トタン・金属屋根

屋根修理におすすめ!スカイメタルルーフ

 スカイメタルルーフという耐久性に優れ、それでいて経済的にも優しいという理想的な屋根材が、最近注目を浴びています。一部の商品説明では、30年間メンテナンスフリーとも言われており、期待が高まる屋根材ですが、本当のところは、そこまで優れた屋根材なのでしょうか?

 そこで、今回はスカイメタルルーフの特徴と、その評判についてご紹介したいと思います。

1.スカイメタルルーフの特徴

 まず、スカイメタルルーフの特徴を、屋根材に求められる「耐久性」「重量」「快適性」の3つの視点でご紹介します。

①耐久性

 スカイメタルルーフは、ジンカリウム鋼板というサビに強い鋼板を基盤として、その上に天然素材であるストーンチップの層をつくった屋根材で、非常に耐久性が高いという特徴があります。

 まず、基盤として使用しているジンカリウム鋼板ですが、この鋼板はガルバリウム鋼いたと同じ鋼板の皮膜を持ち、従来の亜鉛メッキ層の3倍の耐久性を有しています。また、切断面を再度メッキ加工したことによって、自己防蝕性能が向上した鋼板となっています。

 基材鋼板、ジンカリウムメッキ層の上には、プライマー層、ベースコート層、ストーンチップ層、トップコートと、複数の層に分かれて構成されており、この点からも強度の高さを作り出しています。

屋根は素材が痛みやすいから、極力良いものを!!

②重量

スカイメタルルーフは強度が高いだけでなく、軽量であるという点もメリットとなります。重量は、従来のスレート屋根と比較すると、およそ1/3程度、瓦屋根と比較すると1/9程度まで軽くなっています。屋根の重量は、建物の柱や外壁といった建物の上部を支える部材への負担に直結します。軽ければ軽いほど、柱や外壁の負担が軽くなり、それらの耐久性が向上しますので、結果として家全体の耐久性が向上することになります。また、屋根の重量は、自身が発生した場合にも大きく影響します。屋根材が重い場合、家の重心が高くなることで、地震などによって揺れやすくなり、倒壊の危険性が増すことになりますが、逆に屋根が軽ければ軽いほど、建物の重心は低くなり、地震などによって揺れにくくなります。そのため、建物全体の耐久性や耐震性を考えると、屋根材は軽ければ軽いほど良いということになります。スカイメタルルーフは、この重量について、非常に優れた屋根材であると言えます。

軽量

③快適性

 通常、屋根材に鋼板を使用していた場合、太陽からの熱をそのまま吸収してしまうため、遮熱性が低いと言われています。しかし、スカイメタルルーフの表面はストーンチップが層になっているため、太陽からの熱はストーンチップの層で弾かれることとなり、建物内部まで伝わりにくくなっています。その効果は瓦屋根と同等と言われており、鋼板を素材とした他の屋根材よりも快適さに期待できます。

 また、雨音に関しても、通常の鋼板を素材とした屋根材であれば、パタパタと特徴的な雨音が響いてしまいますが、スカイメタルルーフの場合は、ストーンチップが雨音を抑える役目を担っており、強い雨でも他の鋼板屋根よりも雨音が気になりにくいという特徴もあります。

2.スカイメタルルーフのメンテナンス

「スカイメタルルーフは、20年間~30年間、メンテナンスフリーのため、経済的に優れています。」という宣伝文句を見かけますが、それは本当でしょうか。

スカイメタルルーフは、ジンカリウム鋼板の層の上に、ストーンチップの層を作っています。このストーンチップのそうに使用している釉薬によって、強度の高いコーティング層がうまれており、この層が屋根の美しさや耐水性を担っており、簡単には劣化しないためメンテナンスは必要ないというのがその理由となっています。

スカイメタルルーフの施工

つまり、この釉薬でできたコーティング層が劣化した場合、もしくは破損した場合には、メンテナンスを行わなければならないということになります。あくまで、ここでいうメンテナンスフリーというのは、環境による劣化や、台風などによる破損がなかった場合に、塗装工事などのメンテナンスが必要ないというだけで、定期的に劣化や破損がないか点検をしなければならないのは、他の屋根材と同様になります。

スカイメタルルーフは、非常にメリットの高い屋根材となっています。また、そのデザイン性も、ストーンチップの層によって、様々なデザインが販売されており、今後の展開が期待されている屋根材となっています。

とはいえ、全くデメリットが無いわけではありません。スカイメタルルーフには、現在のところ、断熱材入りの商品が発売されていませんので、断熱材入りのガルバリウム鋼板製の屋根材に比べると、断熱性に欠けていたり、部材が比較的高額であるといったデメリットが存在します。

これらのメリットとデメリットをきちんと理解することで、屋根材の選択肢を増やすことが可能となります。ヨコイ塗装では、お客様としっかり話し合いながら、最適な屋根材のご提案を行っております。扶桑町周辺で屋根のメンテナンスをお考えの方は、ヨコイ塗装までご相談ください。

スカイメタルルーフを施工できる、新聞取材歴のある腕利き瓦職人ご紹介します。

トタン屋根のメンテナンスと塗装工事|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

トタン屋根は、定期的にメンテナンスを行わなければ、サビが発生してしまいます。

そのサビを放置してしまうと、それが原因で穴が空いてしまうこともありますので、

定期的なメンテナンスは必須となります。

 今回は、トタン屋根のメンテナンスについてご説明します。

1.トタン屋根の劣化

 トタン屋根は、劣化の状態が軽ければ塗装によるメンテナンスが行えますが、

劣化の状況がひどい場合は、重ね葺きや葺き替えを行う必要があります。

 

