしまい、見た目も悪くなってしまいますし、

その部分だけ塗膜が薄くなってしまうことにもなります。

(屋根塗装時は特に注意が必要です。)

 

 さらに、雨の日でも作業を継続するような業者ですと、

塗料が完全に乾ききる前に中塗り・上塗りを行う傾向にありますので、

本来7年~10年は持つといわれている塗料であっても、

わずか数年で剥がれ落ちてしまうことになってしまいます。

 

 ですので、いくら価格が安いからといって、

雨の日にも作業を継続するような業者に依頼することは、

長期的な目で見た場合、高い出費が伴うこととなります。

4.ヨコイ塗装は、雨の日の作業をお休みします

 ヨコイ塗装は、塗装工事の品質を第一に考えていますので、

雨の日に無理やり塗装工事を行うことはいたしません。

もちろん、朝、雨が降っていても、その後の天候によっては、

すぐに塗装工事を再開できる準備は行っておりますので、

一時的な雨であれば工期の影響が少ないように塗装工事を再開させていただきます。

 

 また、塗装作業中に予期せぬ雨が降ってきてしまった場合、

塗料の状況によって、しっかりと補修や塗りなおしを行いますので、

雨によって品質を低下させることはいたしません。

 

そのため、通常よりも工期が長くなってしまうこともございますが、

それでも品質を高めることが重要であると考えていますので、

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

塗装工事の品質につながる気温との関係|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

塗装工事を行う際には、気温に注意しなければなりません。

塗装は塗料という液体を何重にも塗って仕上げるというプロセスで行いますが、

その際に、必ず塗料を乾かすという工程が必要となります。

この塗料を乾かすという作業については、気温が大きく関わってきます。

また、塗装工事においては、気温だけでなく湿度も大きく関わってきます。

液体である塗料を使用しているため、湿度が高すぎる場合は、

塗料に余分な水分が混ざってしまい、本来の効果が得られないという可能性もあります。(水性塗料)

 

湿度と気温は非常に密接に関わっていますので、

今回は、そんな塗装工事と気温の関係について、ご説明いたします。

1.気温が低い場合の塗装工事について

塗装工事において、気温が高ければ高いほど、

塗料の乾燥に時間がかからず、低ければ低いほど、

塗料の乾燥に時間がかかります。

 

これは、洗濯物を乾かす時間と同じと考えればわかりやすいかもしれません。

夏の晴れた日であれば、洗濯物はすぐに乾きますが、

冬の寒い日だと、なかなか洗濯物は乾きません。

もちろん、乾燥させる以上、ある程度の風も必要となりますが、

気温が高くて、かつ、適度な風が吹いている状況が、

最も塗料が乾燥しやすい環境といえます。

 

では、どの程度の気温があれば、問題なく塗料を乾かすことができるのでしょうか。

塗装を乾かすためには、一般的に気温が5℃を超えている必要があると言われています。

気温が5℃以下の場合は、塗料の乾燥が非常に悪いばかりか、

塗料の粘度が増してしまいます。

そのため、希釈するためにシンナー等の希釈剤を添加しなければなりません。

その結果として、塗膜が薄くなってしまうという事になってしまいます。

 

塗装工事では、新しい塗料を塗ることで塗膜を作成し、

その塗膜によって防水性能や耐久性能を向上させることを目的としています。

そのため、塗膜が薄くなってしまうということは、

それらの目的を達することができないということにつながります。

ですので、気温が5℃以下の場合は、塗装工事をするべきではありません。

 

特に、初冬から早春にかけては、日中は5℃を超えていたとしても、

夕方から気温が一気に低下してしまうことがあります。

そのため、その期間の塗装工事は、できたとしても

10時から14時ごろまでで終了するのが無難であると言われています。

2.気温が高い場合の塗装工事について

 次に、気温が高い場合の塗装工事についてです。

夏場等、気温が30℃や40℃を超える場合、

塗装工事を行っても問題はないのでしょうか。

結論としては、気温だけみると問題はありません。

しかし、気温が上がると相対湿度もあがるという関係があります。

そのため、冬場は乾燥し、夏場は湿気でジメッとした日が多くなります。

 

 塗装工事は、一般的に相対湿度が85%を超えるときは行わないほうがいいと言われています。

相対湿度が85%を超えている場合、空気中の水分が付着してしまうことによって、

塗膜の付着力が低下し、防水性能や耐久性能が下がってしまいます。

また、金属面など、結露しやすい部分では、

「かぶり」という現象が発生し、色が白くボケやすくなってしまいます。

 

 夏場は気温が高く、日照時間も長いため塗料の乾燥については非常に恵まれた環境となっています。

しかし、気温が高い分、湿度も高くなりがちという点や夕立等による突発的な雨が多く、

せっかく塗装した部分が乾く前に雨で流されるというリスクを考えると、最も適した季節とは言えません。

3.塗装工事を行うのに適した季節

 塗装工事を行う上で、最も適した季節は「春」と言われています。

春先は、比較的気温が高く、梅雨前で雨の日も少ないため、

湿度も上がりにくいという特徴があります。

日照時間についても徐々に伸びてくる季節で、

1年を通して、もっとも長時間、塗装工事ができる季節となっています。

 また、秋も春と同じように、塗装工事に適した季節と言われています。

しかし、昨今の天気を見てみると、夏が過ぎたあとでも、

大量の台風が発生するなど、春に比べると天気が安定していないという環境になりつつあります。

雨や台風や自然現象ですので、どうすることもできませんが、

比較的、それらの発生が低い季節に塗装工事を行うことをおすすめします。

 

