施工価格について

外壁塗装工事における価格の内訳

塗装代金の内訳の中身は?

 外壁塗装は7年から10年に1回程度しか行うことがありませんが、大きな費用がかかる工事になりますのでしっかりと内訳を確認される方も多いのではないでしょうか。

しかし、業者によって内訳の記載方法もバラバラで、どこをどのように確認すればいいのか、なかなかわかりづらいものになっています。

 

 そこで今回は、塗装工事に含まれる代金が、内訳にどのように記載されるのかについて、ご紹介したいと思います。

1.塗装工事に必要な代金

 塗装工事を行う上で必要になる代金は、大きく分けて

  • ①職人さんの人件費、
  • ②塗料などの材料費、
  • ③足場の作成や養生など、塗装工事に付帯する工事の費用、
  • ④その他、会社利益、交通費などの4つに分類することができます。

 

これらは、どのような規模の塗装工事であっても必ず発生するものですが、塗装代金の内訳としては、なかなか確認することができません。

しかし、各項目の内訳には、これらの代金が含まれています。

例えば外壁の塗装費用として請求された金額と、ホームセンターの塗料の金額が大きく異なりますが、それは塗装費用の内訳の中に、材料費となる塗料の金額の他に、職人さんの人件費やその他の費用が含まれているためなのです。

 

2.工程別の内訳

 外壁塗装の内訳は、様々な記載方法がありますが、最も多いのが工程ごとに費用が記載されている形式ではないでしょうか。

ここでは、一般的に各工程に含まれる代金についてどのようなものがあるかをご紹介します。

 

①仮設工事費用

 足場の作成や養生の費用などがこの工程に含まれます。

足場の作成は、自社で行う場合と、外部の業者に依頼する場合がありますが、いずれの場合であっても、ほとんどは、塗装工事とは別の項目として記載されることが多いです。

 

②下地処理の費用

 外壁塗装を行う前の外壁の清掃、高圧洗浄、外壁材の補修などが含まれる工程です。この項目については、それぞれの費用を詳細に記載する業者と、すべてまとめて記載する業者があります。

見積もりの時点でこの項目に含まれている金額は、塗装をはがすなどの補修費用ですので、実際に作業を行っていくと、外壁の破損状況が想像以上にひどく、補修費用が見積もりよりも多く発生してしまうというケースもあり得ます。

そのため、詳細に記載された見積もりであっても、この項目に何がどの程度まで含まれているかは、しっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。

特に、すべてまとめて記載している業者については、それぞれの内訳が分かりませんので、各工程でどの程度の費用を見積もっているのか、詳細に確認しておく必要があります。

③外壁塗装工事の費用

 外壁塗装は基本的に

  • 「下塗り」
  • 「中塗り」
  • 「上塗り」

という3回の塗装が必要となります。

そのため、外壁塗装工事の費用は、それらをすべて含んだ形で見積もりを提示する業者もありますが、それぞれ別々に見積もりを提示する業者もあります。この項目は、使用する塗料の種類によって大きく金額が異なる部分となりますので、塗料の種類などの確認をしっかりと行っておく必要があります。

また、外壁材がサイディングボードやALCなど、コーキングが必要となるものであった場合、この項目にコーキングの費用を計上するケースもあります。外壁のコーキング(もしくはシーリング)として明細が分けられていない場合には、外壁塗装工事の費用に含まれているのか、もしくは別の項目に含まれているのかを確認しておく必要があります。

コーキング材

④屋根の塗装工事の費用

 基本的には外壁塗装と同様に、

  • 「下塗り」
  • 「中塗り」
  • 「上塗り」

の3回塗装の費用が含まれます。

一部の業者では、屋根の下地処理をこちらの項目に含めるところ、屋根の下地処理と外壁の下地処理を分けて記載するところと様々で、屋根の下地処理と明確に記載されていない場合には、どの部分に金額が含まれているか、確認しておく必要があります。

 

⑤屋根の補修工事の費用

 屋根の補修工事は屋根材によって実施する補修工事が大きく異なるため、独立して明細を記載しているケースがありますが、屋根の塗装工事の費用や屋根の下地処理の費用などにまとめて記載されていることもあります。

 

屋根の補修を行う場合、コーキングなどの補修ではなく、そのパーツそのものを交換することが多いため、この補修工事の費用で、どの部分を交換するのか、もしくはどの部分を補修するのかをしっかりと確認しておかなければ、工事終了後に予定していなかった部品交換代金として別途請求されるケースもあり得ます。

(ヨコイ塗装では、ひび割れに「タスマジック」を採用

 

他にも、材料運搬費や廃材処理費など、細かく記載されているケースもありますが、やはりそこまで細かく記載されていない場合もあります。明細に細かく記載されているから安心できるかと言われると、一概にそうとも言えませんが、不明な点があれば、その場で業者にしっかり確認し、何にどの程度の金額が充てられているのか、その金額は相場と比較して、もしくは他の業者と比較して妥当なのかを、ご自身でしっかりと確認する必要があります。

 

これが外壁塗装の料金の内訳です。材料費と人件費で約55%かかります。

会社の規模やお客さんの住宅構造によって異なるので一概に言えませんが、平均すると外壁塗装の料金の内訳は、以下のようになります。

 

※自社職人がいないリフォーム総合店やハウスメーカー、工務店、訪問販売店などは、仲介マージンが入るので、この例は当てはまりません。

仮に塗装店が100万円の工事を1件受注した場合、会社の利益は約20%なので20万円前後になります。この利益から社長の給料や事務員さんの給料、事務所のローンや家賃、車のローンなどが引かれるので、20%あったとしてもあまり残りません。

基本的に、塗料などの条件を変えずに割引すると、会社の利益を削ることになります。100万円のうちの10万円割引と聞くと、割合はそこまで大きくなく感じますが、実際には会社の利益の半分を割引に当てています。

これ以上の割引をするお客さんがいたとしても、業者側も利益から経費を差し引くと何も残らなくなるので、断ることが多いです。もちろん、塗料のグレードを落としたり工夫をして、お客さんの要望に合わせる値引きをすることはあります。

 

外壁塗装110番より

 

ヨコイ塗装では

人件費は・・・?

職人さんの基本日当は、業界平均の¥18000です。

 

塗料&養生及び資材代は・・・?

耐久性やコストパフォーマンスの優れた、

KFケミカルさんやニッペさんを併用しています。

高価格な無機やフッ素塗料を一定量購入することでの

グレード割引価格での仕入れをしています。

→その分、塗装に最も大切な下地処理にリソースを回せれます。

 

会社利益は・・・?

同じく20%前後

 

営業経費は・・・?

5%未満。

なぜなら紹介経由36%です。

さらに

  • 営業専属スタッフ無し、
  • webページ自力運用

で営業コストは他社と比べ格段と低いです。

→その分、塗装に最も大切な下地処理にリソースを回せれます。

 

足場代金は・・・?

3%。自社保有でほとんど原価償却は終わっています

したがって足場屋さんに外注している業者さんよりコストは掛かりません。

→その分、塗装に最も大切な下地処理にリソースを回せれます。

 

ヨコイ塗装は工期が長いです。同じ金額の見積もりでしたら、

他社さんより明らかに工期が長いです。

それが出来るのが上記の理由があるからです。

しかしながら品質第一の、しっかりとした工事をお求めの方には、

ピッタリの塗装店です。

 

 

 

 

ハウスメーカーの内訳は・・・?

塗装現場の今 ~下請け職人の現実~

 塗装業界の下請け職人が過酷な仕事環境にさらされている。戸建て一棟あたりの請け額が材料込みで30万円は当たり前、ひどい場合は15万なんてケースもある。そうした中、赤字を出さないために手抜き工事をせざるを得ない状況に追い込まれている。塗装業界で働く2名の職人と、塗装会社社長、さらに塗料販売会社社長の4名に集まってもらい、塗装の現場の実情を聞いた。

 

30万もらえればいい方

 ―――最近はかなり、請負金額が安いと聞きますが。

塗装職人Aさん(以下A) 特にハウスメーカーの下ですと、うちらに仕事が来るまで5社ほど中間業社が入りますので、戸建て1棟あたり外壁、屋根の塗り替えで30万円もらえるといいほうです。あるハウスメーカーの下なんか15万ですよ。足場代は別ですが、材料込みの価格です。

 ―――そんなに安いのですか、材料代はどのくらいなんですか。

A 10万円ぐらい、あと養生代が1、2万とガソリン代がかかります。

 ―――そうすると、30万円の場合は利益で18、19万円。15万円だと3万円ぐらいしか出ないですよね。それで1棟の塗装となると、結構な期間拘束されると思いますが。

塗装会社社長Cさん(以下C) 本来であると、1棟あたり20~25人工必要ですが、この金額だとかけられません。通常は1人工1万5000円ぐらいですから。私も昔は下請けをしていましたが、30万円から40万円でも請けられない状況でした。それよりも下がっています。

塗装職人Bさん(以下B) 今30、40万円もらえるならば、ガッツキますよ。ハウスメーカーは基本2名現場に入らないとだめなのですが、15人工でも赤字、7、8人工で終わらせないとだめですね。

 ―――それでは、規定の工事ができないですよね。

A 3回塗らなければいけないところを2回にするとかします。余った塗料はどこかに捨てないといけないですが。

 ―――それでばれないのですか。

B ばれませんね。引き渡しの時、施主がOK出しますから。

 ―――そんな状況では破たんしてしまいますよね。金額交渉はできないのですか。

A 基本仕事はハウスメーカーの下の塗料メーカーから入るのですが、交渉したら仕事がもらえないですよ。

C それでどうしようもなくて、手を抜くんです。塗料にさび止めを入れないとか、ファンデーション代わりのフィーラーを入れないこともあるそうです。鉄部はさび止めを入れないとすぐサビがでますよ。

B たぶんハウスメーカーさんは、一流なので施主に工程ごとの他のお客さんの写真だとかを全部見せて提案するわけです。するとそれを行う中間業者の経費が、塗装代金にプラスされます。ただ、5社も間に入っていますから、必要ないコストもあるでしょうね。

A 僕たちもちゃんと仕事はしたいんです。でも先日なんかは、上塗りでフッ素塗料の現場があったのですが、行ったら1缶しか入れてもらえていませんでした。それだと60平米ほどしか塗れませんが、それでなんとかしろと。そこで、規定量以上の希釈をして塗りましたが、希釈しすぎると機能が低下するじゃないですか。それでもやらなくてはいけなかった。

 ―――でもチェックは入らないのですか。

塗料販売会社社長Dさん(以下D) 最近塗料メーカーもチェックが厳しくなってきていますが、もし、塗り直しとなっても職人は逃げちゃいますよ。金額がもらえませんから。

ローラーも洗って使い回し

 

 ―――道具だってそれなりの費用がかかりますよね。

C ローラーだって使い捨てですから結構かかりますよ。俺が聞いた話だと軒裏のローラーは1年使い回すようですね。

 ―――カピカピになりませんか。

C 材料につけておくんです。

D つけておくと空気に触れませんからね。固まらないんです。

A 水性の材料なんかローラーを洗って使っています。

 ―――そうなると15万円の現場だとより手を抜かないといけませんよね。

B 下塗りはしましたが、ピン(1回)塗りです。それでも通常18時までのところ、19時、20時と遅くまでやっていましたから。

 ―――ちなみに金額は始まる前に伝えられるのですか。

B 工事が終わってからですね。

 ―――えっ、費用が決まらないまま動き出すのですか。

A そうですね。ただ、ハウスメーカーごとに大体金額が決まってますので、それを勘ぐって赤字ができないように1回、2回塗りと決めないといけない。

B ある塗料メーカーですと、金額を伝える書類もなく、口頭ですよ。一応始まる前に金額を聞きますが、まだわからないとか、書類がまだ来ないとか、そんなケースが多いです。

A たまに何を塗ればわからないときもありますよ。ただ、工程表だけ来て、いついつから、いつまでに終わらせろときて、とりあえず下塗りだけしていくのです。

 ―――それで、いつ指示が来るかボーっと待っているのですか。

A こっちも教えてくださいと言うんですが、長いと2日ぐらい待つこともありますよ。

 ―――そうなると月に入る収入も少なくなりますよね。

C だから、仕事のピークはたぶん30代なんです。体が一番動く時の収入が多くなりますよね。

A でも15万円の現場では無理して、けがが増えたそうなんです。

 ―――それは保証されないのですか。

A たぶん、保証されますけど、けがをすると現場立ち入り禁止です。

 ―――じゃあけがしても言えないのでしょうか。

A だから隠します。安全配慮義務は厳しくなっていますが、無視して無理しないといけないんです。

塗料の質が低下

 ―――ちなみに、塗料の質は上がっているのではないのですか。

D 下がっていると思います。

 ―――でも、今はシリコンかフッ素塗料を使うのが当たり前ですよね。

C メーカーにもよりますが、シリコンとかフッ素塗料がメジャーになってから、入る樹脂が少なくなってきたんです。昔はアクリルかウレタンが中心でしたよね。でも樹脂がしっかり入っているから、結構もった塗料もありました。ところが、シリコンが好まれるようになってから、安くなってきまして、もちが悪くなってきました。

 ―――それじゃあ意味がないじゃないですか。

C 実際、うちでシリコンを塗った現場が6年ほどで、チョーキングしています。

 ―――じゃあどうすれば業界が変わりますかね。

B 請負金額でしょうね。それが上がれば手を抜きませんから。

A 1棟40万円は欲しいですね。最低20人工はかかりますので。

D ある塗装職人は、下請けで仕事したあと塗膜がはがれて、手抜きだからやり直せとなったらしいのですね。でも俺はちゃんとやったと、材料が悪いと言い争いになりまして。その職人は、壁の半分を自分がいつも使っている塗料、半分を上から指定された材料で塗ったのです。それでガムテープを両方に張ってはがしたら、指定された材料だけはがれまして。その人はもうその会社の仕事はしないとなったそうです。業界の体質を変えないといけないと感じます。

リフォーム産業新聞より

 

最低20人工はかかりますので。

→ヨコイ塗装では基本2人で3〜4週間になります。

 

屋根見積もり時には追加料金を出さないためにも

屋根の塗装を実施する場合、塗装業者は、現状をしっかりと確認したうえで見積もりを作成しなければなりません。現状をしっかり確認しないままに見積もりを作成してしまうと、想像していた以上の修復作業等が必要になってしまい、見積もりには記載していない金額を、後ほどご負担いただく必要が生じるといったトラブルに発展しかねません。

