外壁塗装工事時の高圧洗浄|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

 高圧洗浄と言うのは水圧を利用して外壁に付着している汚れ、

藻などを綺麗に洗い流すことです。

北側の湿気が多い外壁などの場合、緑色の藻が外壁にこびりついてしまい、

ブラシなどを使って掃除をしても落とせないと言うケースも多く在りますが、

水圧を使う事で外壁は新築時とまではいかないまでも、

かなり綺麗なものになり、塗膜を塗り重ねても剥がれない状態を

作り上げることが出来るようになります。

 

屋根の高圧洗浄後は、必ず写真や映像できれいになったか確認しましょう

そもそも高圧洗浄は、旧塗膜をしっかりと洗い流す目的があります。

屋根や外壁についている泥や砂、鳥のフンなどの汚れ、

コケや剥がれかけている以前の塗料などを塗装前にきれいに洗い流します。

また、塗装面をきれいに洗い流すことによって、素材の痛み具合や、

補修が必要な箇所の有無などが確認出来るのです。

 

しかし、もしも汚れやカビなどがきれいに落とされていないと、

新しい塗料が屋根材などの素材に密着できず、

早々に剥がれてしまう結果となります。

だからこそ、屋根塗装などをおこなう前に高圧洗浄で洗い流すことは、

後々のために重要な作業となるのです。

 

でも実際は、一度屋根塗装や外壁塗装を塗ったあとになると、

高圧洗浄がきちんとおこなわれているかどうかは、

一般的に判断するのは難しいところでしょう。

特に屋根になると、下からでしか見ることが出来なく、距離も遠く、

下から覗く角度からになるとどうしても見づらいものになってしまいます。

 

したがって写真や映像等で、工程ごとに作業を確認しておくことは、

良い工事品質にもつながります。

 

高圧洗浄後の乾燥時間は大切

高圧洗浄をいかに丁寧におこなっている業者かどうかによって、

塗膜の持ちや仕上がりの美しさが変わってくるのだといえるのです。

屋根塗装の腕前もさることながら、そういった細部に渡る心意気が、

良い塗装工事につながります。

 

なお、屋根や外壁などをきれいに洗い終わった後、

しっかりと時間を掛けて乾かす業者であることも、実はよい塗装業者の重要な要件です。

よく乾かさずに塗装を施してしまうと、塗膜と住宅素材の間に入ってしまった

水分の逃げ場がなくなって、結果として塗膜の剥がれにつながるからです。

(特に気温の低い冬季には気をつけてくださいね)

 

外壁塗装時の高圧洗浄の重要性

高圧洗浄で洗い流すチョーキング。

塗装は、塗膜は汚れたまま塗装をすると

下地にしっかりと密着せず剥がれの原因になってくるからです。

“外壁についている汚れや旧塗膜のこなを取る”

そんな大切な作業が、高圧洗浄です。

 

昔は手作業で、ブラシで擦ったりなどしていましたが、

いま高圧洗浄した方が圧倒的にキレイになるので、

ほとんどの業者は機械で洗浄をしています。

(お化粧で言うと洗顔の工程をイメージすると分かりやすいかもしれません。)

 

※外壁は,塗装が時間がたって劣化してくると、表面が粉っぽくなります。
手で触ると,チョークの粉に似ていることから「チョーキング」とよばれます。

ウィキペディアより

チョーキング(Chalking)とは日本語では白亜化(はくあか)とも言い、主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料チョーク(白墨)のような粉状になって顕われる現象や状態をいう。

原因[編集]

大きくは次に記す原因でチョーキングが起きる。チョーキングが生じた以降も手入れを怠ると塗装の機能を失ない、保護していた材料が露出して酸化が始まる。

  • 長期間の暴露により、太陽光の紫外線で表層樹脂が分解する。

  • 塗料中に分散された顔料、特に二酸化チタニウム等の表面で起こる光触媒反応でラジカルを発生し、塗膜中の樹脂が加水分解されて起こる場合がある。

  • 塗装前に塗料が十分に撹拌されず原材料の分離や沈殿により生じる。

  • 立地条件や使用条件に応じた耐候性のある塗料を用いていない。

 img_5765

高圧洗浄時における注意したい点

適切な圧力で

外壁を傷めない程度、汚れがしっかりと落ちる圧力で・・・

いわゆるケース・バイ・ケースで柔軟に対応することが求められます。

 

強すぎず・・・

高圧洗浄機は、普通の方がホームセンターなどで購入するものより、

はるかに圧力が出る業務用のプロが使う機械です。

したがってかなりの水圧が出ます。

建物本体を傷ませない圧力が必要になってきます。

(塗装工事で使用されている高圧洗浄機は最大圧力が、

コイン洗車機の1.5倍前後のものが一般的です。)

至近距離から過度の圧力での洗浄は躯体痛めてしまうことがあります。

 

弱すぎず・・・

また弱すぎると充分に汚れが落ちていなく、

せっかく塗った塗料の剥がれにつながります。

表面をなるべくキレイにしてから塗ることは塗装の基本です。

特にカラーベスト屋根ですと、

苔やカビがしっかりとこべりついている場合があります。

そのためには、しっかりとノズルを近距離にもっていって、

汚れを落として行く必要があります。

 

ヨコイ塗装では、フルテックさんの高圧洗浄機を使用しています。

高圧洗浄機

(高圧洗浄機もちゃんとしたものを持っているか確認してみてくださいね)

 

※高圧洗浄では、やはり汚れが結構飛び散ります。

したがって汚れが飛ばないように配慮してもらうよう必要があります。

ネットでも充分な時がありますがネットを超えて汚れが飛んでいく時もあります。

水に塗らえたらまずいものは慈善に濡れない場所にどけてもらいましょう。

また、車や花壇、洗濯物そういったものに、特に注意を向けると良いかもしれません。

 

 

※高圧洗浄をするときに良いタイミングがあります。

それは雨降り時に高圧洗浄するということです。

雨天時ですと近所でも洗濯物を干している方も少なく、

また雨が降るっているために汚れが遠くまで飛ぶことが少ないです。

 

※最低でも丸1日は間をあけてもらいましょう。

濡れたままの状態に塗装をしますと、剥がれの原因になってしまいます。
したがって、下地の状況や季節によっては,

丸2日以上の乾燥時間をとってもらいましょう。

67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

 

※高圧洗浄のときは、ついでに外構も洗浄してもらうと良いです。

 

高圧洗浄なんですが、普段やらない外構の壁も高圧洗浄してもらうと良いです。

ついでの作業になるんですが、そこまでの面積の負担がなければ、

職人さんも快く引き受けてくれると思います。

せっかくお住まい自体もきれいになったのに、

外構の壁が少し汚れていると気になってしまうと思います。

せっかくなのでお住まい全体をきれいにさせて、

すっきりさせると良いと思います。

塗装のついでに、いらないものなども捨てて、

断捨離なども行うと良いかもしれませんね。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット