カラーベスト

カラーベストの塗装と雨漏り

 カラーベストは、高いデザイン性と施工性の高さ、また、建物への負担が少ない屋根材として、新築・リフォーム問わず、多くの方が選択されています。しかし、カラーベストは、しっかりとメンテナンスしなければ、比較的雨漏りしやすい屋根材にもなっています。そこで今回は、カラーベストの雨漏りの原因と対策について、ご紹介します。

1.カラーベストの施工ミスによる雨漏り

 カラーベストの屋根では、雨水などの水分を建物に侵入させないために、屋根材そのものに施した塗膜によって水分をはじくほか、カラーベストの隙間から侵入した水分については、ルーフィングによって建物内部に入り込むのを防止しています。このルーフィングによって侵入を防止した水分は、屋根の勾配によって再びカラーベストの隙間から外に排出され、内部に残さない仕組みになっているのですが、屋根の勾配が足りない部分にカラーベストを施工した場合、カラーベスト内部に侵入した水分を外に排出することができず、ルーフィング上にたまり続けることになります。すると、その部分から腐食が進み、やがてルーフィングの内部に水が侵入することで雨漏りへとつながってしまうことになります。

 これは、新築やリフォームにおいて、カラーベストを施工する際に、施工業者がしっかりと勾配を確認し、施工可能かどうかを見極める必要があり、メンテナンス等で防止できる部分ではありません。そのため、新築やリフォームにおいて、カラーベストを施工する際には、信頼できる業者に依頼するというのが対策となります。

2.カラーベストの目詰まりによる雨漏り

 繰り返しになりますが、カラーベスト屋根の場合、カラーベスト内部に侵入した水は、勾配によってカラーベストの隙間から外に排出されることで、カラーベスト内部に水がたまらない仕組みになっています。しかし、この外に排出するためのカラーベストの隙間が、ごみなどで目詰まりしてしまった場合、必要な勾配があったとしても、水はそこでせき止められることになり、カラーベスト内部に残ってしまうことになります。

このカラーベストの隙間を埋めるごみは、ほとんどの場合が埃などの粉塵で、長期間かけてたまっていくため、なかなか見た目だけで発見するのは難しくなっています。また、ごみのたまる期間についても、風の頻度や、周りの環境によって変化しますので、明確な期間というものはありません。そのため、定期的にごみがたまっていないか、チェックする必要があります。

カラーベストの目詰まりが発生していた場合、カラーベストを捲って、きれいに清掃したのちに再度設置するという方法や、カラーベストの隙間をシリコン等を使用して作り出すといった方法で水の通り道を作り出すことで、雨漏りの処置を行うことが可能です。

3.塗装工事の施工ミスによる雨漏り

 カラーベストを塗装する場合、その塗装そのものの品質も大事ではありますが、もう一つ大事なものとして、「カラーベストに隙間を作る」という作業があります。ローラー等を使用してカラーベストを塗装した場合、カラーベスト同士のつなぎ目に塗料が入り込んで隙間がふさがってしまいます。そのため、タスペーサーという部材を使用して、カラーベスト同士の隙間をしっかり作らなければなりません。この工程をおろそかにしたことによって、水の通り道がふさがり、雨漏りとなる事例があります。

 他にも、雨漏りの対処として、原因をよくよく確認しないまま、塗装工事を行って雨漏りがひどくなるというケースも存在します。特に、勾配が緩すぎる屋根にカラーベストを施工しているケース(1.カラーベストの施工ミスによる雨漏り)であるにもかかわらず、その雨漏りを塗装で修復しようとした場合、水が塗装によって弾かれたとしても、それが流れ落ちることはありませんので、行き場を失い、結果としてカラーベストの隙間から内部に侵入するというさらに症状を悪化させるケースに陥ることもあります。

 こちらも、ご自身でメンテナンスやチェックができる項目ではありませんので、信頼できる業者に依頼するというのが対策となります。

4.カラーベストの破損による雨漏り

重ねの隙間が大切

 台風などでカラーベストが破損してしまった場合、その部分から水が侵入し、雨漏りにつながることがあります。このケースの場合、屋根をチェックすることでカラーベストが割れている、カラーベストにひびが入っているという見つけやすい症状が確認できますので、それらの症状を見つけた場合、早めに業者に修理を依頼することで、雨漏りを防止できることもあります。ただし、カラーベストと一緒にルーフィングまで破損していた場合は、すぐにでも対処する必要があります。

 カラーベストによる雨漏りの半分は、施工方法に問題があると言えます。そのため、知識ある業者、信頼できる業者に施工を依頼しなければ、いつ雨漏りが発生してもおかしくありません。ヨコイ塗装では、これまでの経験と実績から、カラーベストの施工の品質についても、自信があります。扶桑町周辺でカラーベストの雨漏りにお悩みの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

