塗料の種類や特徴

クレームはペンキ屋さんのせい…?

外壁塗装におけるクレームは、

塗装業者にだけに責任を負わせがちです。

事実、私たちの塗装業者は、全力で良い仕事をしても、

実際に塗った塗料の性能のせいで評判を落とすことあります。

以前、

「お客様にも喜ばれる、納得の行く仕事をやったぞ!」

と思うことができた現場がありました。

 

そう思って数年がたったある日…

「屋根がもう色あせてきたけど、どういうことなの!!」

とお客様からお叱りの声を頂いたことがあります。

その現場で使用した塗料は、

皆さんも聞いたことのある有名なブランドで大手塗料メーカーのものです。

使用したのは、当時メーカーさんがおオススメしていた、

遮熱シリコンの屋根用塗料でした。

もちろん私には職人として、良い塗料を見極めて、

お客さんに提供する義務があります。

そして、メーカーがすすめる塗料を簡単に

信用してしまった落ち度があります。

 

しかし、塗料を比べることをこれまでしてこなかった

塗料販売店さんや、塗料を作って販売してきた

メーカーさんには、工事の品質の責任は全くないのでしょうか?

 

現実としてクレームを受けるのは、末端の職人です。

塗布量や乾燥時間など、

すごく品質にこだわって作業を行っ結果なのに、

こういったクレームが事実起こり、

そしてそのお客様とその後

すごく話しにくくなったことを覚えています。

 

「本当に良い仕事をしたのに、

なんでこんな目にあうのだろう…。」

 

こう思ったことのある職人さんや施工業者は、

本当に多いと思います。

 

それ以来、私は例え大手の業者であっても

メーカーがすすめる新製品には、

安易に手を出さないようにしています。

 

そして、このページを読んでいらっしゃる読者の方にも、

なるべく実績のある、安心できる塗料を選ぶことを

おススメします。

 

この点を踏まえて、塗料販売店さん勤務歴35年のOさんと

「良い塗装業者の見分け方」について対談しました。

塗料卸業30年のベテラン、Oさんとの対談インタビュー

 

横井:一番最初にOさんに聞きたいと思ったのは、塗装業者選びについてです。一般の方は、塗装工事の際にどこの業者を選んでいいかわからないと思います。Oさんは、塗料販売の業界経歴が長いじゃないですか。私が小学校の時にはもうやっておられましたよね。塗装業界で仕事をされて実質何年くらいですか?

 

Oさん:35年くらいにはなるんじゃないかな。

 

横井:うちの会社の創業とほぼ同じくらいですね。塗料を販売すると、職人さんからもたくさん情報が入ってきますよね。色んなつながりから、クレームとかも見たり聞いたりしていると思います。Oさんからみて、一般の方が塗装業者を選ぶコツってありますか? そして良いアドバイスはありますか?

 

Oさん:信頼性が大事だね。本当にしっかりとした施工をやってくれるかどうかだよ。例えば3回塗りのときに、本当に3回塗ってくれるかどうか。必ずやってくれるところが信頼できる塗装業者だね。

 

横井:一般の人は、2回塗っても3回塗っても見た目もほとんど同じなので、わからないですよね。多少色を変えて塗らないと、何回塗ったかなんてわからない。Oさんがもし、例えば親戚の人など近い人に業者選びでアドバイスをするなら、「この点に注意しろ!」っていうようなことはありますか。

 

Oさん:信頼性の見極めかな。3回塗りなら3回塗り、2回塗りなら2回塗りと予定通りの作業をするかどうか、しっかりと計量するかどうかなど、信頼できるところかどうかの見極めが大事だとアドバイスするね。

 

横井:塗膜の厚みなども一般の方にはなんか分からないですよね。うちはちゃんと計量していますが、ネットで見たところ、経験を頼りに目分量でやっている方もいますし、しっかりとしていないところなどは全く計量していないようです。シンナーで塗料をのばされて誤魔化されたとしても、一般の方ってわからない。

 

Oさん:3年ぐらい時間が経ってやっとわかるくらいだね。そのくらいの時間がかかるんだよね、塗装の良し悪しがわかるためには。

pastedGraphic.png

横井:一般のお客さんにとっては、それだと怖いですよね。結局どうやって業者を選べばいいのかがわからないと思うんですよね。それについては、どう思いますか?

 

Oさん:よくあるのは、実績で何件やったか、地元でやっているかという話を聞くことですね。「どこどこの業者で施工をして、年数これくらい経ったら、状況はこんな感じだよ」という情報を集めるとより良いかも。小さい業者であっても、納得できるように写真で施工例を示してもらう。実際に施工を始める前には、デジカメで住まいの状況を撮影してもらい、割れている箇所などを写真で確認する。施工が終わった時にも写真を撮影して施工状態を確認する。自分自身が納得することが大切。

 

横井:まだどこでやるか悩んでいる人は、そういうことを施工と同時にしてもらえるかどうか、見積もり時に確認するといいですね。

 

Oさん:そうそう。そうすると間違いがない。

 

横井:業者の選択には悩むけれど、ハウスメーカーさんなら安心感があるかもしれません。

 

Oさん:塗装店は安いけれど信頼度が…といううようには感じるかもしれないね。

 

横井:最近お客さんと会ってよく感じるのは、インターネットで勉強されている方が多いということです。ハウスメーカーは結局下請けに出しているだけだから、マージン取られるだけでだということもわかっている。でもインターネット上には色んな情報が玉石混交で、お客様も、実際にどうやって施工業者を選べばよいか悩んでいる。

 

Oさん:大手は、車でいうとディーラーにあたります。高くてもクレームを出した時にはちゃんと対応してくれる。小さい塗装屋さんは、町の小さな車屋さん。そういう小さいところが、「うちはディーラーほど大きくはないけれど、ちゃんと対応しますよ。」「あなたのクレームにも対応してちゃんと直しますよ!」というのと同じで、塗装工事でも、「すぐアフターサービスに来ますよ。」という姿勢が伝わってれば良いんじゃないかな。

あとは、やっぱり近いと早く来てくれやすいよね。こういうことが信用につながる。施工業者にとってはその後の営業にもつながる大切なことだよ。」

 

横井:一般の人にアドバイスするなら、アフターサービスに来てくれるかどうかも大きな目安になるってことですね。

 

Oさん:メーカーなんかがやっている50年保証とかというものは、実際には保証はほとんどない。

「メンテナンスしますよ。」とは言うものの、

「見に来ました。だから、メンテナンス費をください。」という内容のものもある。それで、結局お金が掛かってしまう。

pastedGraphic_1.png