しかし、屋根は非常に見づらい部分になりますので、こういった見積もりに盛り込めなかったことによるトラブルは後を絶ちません。

 今回は、ヨコイ塗装で工夫している屋根の見積もり方法についてご紹介したいと思います。

見積もり用図面

1.見積もりの立て方

 ヨコイ塗装で外壁や屋根の見積もりを作成する場合は、基本的に工程ごとの金額を算出し、それぞれの金額を明示したうえで、合計金額を算出します。この点は、業者ごとに方針が異なっており、同じように工程ごとに金額を算出している業者もあれば、各工程の金額は見積もりには明記せずに、「屋根の塗装一式」として金額を明示する業者もあります。

一括して見積書を作成する業者の中には、時間を少しでも削減して、その分実際の作業時間を確保するという業者もありますが、工程ごとの金額をうやむやにして、相場より高い金額をだまし取ろうという業者もいますので、工程ごとの明細が示されない場合は、その内訳をしっかり確認しておいた方がいいでしょう。屋根の塗装を行う場合の見積もりは、

①足場の作成費用、②養生費用、③洗浄費用、④下地処理、⑤塗装、

といった工程に分けることができます。

①足場の作成費用

 足場を作成するための費用です。屋根の塗装は、どうしても高所での作業になりますので、足場の設置は必ず必要となります。この金額は建物の大きさや高さによって増減する部分となります。

②養生費用

 建物に傷をつけないため、塗装による汚れを付着させないために設置する養生の費用になります。こちらも、塗装を行う上で必ず必要となる費用で、建物の広さや養生する範囲によって増減します。

③洗浄費用

 外壁や屋根の高圧洗浄を行うための費用です。高圧洗浄によって汚れや古い塗膜をしっかり洗い落とさなければ、汚れの上に塗装することになり、耐久性が大きく低下してしまいます。「高圧洗浄機をもっているから自分で実施する」と言われる方もいらっしゃいますが、市販の高圧洗浄機と、業者が使用する高圧洗浄機とでは、水圧が大きくことなっており、確実に汚れが落としきれないという点や、高圧の水を当ててしまうことによって破損してしまう部分などがありますので、業者に依頼するのが確実となります。

④下地処理の費用

 今回のメインテーマとなる見積もり時に追加費用が発生しやすい項目が、この下地処理になります。下地処理では、劣化した外壁材や屋根材を補修、交換することになりますが、その確認をおろそかにしていると、補修しなければならない屋根材の金額を計上していないなどの料金の差異が生じてしまいます。

⑤塗装費用

 塗装にかかる塗料と職人さんの費用になります。この金額は、使用する塗料によって大きく増減します。

2.ヨコイ塗装の工夫

 屋根の見積もりは、その現状をしっかりと確認しなければ正確な金額を算出することができません。しかし、見積もりを立てる段階で、足場を組んで屋根をしっかりと確認するのは、コスト的にも現実的ではありません。そのため、どうしても人の視線的に見ることができない「死角」が生じてしまい、実際に作業を開始すると、死角の部分に想像以上の劣化が発生していたということがあります。これによって、屋根に上ってしっかり現状確認していたにも関わらず、見積もりに計上できていない費用が発生してしまい、お客様とのトラブルに発展してしまう可能性がありました。

カメ棒

 そこで、ヨコイ塗装では、360度カメラと「カメ棒」と呼ばれるカメラの延長棒を導入いたしました。360度カメラとカメ棒を使用することで、これまで足場がなければ確認できなかった屋根の裏や小さな隙間も、カメラを延ばすだけで確認することができます。

また、従来のデジタルカメラの場合は、撮影範囲に確認できていない部分が写っていないと、確認が漏れてしまう可能性が残っていましたが、360度カメラでは、360度すべてを撮影することができますので、カメラの向きを気にすることなく、撮影することができます。360度カメラと「カメ棒」によって、見積もり作成時の死角がなくなり、これまで以上に屋根の状態を正確に把握する事が可能となりました。そのため、ヨコイ塗装にご依頼いただいたお客様は、「想定以上の追加料金が発生する可能性がある」といった不安はなく、安心してご依頼いただけます。

 どうしても、見づらい屋根の塗装を安心してご依頼いただけるのは、ヨコイ塗装の強みです。扶桑町周辺で外壁塗装をお考えの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。写真によって漏らさず確認できる体制を構築いたしました。

参考:施工価格について

相談

外壁塗装工事にかかる料金の公開|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

外壁塗装工事にかかる料金を公開!

外壁塗装は、持ち家のメンテンナンスとして7年から10年に1回は実施しなければならず、その費用も比較的高額となります。

今回は、そんな外壁塗装の料金を工程別、塗料別に見ることで、おおよそどのくらいの料金が適正価格なのかを確認していただきます。ここから大きくはずれた価格(高すぎるor安すぎる)の場合は、その価格設定や工事の内容を慎重に確認したほうがいいでしょう。

参考:外壁塗装相場

1.外壁塗装の工程別費用内訳

 外壁塗装には、主に事前準備、下地処理、下塗り、中上塗りという工程があります。ここでは、それらの工程別に費用の内訳を確認していきます。なお、中塗りと上塗りについては、使用する塗料によって価格が大きく異なりますので、次項目で詳しく説明します。