カラーベストの劣化について

 屋根材の1つであるカラーベストは、正式名称を「平型化粧スレート」といいますが、ブランド名である「カラーベスト」という名称が有名で、多くの方がカラーベストという名称を使用しています。カラーベストは、強度が高く、耐久性に優れているにも関わらず、その重量は瓦の半分程度と建物への負荷も少ない屋根材として人気があります。今回は、そんなカラーベストの劣化についてご紹介します。

劣化したカラーベスト

1.カラーベストとアスベスト

 以前、「アスベストは危険だ」というニュースが流れ、アスベストの使用に制限がかけられたことを記憶されている方も多いかと思います。カラーベストは、昭和36年ごろから販売されており、当時はアスベストについては問題視されていませんでした。そのため、2006年頃までに販売されたカラーベストにはアスベストが含まれていますが、それ以降に販売されたカラーベストには含まれていません。そのため、カラーベストの劣化を見つけた際、そのメンテナンスを行う際には、もしアスベストが含まれているカラーベストを使用していた場合、アスベスト対策が必要になるという点について、注意が必要です。

2.カラーベストの寿命

 カラーベストの寿命はおおむね20年と言われています。ただし、アスベストの有無や使用環境によって、それよりも早く劣化する場合もあれば、30年程度持つといった事例もありますので、20年はある程度の目安として捉える必要があり、実際にはカラーベストの劣化状態を見ながら判断することになります。

3.カラーベストの劣化

 カラーベストが劣化しているという状態は、主に3つに分類することができます。

①カラーベストの割れ

 カラーベストが劣化し、割れてしまっている状態です。カラーベストの下にはルーフィングという防水材が入っているため、カラーベストが割れたからすぐに雨漏りにつながるというわけではありませんが、屋根材の内部に水分が侵入することに変わりはありませんので、ルーフィングの劣化を早めることにつながり、最終的に雨漏りの原因となります。

 カラーベストが割れる原因としては、台風や強風など、風によって運ばれてきた飛来物などの物理的な接触で割れてしまうケースと、経年劣化で割れるケースの2通りあります。

 カラーベストは、材料をセメントで固定している屋根材になりますので、少なからず屋根材の中に水分が含まれています。この水分が凍結や融解を繰り返すことによってわずかながら体積の変動が生じ、繰り返し、その状態が続くことによって、素材が耐え切れなくなり割れてしまうのが、経年劣化の原因と言われています。

②カラーベストの反り

 カラーベストは割れる以外にも反ってしまうという劣化の状態もあります。原因は経年劣化によってカラーベストが割れることと似ていますが、カラーベストの表面と裏面の温度変化によって、中の素材が伸縮を繰り返していますが、通常はそれでもしっかり密着させるよう作られています。しかし、経年劣化によって、その密着が維持できなくなった場合に、表裏の温度変化によってカラーベストがいびつに伸縮してしまい、それが反りにつながってしまいます。カラーベストが反ってしまった場合にも、その部分から雨水が屋根材の内部に侵入することになりますので、雨漏りの原因となってしまいます。

③その他の劣化

 カラーベストを固定している釘やビスが劣化して外れてしまうことや、地震などによってこの釘やビスが外れてしまうことがあります。それらが1つや2つ、外れてしまったからと言って、すぐに屋根全体が外れてしまうというわけではありませんが、少なくともその釘やビスで固定していた部分にはズレが生じ、カラーベスト同士の接触などによって、カラーベストが割れたり、ひびが入ったりしてしまうケースがあります。

峰のトタン抑えの釘は大体浮いてきます

また、これらは、自然災害や経年劣化だけではなく、施工した業者の腕が悪かった場合や、手抜き工事が行われた場合にも同様の症状が発生します。そのため、建てたばかりだからと安心して、全くチェックしていなかった場合、カラーベストの劣化に気付かず、雨漏りして初めて気づくといった事象も存在しています。

4.カラーベストのメンテナンス

 カラーベストは、基本的に塗装を行って使用します。この塗装は、物理的なカラーベストの劣化を防止することはできませんが、屋根材の強度を増したり、防水性能を増す、大切なメンテナンスとなります。この塗装工事は、おおむね10年に1度、実施することが推奨されていますので、この塗装工事の際に、カラーベストの劣化状況をプロの業者にチェックしてもらうことで、劣化を早期発見し、適切なメンテナンスをとることが可能となります。

カラーベスト下地処理

 非常に、軽量で丈夫なカラーベストですが、それでも時間やその他の要因によって劣化してしまいます。それを早期発見し、適切な対処を行うことで、建物を長く使い続けることが可能となります。カラーベストのメンテナンスにお悩みの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

屋根は塗膜への環境が厳しいので無機がおすすめ