(1) 劣化状況が軽い状態

一般的に、劣化の状態が軽く、塗装によるメンテナンスが行える状態は、次のとおりです。

 

  •  ①トタン屋根が変色している。
  •  ②塗装が一部はげている。
  •  ③カビやコケが発生している。
  •  ④一部でサビが発生している。
  •  ⑤釘が浮いている。
  •  ⑥継ぎ目が外れている。
  •  

 これらの症状であれば、通常、塗装によるメンテナンスを行うことができます。

 

(2) 劣化状況が重い状態

次の症状については、劣化状況が重く、

塗装だけでは十分にメンテナンスを行うことができません。

そのため、重ね葺きや葺き替えを行う必要があります。

  •  ①雨漏りする。
  •  ②穴が開いている。

 これらの症状の場合、現在のトタン屋根の上に、更に屋根材をかぶせる「重ね葺き」、

劣化した屋根材を撤去し、新しい屋根材を取り付ける「葺き替え」という作業が必要となります。

 

2.トタン屋根の塗装

 劣化の症状が軽い場合は、トタン屋根の塗装というメンテナンスを行うことができます。

トタン屋根を塗装することにより、防サビ効果や防水効果が期待できます。

特に、トタン屋根は安価である分、劣化の早い材質となっていますので、

3~5年で塗装を行わなければ、塗膜による効果はなくなってしまいます。

 トタン屋根を塗装する場合は、

「ケレン」「下地処理」「下塗り」「中・上塗り」

というプロセスで行います。

 

(1) ケレン

 ケレンのプロセスでは、塗装工事を行う準備として、

現在のトタン屋根に発生しているサビや塗膜を取り除きます。

しっかりとケレンを行っておかなければ、サビや劣化した塗膜の上から塗料を塗ることになってしまい、

屋根材にしっかり塗料を塗ることができなくなってしまいます。

そうなると、塗膜の耐久性が大幅に減少しますので、ケレンは非常に重要な作業となっています。

(2) 下地処理

 下地処理では、はじめに高圧洗浄によってホコリやカビ、コケといった汚れを除去します。

ケレンで除去したサビや塗膜の「ゴミ」についても、高圧洗浄で洗い流します。

高圧洗浄についても、ケレンと同様に、ホコリやカビ、

コケといった汚れの上から塗料を塗ることによる塗膜の耐久性低下を防止する重要な作業となっています。

 

 次に、ひび割れの補修や釘の打ち直しを行います。

塗料を塗る前に、しっかりメンテナンスできる範囲については、メンテナンスをしておくことで、

トタン屋根の耐久性を高めることができます。

 

(3) 下塗り

 下塗りは、中塗りや上塗りで使用する塗料とはことなり、錆止め塗料を塗ります。

下塗りで使用する塗料には、中塗り・上塗りで塗ることになる塗料を

しっかり屋根材に付着させる効果があります。

また、トタン屋根の場合には、どうしても材質的にサビが発生しやすいため、

屋根材に最も近い下塗りの塗料には、サビ止め入りの塗料を選択し、防サビ効果を高めます。

 

(4) 中塗り・上塗り

 下塗りがしっかり乾燥したら、次は中塗り・上塗りの順に塗料を塗っていきます。

中塗り・上塗りでは、好きな色の塗料を選択することで、

外観を整えるという効果の他に、日光や湿気から屋根を守るために

防水効果のある塗料や紫外線対策がなされた塗料を選択することになります。

これによって、トタン屋根全体の耐久性を向上させることが可能となります。

3.トタン屋根の重ね葺き・葺き替え

 現在、トタン屋根を使用している家は年々少なくなっています。

トタン屋根は、安価である代わりに非常に耐久性が低く、

通常の屋根材であれば10年に1回程度の頻度で

行えばいいと言われている塗装工事を、

3年~5年という非常に短い期間で行わなければなりません。

 

 そのため、現在使用しているトタン屋根が劣化した際に、

塗装ではなく違う屋根材で重ね葺きや葺き替えを行うケースが増加しています。

特に、トタン同様に金属屋根を好まれる方は、

ガルバリウム鋼板の屋根を選択される方が多くいらっしゃいます。

 

 ガルバリウム鋼板は、最初の費用はトタンよりも高額になりますが、

メンテンナンスが必要となる期間が、トタンの2倍~3倍程度長くなりますので、

長期的に見た場合はガルバリウム鋼板のほうが安価となります。

 

4.まとめ

 トタン屋根は、安価である分、メンテナンスが非常に大変な屋根材となっています。

最近建てられた家でトタンを使用している物件は殆どなく、

年々減少はしていますが、まだまだトタン屋根を使用している建物は残っています。

 

トタン屋根は、しっかりとメンテナンスがされていれば、

長期間使用していても問題が出ることは少ないですが、長期間放置してしまうと、

復旧できないほどに劣化してしまう屋根材となりますので、

定期的なメンテナンスを欠かすことはできません。

そのため、遅くとも5年に1回はしっかりと塗装を行うようにして下さい。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546