− 事前準備

外壁塗装の事前準備には、足場の作成や養生といった作業があります。

 ・足場の作成

足場の作成は、2階建てであれば坪単価で500円~800円程度となります。3階建の場合、足場の高さが必要となりますので、同じ面積であっても坪単価は800円~1,200円とやや高くなります。

 ・養生

養生を行う範囲の坪単価として300円~500円程度となります。

参考:塗装工事の養生テープの種類と使い分けに関して  

・下地処理

 下地処理では、高圧洗浄による外壁の洗浄、破損した箇所の補修やシーリングの打ち直しといった作業があります。

高圧洗浄
専用の高圧洗浄機を使用した外壁の清掃は、坪単価150円~300円程度となります。

下地の補修
傷んだ下地を補修しなければならない場合、その箇所や大きさによって価格は大きく異なります。坪単価にした場合、価格は10,000円程度から20,000円程度と非常に幅広い価格帯となります。補修しなければならない範囲があまりに多すぎる場合には、外壁を塗装するのではなく、貼り替えを行うほうが安くつく場合があります。

シーリングの打ち直し
シーリング部分の劣化により、シーリングにヒビや溝がある場合、シーリングの打ち直しを行う必要があります。シーリングの打ち直しにかかる費用は、坪単価で500円~1,000円程度となります。あまりに劣化の範囲が広く、劣化の進捗状況も進んでいるようであれば、シーリングの打ち替えを行う必要があります。その場合、坪単価で1,000円~1,300円程度必要となります。


 − 下塗り   

下塗りでは、専用の塗料を使用して外壁と塗料を密着を高める効果のある専用の塗料を使用して塗装を行います。この費用は、坪単価で500円~1,000円程度となります。

2.塗料の種類と料金

塗料には、アクリル系塗料から光触媒塗料まで、大きく分けて6種類程度に分類することができます。最も安価であればアクリル系塗料から、その値段について確認します。

(1) アクリル系塗料

最も安価で、耐久性の低い特徴のあるアクリル系塗料の坪単価は、30,000円~40,000円程度となります。アクリル系塗料を使用すると、耐久性が低いことから、頻繁に外壁塗装を行わなければなりません。現在滅多に使われる事はありません。

(2) ウレタン系塗料

次に、少し前まで人気の高かったウレタン系塗料の坪単価ですが、こちらは35,000円~45,000円程度となります。

(3) シリコン系塗料

今最も人気の高いシリコン系塗料は、坪単価で35,000円~50,000円程度となります。

(4) フッ素系塗料

現在、住宅でも使用されるケースの増えてきたフッ素系塗料は、坪単価で40,000円~60,000円程度となります。

(5) 断熱塗料

塗料の中に断熱効果のある素材を入れた断熱塗料は、坪単価45,000円~60,000円程度となります。

(6) 光触媒塗料

現在、もっとも高価と言われている光触媒塗料ですが、その費用は坪単価50,000円~70,000円程度となります。

3.まとめ

以上のように、外壁塗装はその工程別や塗料別に料金を算出することができます。もちろん、外壁だけでなく屋根も同時に塗装する場合は、金属部分の補修もしくは木材部分の補修を行う場合は、その価格が追加で上乗せとなることに注意が必要です。これらをすべて合計した場合の価格が、外壁塗装の価格相場であるということがいえます。

例えば、住宅の面積が20坪から30坪未満の場合、外壁塗装にかかる費用は1,000,000円程度となります。もちろん面積が増えるにつれ、価格は高くなってしまいます。例えば、30坪から40坪未満の場合、1,050,000円程度、40坪から50未満の場合、1,200,000円程度、それ以上の場合は状況によって異なりますが、概ね1,500,000円となります。

これら相場の価格から大きく異なっている価格を提示された場合、あまりにも安すぎる契約、もしくは高すぎる契約につて、しっかりと確認しなければなりません。見積もりを取得する際には、合計金額だけでなく契約書の各項目で相場から逸脱しているものがないかの確認をしっかり行い、不明点があれば、契約前にしっかりと聞いておきましょう。

 

☎0587−93−1546

外壁塗装工事の相場について

 外壁塗装工事は、7年~10年の周期で行わなければならない家のお手入れです。

しかし、期間が長いため、どうしても適正な相場を知るチャンスが少なくなってしまいます。そのため、高額な買い物であるために、金額に納得できずに後々、もめてしまうというケースも少なくありません。金額面で揉めないためにも、外壁塗装の相場をきちんと把握するようにしましょう。

今回は、外壁塗装工事の相場についてご説明いたします。

1.外壁塗装工事の相場

 まず、結論から説明すると、外壁塗装工事に相場はありません。と、いうのも、家は1軒1軒異なっており、同じ面積を塗るにしても、足場の組み方や職人の配置方法などによって変化しますので、「相場」として示すことができないのです。

例えば、延べ面積が50坪の家といっても、平屋建ての場合と2階建ての場合だと、平屋建ての場合では発生しない足場組みの値段が、2階建てにはかかってきますので、これだけでも金額に大きな差が出てしまいます。

