季節

寒波の時に外壁塗装はできる?その他寒波のトラブル|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

最近、非常に強い寒波で全国的に雪の影響が出ているようです。

幸い、ここ愛知県では、

今シーズンはまだ雪の影響はそれほど多くはありませんが、

それでも年に1~2回は積雪となることがあります。

このような寒波で雪が積もってしまった場合などは、

外壁塗装にどのような影響が出るのでしょうか。

1.外壁塗装が可能な温湿度

 一般的に外壁塗装は、温度が5度以下の場合、

もしくは湿度が80%以上の場合は避けたほうが良いと言われています。

 

外壁塗装は、塗料を塗って、それを乾かして、

また塗料を塗ってという作業を繰り返します。

下塗りの上に中塗り、中塗りの上に上塗りを行う場合、

新しい塗料を塗る前に、下に塗った塗料がしっかり乾いていなければ、

しっかりと塗膜が密着しないことになり、

品質が大きく損なわれてしまうことになります。

 

そのため、乾燥というプロセスは非常に重要なプロセスとなるのですが、

温度が5度以下の場合、もしくは湿度が80%以上の場合というのは、

この乾燥が行いにくい温湿度となっています。

 

湿度が80%以上というのは、ほとんどの場合が夏季となり、

冬場は空気が乾燥しているため、湿度が80%以上になることはありません。

冬場で注意しなければならないのは、温度が5度以下の場合です。

 

寒波の時は、5度を下回ることが非常に多いため、この気温の面で注意する必要があります。

2.気温が低い場合に気を付けなければならない点

 北海道や東北といった降雪量の多い地域では、

冬場は常に外壁が雪で覆われてしまっているために、

物理的に外壁塗装を行うことができません。

しかし、ここ愛知県では、

冬場でも外壁が雪で覆われることはありませんので、

物理的に外壁塗装ができなくなるということはありません。

 

 しかし、冬場はほとんどの日が気温5度を下回っています。

気温が5度を下回ると、外壁や鉄部で結露が生じます。

空気は温度が高い時ほど多くの水分を保有することができ、

温度が低くなるにつれ、保有できる水分量が少なくなる性質があります。

日中、温められた空気は、多くの水分を含んでいますが、

夜間、空気が冷やされることによって、空気中に保有できる水分が減少し、

余った水分が結露として外壁や鉄部に付着してしまいます。

 

つまり、結露は水分そのものですので、

乾燥させている部分に結露が発生すると、

その部分の乾燥が遅れてしまうことになります。

そのため、冬場は結露によって塗料が乾燥しにくい部分が生じてしまうという問題点があります。

 

また、塗装した一部分だけに結露が生じることによって、

その部分の塗料が色あせてしまうこともあります。

結露の形に変色してしまうという状況です。

残念ながら、その場合は上から塗りなおすしかありません。

つまり、結露が生じてしまった場合には、

いつも以上にしっかりと外壁の乾燥状況を確認しなければなりません。

 

 さらに、冬場は夜露や霜が降りる可能性もあります。

これらも水分や水分が凍結したものとなり、乾燥の大敵となります。

これらが生じた場合も、結露と同様に乾燥が遅れていたり、

塗料がほかの部分の色と異なってしまうことがありますので、

慎重に確認する必要があります。

3.寒波によるその他の影響

 寒波による影響は、塗装工事が行いにくいだけではありません。

少し暖かい日から、急に寒波に入ることによって、

温暖差が大きいうえに、空気が乾燥することによって、

ある程度経年劣化している瓦が割れてしまうというケースも良くあります。

 

 経年劣化している瓦は、多かれ少なかれクラックが生じていますが、

日中、まだ温かい時間帯にこのクラックに水分が入り込んでしまい、

夜間、急激に気温が下がることによってクラック内の水分が凍結することで膨張し、

瓦が割れてしまうという状況です。

 

 瓦が破損してしまった場合、

屋根を守るもの毀損が始まってしまうこととなります。

この状況で雨や雪が降ってしまうと、

その部分から雨漏りが発生する可能性が高くなりますので、

できるだけ早く補修を行う必要があります。

 

 同じ原理で、劣化した外壁のクラックに水が入り込み、

凍結することによって塗装の剥離につながることもあります。

この場合も、塗装が剥がれてしまった部分から水が入り込んでしまい、

外壁の劣化につながる可能性が高まりますので、

できるだけ早く補修を行う必要が生じます。

(風呂場廻の外壁で見られることが多いです。)

コーキング 凍結 サイディング

 このように、冬場は雪が降っていなくても、

屋根や外壁に悪い影響を与える現象や、

塗装工事そのものに影響を与える現象などが非常に多い季節となります。

 

 普段から定期的にご確認いただくとともに、

万が一補修が必要となった場合には、

冬場でもしっかりとした技術と納期に余裕を有する業者に依頼する必要があります。

 

 ヨコイ塗装では、冬場の塗装工事も誠実に実施しております。

冬場の塗装工事の問題点をしっかりと理解した職人が、

品質第一に塗装工事を行っていますので、

春や秋といった塗装工事を行いやすい時期と比較しても、品質に差はございません。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

相談

ツバメと塗装工事時期に関して|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

実際、今の現場でも近くでツバメが巣を作り始めています。

燕はよく、幸運のシンボルと言われていますね。

(ウィキペディアより引用)

日本においては、水稲栽培において穀物を食べず

害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、

ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、

農村部を中心に大切に扱われてきた。

江戸時代にはツバメのは雑草の駆除に役立つと考えられていた。

「人が住む環境に営巣する」という習性から、

地方によっては、人の出入りの多い家、

商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。

また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、

巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多い。

一方で車庫や店内等に巣を作られ糞の物品への落下等の問題や、

玄関の内部等に巣が出来て不在時の戸締りが困難になり

不審人物の侵入を許す可能性もあり、已む無く巣作りを妨害、

ないし出来てしまった巣を撤去するというケースもある。

 

そして、実際に

「ツバメの巣は残して、工事して欲しい。」

そんなことを言われることもあります。

f43e1cb44ea535158302595706292062_s

塗装では工事をすることは決心したもののどんなタイミングでやればいいか、

悩まれる方もけっこういらっしゃると思います。

 

もし燕など大切にしていらっしゃるかと言うらっしゃいましたら、

4月から7月にかけた燕が繁殖をする時期を避けて、工事をされてみてはいかがでしょうか?