4.まとめ

 塗装工事を行う際に注意しなければならない点は、

気温は5℃以上、湿度は80%以下の環境で行わなければならないという点です。

気温・湿度ともにこの基準を超えてしまった場合、塗装工事が行いにくいだけでなく、

せっかく行った塗装工事によって得られるべき

防水性能や耐久性能といった建物をまもるための効果が薄れてしまい、

次回、塗装工事を行うまでの期間が短くなったり、

建物にダメージを与えてしまうことになったりと、

デメリットが多い工事となってしまいます。

 

 そのため、気温5℃、湿度80%という基準をしっかり守り、

きれいで機能性を備えた塗装工事が行うようにしてください。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

塗装工事の冬季における注意する事|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

最近、すっかり寒くなり、年の変わり目を意識する季節となりました。

山間部では、雪が積もっている地域もあるようで、これから更に寒さが増してくることでしょう。

さて、そんな冬の寒い時期には塗装作業を行わない方がいい、

ということを聞くこともあるかと思います。

冬は寒いだけでなく、空気が乾燥しており、日照時間が短いという特徴があります。

それらの特徴のうち、何が冬は塗装作業に向かないと言われる原因なのでしょうか。

今回は、冬季における塗装作業で、

塗装作業が向かないと言われるわけと、依頼者側が注意することについてまとめてみました。

 

1.冬が塗装作業に向かないと言われるワケ

 冬は、夏と比べると気温が低いだけでなく、

湿度が低い、日照時間が短いという変化があります。

塗装作業において使用する塗料には、適切な気温及び湿度が定められており、

概ね、気温は20度程度、湿度は60%程度がいいと言われています。

しかし、冬の時期は、気温は10度未満、湿度も低いときは20%~30%と、

塗料のベストコンディションとは遠い状態であるといえます。

特に、外気温が3度未満である場合、気温が低すぎて塗料の粘度が増し、

結果として希釈剤(シンナー)を入れなければ作業ができなくなる可能性があります。

しかし、塗料のベストコンディションを守れないのは夏も同じで、

夏の場合は気温が30度以上、湿度も多いときは70%以上と、

こちらもベストコンディションとは言い難い状態です。

 

 塗料に関しては、ベストコンディションはあくまで気温20度、

湿度60%程度と言われていますが、メーカーの努力の甲斐もあり、

今では夏用・冬用といった塗料も販売されています。

各季節に応じた塗料を行うことで、その季節に応じた状態を

ベストコンディションとすることができますので、

今は昔ほど気温や湿度に関して、注意しなければならないということはありません。

 

 では、冬が塗装作業に向かないと言われる最も大きな点とはなんでしょうか。

それは、日照時間の短さです。

塗装作業を行う場合は、下塗り・中塗り・上塗りと

少なくとも3段階に分けて塗装作業を行います。

塗装を行ってすぐは、塗料が乾いていない関係から、

次の工程に移ることができません。

必ず塗料を乾かすという待ち時間が生じます。

 

 夏では、19時位までは日照時間があるため、

比較的遅くまで塗料を乾かす環境を作れますが、

冬は早い場合は17時程度までしか日照時間がなく、

乾燥にかけられる時間が短くなってしまいます。

また、夕方から夜にかけて、霜が降りることもあります。

せっかく乾燥させようとしている塗料は、霜によって再度水分を含んでしまうことは、

塗装作業の中断となりかねません。(水性塗料において)

これらの要因が、冬は塗装作業に向かないと言われる原因です。

 

2.本当に冬季は外壁塗装ができないのか

 では、これらの問題があるから、

冬は本当に外壁塗装ができないのかと言われると、

そうではありません。

夏に比べて、条件はよくありませんが、

冬でも塗装作業は十分に行うことができます。

 

 第一に、すでに説明したとおり、冬用の塗料が販売されていますので、

よほどの低温出ない限りは、塗料の性能を十分に発揮して塗装することができます。

塗料の問題については、現代においては特に問題とはなりません。

 次に日照時間の問題ですが、これについても、

先に日当たりの悪い部分から塗装を行い、日当たりの良い部分を最後に行うことで、

短い日照時間でも効率的に日光に当てることができますし、

熟練の職人さんであれば、乾燥までの時間をシミュレートすることも可能ですので、

霜が降りる前に乾燥を完了させるよう、塗装計画をたてることも可能です。

 

 そのため、冬であっても塗装作業は問題なく行うことができます。

 

3.冬に塗装作業を依頼する場合の注意点

 冬でも塗装作業は問題なく行えますが、これは施工主様の協力が必要です。

例えば、夏であれば、多少無理なスケジュールであっても、

日照時間が長く、気温も高いため、

塗料の乾燥までの待ち時間が短く、スケジュールも立てやすいのですが、

冬においては、日照時間が短いため、

限られた時間内に効率よく塗装を行わなければなりません。

 

 そのため、厳しい納期や期間を限定しての塗装のご依頼があった場合、

ご期待に添えることができない可能性が生じます。

かといって無期限に納期を延長させてほしいということではありません。

しっかりとゆとりをもった納期をご指定いただければ、

きっちり納期を計算に入れた上で塗装作業を行うことができますので、

期限はゆとりをもっていただきたいと思います。

(ただどうしてハウスメーカーさんでの工期は下請け業者さんにしわ寄せが来ることが多いので、

ヨコイ塗装では元請け業者さんでの塗装をおすすめしています。)

 

 特に、外壁塗装において、雨や雪の日は作業が滞ってしまいます。

雪の降りやすい地域で、雪が積もっている場合には、

塗装場所によっては塗装作業を行えないケースもあり得ますので、

納期に関しては、十分にゆとりをもたれることをおすすめいたします。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

// チャットボット