さらに、同じ2階建てで、同じ面積であったとしても、隣の家との間がどの程度あるかによって、組める足場と組めない足場があるため、ここでも値段の差が出てしまいます。そのため、まったく同じ条件での費用の相場を示すことはできません。したがって、よく似た家の事例を参考に、相場を調べるといった方法となります。

また見積もり時に面積を計算するのにもリフォーム会社ごとに異なる場合があります。 現場で実測する会社や見積もり図面から延床面積を根拠に簡単に算出する会社、ITソフトを使って図面から算出する会社 それぞれあります。そのため外壁塗装の費用は、この視点からも施工会社それぞれで異なってきます。 

ae0eb4e4749914486f69a97b47754360_s

2.おおよその塗装相場金額

外壁塗装工事で使用する「塗料代」には、もちろん相場が存在します。外壁塗装工事で使用する塗料には、

  • 「アクリル系塗料」
  • 「ウレタン系塗料」
  • 「シリコン系塗料」
  • 「フッ素系塗料」
  • 「断熱塗料」
  • 「光触媒塗料」

があります。これらの塗料を使用した場合の一般的な相場は、以下の通りとなります。※住宅1階の坪数が30坪の場合 外壁+屋根塗装のおおよその相場価格

  • アクリル系塗料 :\1.050.000
  • ウレタン系塗料 :\1,113,000
  • シリコン系塗料 :\1,113,000
  • フッ素系塗料  :\1,365,000
  • 断熱塗料    :\1,491,000
  • 光触媒塗料   :\1,617,000

この金額は、あくまでおおよその金額ですので、そのまま当てはまるわけではありません。

参考:施工価格について

ここで見ていただきたいのは、使用する塗料によって、相場が大きく変わるという点です。外壁塗装は、7年から10年という長いスパンで行う工事となりますので、どの塗料を使用するのか、その選択も金額面や仕上がりに大きな影響があるのです。

bd59f0f4c029f6cc99bee7d246052e6b_s

3.外壁塗装工事の金額を調べるうえで知っておくべきポイント

 一口に金額といっても、外壁塗装工事には様々な費用が発生します。足場や養生、下地処理、下塗り、中塗り、上塗り等々、様々な金額の合計額が工事費用となります。

例えば、工事費用1,500,000円と、合計のみを提示されたとしても、どんな塗料で、どの程度の面積を塗装して…といった、各種条件の組み合わせが分からければ、一概に高い、もしくは安いと判断できないのです。逆に、それぞれの金額がどのように算出されているのかがわかると、どの部分が適正でどの部分が不適正なのかがわかることとなります。※以下の行で「単価」としている部分は、地域によって差が生じます。

そのため、複数社から見積書を取得し、それぞれの単価を比較してください。

①足場、養生の相場

足場や養生の金額は、外壁の外側に組むこととなりますので、外壁面積より大きな範囲で算出することとなります。そのため、「外壁面積×1.2×単価」で大まかな金額を算出することができます。単価は足場が\600~\800、養生が\300~\500が平均と言えるでしょう。

②高圧洗浄

高圧洗浄については、「外壁面積×単価」としている会社が多いようです。単価は\200~¥250程度が平均となっているようです。

③下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装工事の金額は「塗装面積×単価」となります。塗装面積は、外壁面積から塗装しない(できない)範囲を除いた面積となります。※玄関ドアや窓などが、上記に該当します。この単価は、使用する塗料で大きく変わります。

1)下塗りの単価:下塗りは\600~\900の範囲が多いようです。

2)アクリル系塗料:アクリル系塗料を使用した場合の単価は、\1,000~\1,200が多いようです。

3)ウレタン系塗料:ウレタン系塗料を使用した場合の単価は、\1,800~\2,000が多いようです。

4)シリコン系塗料:シリコン系塗料を使用した場合の単価は、\2,500~\3,500が多いようです。

5)フッ素系塗料:フッ素系塗料を使用した場合の単価は、\3,500~\4,500が多いようです。

6)光触媒・無機塗料、遮熱・断熱塗料:光触媒や無機塗料、遮熱・断熱塗料を使用した場合の単価は、\5,000~\5,500が多いようです。

0317b42e04f44790cea05cb28e6566ba_s

参考:プロが教える!塗装工事の正しい工程と大事な目的

4.まとめ

 以上のように、外壁塗装工事は様々な料金が複雑に絡み合っており、相場を算出することが難しくなっています。それでも、7年~10年ごとに発生する大きな買い物ですので、ムダな出費を抑えたいという点もよく分かります。 そういった場合「一軒家 外壁塗装 相場」「 外壁塗装 相場 スペース20坪」等で調べる方も多いと思います。 いろいろな業者がいっぺんに見積もりできると言う点で便利ですが、そういった上記のようなポータルサイト間に手数料とられているいる点でオススメはできません。

 しかし、少し手間はかかるものの、地元の複数の業者から見積もりを取得し、内容一つ一つについて、不明点を確認することで、自分の家を塗装する場合の標準的な外装工事の金額が見えてくるはずです。