 

塗装工事は乗り換えることで心をすっきりさせるためにするものです。

 

気持ちを焦らせるようなセールストークに惑わされることなく、

ご自身の気持ちの良いタイミングで決断されてくださいね。

「キャンペーン中だから!」

「今なら・・・」

そういって判断力鈍らせる営業マンの方も、実際に多いです。

塗装工事は塗ったあとから長い期間影響をあたえるものです。のちほども気持ちの良い生活が遅れるように、良い決断をされてくださいね。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

外壁塗装工事のタイミング|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

外壁塗装工事を依頼するタイミングは、

新築後10年程度経過した時点が一つの目安になります。

ただし、南向きで日当たりの良い建物は、紫外線の影響を受けて劣化の進行が早くなるため、

早めに外壁塗装工事をすることが必要です。

 

日当たりの悪い北向きの建物も、外壁の塗装の劣化の進行が早くなります。

反対に日当たりが悪いと湿気がこもって外壁にカビが発生します。

外壁にカビが発生すると外壁が劣化するため、外壁がカビで黒ずんできて、

とても気になるようでしたら、塗替えをお勧めいたします。

 

建物の外壁にクラックが生じた場合も外壁塗装をすることが必要です。

そのまま放置しておくとクラックは大きくなり、とくにモルタル外壁やALC外壁ですと

またそこから雨水が侵入して建物本体を痛める危険性が高まるため、早めに対処することが大切です。

747732721139df75b8e9df01146f4e6c_s

ただやはり1番は自分自身が納得いく時期が1番です。

 

業者の謳い文句にはだまされないで、しっかりと知識を備えたり、

知人に相談したりして備えてきましょう。

(判断を焦らせる業者さんは、本当に多い業界なんです・・・)

 

また建物の外壁を塗装する際には、屋根も同時に塗装することが望ましいです。

トータルの工事代も安くなりますので、外壁と屋根を同時に塗装することをお勧めします。

屋根の塗装工事を行うと、塗膜に厚みがつき、雨漏り対策にもつながります。

建物の色んな外部要素にもよりますが、屋根の塗装工事を依頼するタイミングは、

紫外線や雨水があたり、外壁よりも劣化が激しいです。

雨漏り対策のためにも、屋根は大切になってきます。

したがってなるべく気持ち早めのタイミングでの、塗装工事をお勧めいたします。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

外壁塗装工事に適した季節|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

塗料が乾きやすいことはもちろんのこと、

職人が作業しやすいことまでも考えてあげると、

春・秋が比較的適した季節と言えます。

気候が良いため作業がしやすく、湿度が低いため塗料も乾きやすいからです。

また、工事中は窓を開けられませんが、湿気が少なく室内気温もさほど影響がなく、

気候が良いことは、施主さんにとっても好都合です。

このことから、最も工事町中で見かけられる時期ではないでしょうか。

 

しかしながら現在塗料の性能も昔と比べ格段に良くなったので、

外壁塗装工事においてさほど不向きな季節はありません。

都合がつかず、1年先延ばしにするくらいなら、

なるべく早めに工事をしておいたほうが良いでしょう。

747732721139df75b8e9df01146f4e6c_s

 

ただ梅雨にずれ込めば、湿気の多い季節に窓を開けられないことと、

工期が延びる可能性があることが心配です。

しかし職人がしっかりと乾いた状態で塗装を行えば、塗装工事にはなんの問題もありません。

(ただ工期が追われている業者さんは、

納期の関係で不十分な乾きで塗装する場合がありますので確認が必要です)

 

梅雨が明けて夏本番を迎える頃は、気温が高いので塗料の乾燥が良く、

外壁塗装工事には決して不向きな季節ではありません。

乾燥が良ければ作業も早く進みます。

室内がこもり温度が温度が上がってしまいますが、

窓を開けられない不快さはエアコンでカバーすると良いでしょう。

炎天下で作業をする職人にとっては少し辛い作業になりますが、この時期に行う人も多くいます。

 

秋も春と同じく気候が良く、作業がしやすい適した季節です。

ただ、春に比べると台風などの天候不良が多いですが、

足場のネットを外すなどしっかりと対策を練れば、さほど影響が無いといえます。

 

冬は気温が低く塗料の乾きがおそいです。

しかしながら昔と比べ、塗料の品質も良くなり殆どの塗料が半日で乾いてしまいます。

(しかしながら夏と比べると、一日二日間隔をあける必要はあります。)

屋根に降りる霜によって屋根表面が塗れます。

こういった場合はしっかりと乾かし、お昼後に塗装するなど、

しっかりと対応しなければいけません。

 

 

以上、季節ごとの特徴をですが、特にひび割れ等が出ている場合は、

早急に工事をすることをおすすめします。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

5c48c4d75c630f198e7f99eeff818a5d_s