 また、高い品質で工事を行うためには、どうしても手間暇がかかり、相場より高い金額を請求しなければならないというケースもあり得ます。その場合、見積書の確認時点で、しっかり業者と話をして、信頼できるようであれば、コストより品質をとるという選択も時には必要となりますので、お住いに今後どれぐらい住むのか等の自分の環境と、ご自身の懐具合とよく相談して、自分にベストな選択をしてください。

参考:外壁塗装相場

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

業者の「煽るセールストークに」に惑わされることなく、

ご自身が納得出来る塗装業者を、ぜひ選んでくださいね。

 

【適正価格について】

外壁塗装工事の価格は、主に4つのポイントによって決められています。

 

まず最初のポイントは、塗装面積です。

塗装する面積が大きいほど塗料や作業量が増えるので、その結果高額になります。

塗装面積で注意しておきたいのは、必ずしも建坪が大きくなるほど、塗装面積も増えるわけではないと言うことです。

同じ建坪の建物でも、外周の長さは変わってきます。

外周の長さが増えるほど外壁の面積は増えるので、塗装する面積も増加するのです。

塗装面積は建坪ではなく、外周で決まることを覚えておきましょう。

 

2番目に価格を決めるポイントは、塗料の種類です。

外壁塗装工事に使われる塗料は、ウレタンやシリコン、光触媒など様々な種類があります。

塗料の価格は、機能性や耐久性が高いほど高額です。

つまり、良い塗料を選べば選ぶほど、外壁塗装の価格も高くなります。

ですが、価格の安い塗料を使ってしまうと、

耐久性が低く頻繁に外壁塗装工事をしなければいけません。

何度も足場費用がかかるコストを、トータル的に考えると、ヨコイ塗装では

高価格ですが長持ちして、実績のある安心塗料の「フッ素系塗料」をお勧めいたします。

機能性と耐久性、価格のバランスを考えながら、使用する塗料は決めましょう。

 

価格を決める次のポイントは、使用する塗料の量です。

塗料の量は塗装面積で決まりますが、外壁の素材によっても変わってきます。

表面が滑らかな素材だと使用量は少なく、価格にはそれほど影響しません。

しかし、デコボコとした素材の場合は塗料の量が増えるので、価格が倍になることもあります。

ただ、それよりちゃんと意識しておきたいことは、

実際に使用した塗料が適正化かどうか、ここが重要になってきます。

例えば“フッ素系塗料”を使った場合、1缶6万円前後します。

コストを下げるために、シンナーで薄めて使用す業者もいます。

当然、塗膜の性能も下がり、従来の耐用年数を保てない危険性があります。

ちゃんと適正量を使用してもらえるか、ここはかなり重要です。

 

最後に価格を決めるポイントは、足場代や養生費、高圧洗浄費などです。

76fb1505b7cc29b52b93abe513cf87cf_s

これらは総額に占める割合も大きいので、無視することができない費用です。

足場代金は金額が大きいですが、必須の部分です。

たまに「足場なしで施工してほしい」

とのお客様もいらっしゃいますが、適正な品質の仕事をするためにも、

足場は必ず必要になってきます。

もちろん足場にも種類がありますが、丸太など足元がおぼつかない足場では、

作業がおろそかになるので、お勧めいたしません。

 

おすすめは、くさび形足場です。

外壁塗装工事の適正価格を考えるときは、以上のポイントに注意して計算しなければいけません。

しかし、知識のない素人が適正価格を計算するのは、簡単なことではありません。

そこで適正価格を調べるために利用したいのが、相見積もりです。

複数の業者から相見積もりをとって比較することで、適正価格を調べることができます。

ただし、相見積もりをとるときには注意点があります。

 

塗装の品質は、結局は”人”によって変わります。

たとえハウスメーカで塗装しても、作業する人が、知識もない下請けの新人さんだとしたら

どう思いますか?

 

相見積もりでは、どんな人が仕事をするのか?どんな意識で仕事をするのか?

しっかりと把握することが大切です。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

見積金額について|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

建物の外壁が、剥げてきたり、割れ目が出てきた時には外壁塗装をしてやらなければ、建物を長持ちさせる事ができません。

どの業者も良い仕上げをしてくれるとは限りませんから、まず見積もりを出して見積書の中身を精査しておきましょう。

では、見積書のどのようなところに注意を払うのかというと、どのような工程で、どのような塗料を使うのかは確認して置かなければいけません。

 

塗料といっても、全て同じ品を使うわけではなく、場所にって種類を変える必要があります。

例えば、木部と鉄部では、建材の性質が異なりますから、それぞれに適した塗料を使う必要があります。

戸建て住宅の場合では、外壁を保護するために、一定の期間毎に外壁塗装を行うことが必要です。

塗膜が経年劣化してしまうことになり、長期間にわたって何もメンテナンスを施していないケースでは、外壁の下地を傷めてしまうばかりか、雨水が住宅内部に入り込んでしまう可能性も否定できません。

そのため、住宅の所有者は適切に外壁をチェックした上で、必要に応じて外壁塗装を行う方法で住宅をあらゆる天候から守る必要があります。

その結果として住宅を長持ちさせることができます。

外壁塗装の施工に関しては、通常ではプロの専門業者に依頼を行って塗ってもらう方法です。

 

その際には値段が気になってしまうものですが、

塗装作業の場合では、塗料代金と工賃、足場代や養生、

下地調整にかかる費用などがトータルとして、値段になることが通常の見積もりです。

一般的な値段は、住宅の面積や壁の面積、壁の状態として下地調整の具合、そして用いる塗料によって違いが出ることになります。

例えばウレタン塗料を用いた一般的な戸建て住宅の場合では約60万円から80万円程度の費用で済ませることができ、フッ素塗料などを用いた場合では100万円を超える場合も見られます。

塗料のランクが上がると、同じように値段も上がることになりますが、一般的には、外壁の場合ではできるだけランクの高い塗料を用いる方法で、長期間にわたって外壁を保護することができる仕組みです。

平均的な値段に関しては120万円とも言われています。

実際には業者によって見積り額が変わってしまうことも現実にあるので、

1社だけではなく、必ず複数の専門業者に見積りを依頼することも基本的なことです。

(ハウスメーカーさんは、間に業者さんが入るために割高に、地元の職人さんは直接なので割安です。)

 

塗料に関しては、通常では平方メートル毎に単価が決められていることも多い傾向にあります。

予算の都合上として高額になってしまうことを理由に、高額な塗装工事を避ける方も存在しています。

このケースではランクの低い塗料を用いる方法で、予算内で賄うことも不可能ではありません。

しかしながら、やはり外壁塗装の場合では、コストパフォーマンスも考慮することもおすすめの方法になるので、ある程度の耐久性を維持している塗料を用いることがおすすめです。(足場代金が毎度毎度の工事でかかってしまうので・・・)

専門業者で価格差が生じている部分については、塗料の選択以外にも作業工賃や足場代などを挙げることができます。

したがって、一般的な相場は120万円とされているのですが、複数社に見積りを依頼することによって、安く施工できる業者をみつけることも不可能ではなく、見積もり額に納得できた際に依頼をすることがポイントです。

また、見積もりの際は、実際に作業をする職人に合うのが大切です。

実際に作業をするのは、”人”ですから。

ケーキの箱だけ見て、中身がぐちゃぐちゃ・・・

そんなことがないように、飾られたセールストークだけでなく、実際に職人にあって、仕事に対する姿勢などを確認しておきましょう。

 

【場合によっては外注する場合もあります】

木部は、時間の経過とともに、雨が浸透したり虫が食い荒らしたりして、腐り傷んでいきます。

また、伸び縮みが激しいのでそれに対応できる塗料を使わないといけません。

下地の段階から、汚れをしっかりと取り除き、下塗り用の塗料で上塗りのペンキが剥がれないようにして、さらに上に木部用の塗料で塗装していきます。

そうすることによって、木部も外壁同様の塗装ができるのです。

なお、木部には鉄部とは違い調湿機能や、木目のデザイン性などがあります。

調湿機能を邪魔しないよう、浸透型塗料を浸かったり、顔料を抜いて無色透明になっている塗料を使ったクリアー仕上げをするなど、素材に合わせた塗装の工夫も外観に合わせて調整できます。

一方で鉄部の敵となりえるのは錆です。

塗料を使うときには、いかに高い錆止め効果があるのかをよく考えなければいけません。

もちろん、錆止め効果のある塗料を使ったとしても、それ単体では、剥がれ落ちてしまうのは目に見えていますから、特に下地処理を丁寧にこなさないといけません。

旧塗膜が剥がれそうな状態で、その上にただ塗ったとしても、いくら高い塗料でもすぐに剥がれてしまいます。

ただ、外壁塗装をするときに、すでに錆がひどく劣化している状況があります。

そのようなときには、板金で新しくかぶせるのか、塗料で応急処置をするのか、今後どれくらいおすまいになったり、予算等で変わってきます。

予算もあり、しっかりと直しておきたい方は左官屋さんに、補修を依頼するのも良いコトです。

大切なことは、しっかりと状況を踏まえたうえで、ご自身にあった塗装をすることです。

なんでもかんでも鵜呑みにはせず、しっかりと自身で調べて最後は自分で判断することも、

塗装では適切な品質につながります。

【塗装の見積もり時に何より大切な心構え】

塗装の見積もり時で注意しておく事は決して焦らないことです。

業者さんによっては早く決断することを急かすこともあります。

でも塗装の塗替えは安いものでもなく長いお付き合いになります。

決断急ぐあまり、セールスマンの上手な営業トークに惑わされることなく、そして後から後悔することなく、しっかりと自分自身のタイミングでしっかりと決断することが大切です。

どこからどこまでというような線引きもしっかり確認しておきましょう。

また実際に塗装工事をするのは職人さんです。

したがって工事内容も職人さん自身の意気込みにかかってくると言っても過言ではありません。

見積もり時に職人さんに会うことができるなら、会っておいた方が良いかと思います。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546