窯業系サイディングのメンテナンス工事方法|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

窯業系サイディングとは、サイディングの種類の1つとなります。

サイディングとは、羽目板や下見板といった外壁に張る板材の総称で、

窯業系の他にはセラミック、金属が用いられます。

 今回は、窯業系サイディングのメンテナンス方法についてご説明いたします。

d777503dcf391088322c530b5fb49cf1_s

 

 

1.窯業系の劣化

 

 窯業系サイディングはメンテナンスフリーと言われることがあります。

しかし、窯業系サイディングに限らず、基本的に風雨にさらされる外壁において、

一切メンテナンスを行わずに長期間使用し続けることはできません。

 

 窯業系サイディングにおいても、必ず劣化します。

特に、サイディングを使用している場合は、

板と板の継ぎ目にゴム状のコーキングを充填し、接着しています。

サイディングそのものの劣化よりも先に、コーキングが劣化しますので、

コーキングのメンテナンスは必ず行わなければなりません。

 

コーキングが劣化すると、コーキングのひび割れやコーキングのヤセといった症状が現れます。

コーキングは、板と板を密着させるとともに、その隙間から雨や湿気による水分の侵入を防いでいますが、

ひび割れやヤセにより隙間が生じると、その隙間から水分が内部に侵入することとなります。

コーキングから中に入った水分は、建物の内部に到達し、内部から腐食させる原因となります。

img_5765

 次にサイディングに施した塗装の劣化です。

サイディングには、防水性能を向上させるために塗装を行っていますが、

この塗装が劣化することによるチョーキング現象(さわると白い粉状のものが付着する現象)が

劣化のサインと言われています。

塗装の劣化を放置しておくと、防水性能を向上させるための塗膜が劣化してしまい、

従来通りの防水性能を維持することができなくなります。

防水性能が下がると、雨や湿気による水分がサイディングに吸水されてしまい、

サイディングの反りにつながります。

また、サイディングの中に吸水された水分は、そのまま建物内部に浸水していきますので、

建物を内部から腐食させてしまう原因となります。

そのため、定期的に塗装を行う必要があるのです。

 

 最後に、サイディングそのものの劣化です。

これは、特に窯業系サイディングに多いサイディングの反りや割れといった症状になります。

塗装の劣化でも説明した通り、サイディングが水分を含んで反るという現象や、

下地が平らでなかったために徐々に反りかえるというケースもあります。

反りがひどくなると、サイディングが割れてしまうという症状になります。

いずれの場合も、放置しておくことでさらに劣化が進みますので、

早急に対応する必要があります。

 

2.窯業系サイディングのメンテナンス

①コーキングのメンテナンス

 窯業系サイディングの場合、サイディングの劣化や

塗料の劣化よりも先にコーキングの劣化が始まります。

コーキングの寿命は5年程度と言われていますので、5年を目途に、

コーキングの状態を確認することをおすすめします。

 

 コーキングのメンテナンスについては、コーキングの劣化状況によります。

軽度の劣化であれば、既存のコーキングを残しつつ、

上から重ねてコーキングを充填するだけで対応することが可能です。

 しかし、劣化がひどいようであれば、既存のコーキングをすべて撤去し、

新たにコーキングをやり直す必要があります。

コーキングの打ち替え

②塗膜のメンテナンス

 サイディングボードの塗料が劣化し、チョーキング現象が発生している場合などは、

塗膜のメンテナンスを行います。

つまり、外壁塗装です。

この際に、コーキングについても合わせてメンテナンスすることが多くなっています。

 塗装工事では、下地処理としてサイディングボードの汚れや古い塗膜を一度きれいに掃除してから、

新たな塗料を塗るという作業になります。

この汚れや古い塗膜をきれいに除去しておかなければ、

塗装工事のもう1つの目的である美観が損なわれるほか、

塗装の耐久性が著しく低下します。

 

③サイディングボードのメンテナンス

 サイディングボードが反った、もしくは割れてしまった場合のメンテナンス方法ですが、

この場合は張り替えが最も理想的な方法となります。

吸水したために反ってしまったサイディングボードをビス等で固定した場合、

一時的には反りは戻るかもしれませんが、無理な力がかかっている以上、

長期間持つことはなく、サイディングボードが割れてしまいます。

 一度割れてしまったサイディングボードを修復することは非常に困難ですので、

張り替えという選択になってしまいます。

 

3.まとめ

 窯業系サイディングも決してメンテナンスフリーではありません。

しっかりとメンテナンスを行っておかなければ、コーキングや劣化した塗膜から水が侵入し、

サイディングを劣化させるとともに、家の内部からの腐食につながります。

 

 定期的にコーキングのメンテナンスおよび外壁塗装を行うことで、

外壁をきれいに保つとともに、家の劣化を防止することが可能となります。

しっかりとしたメンテナンスを心掛けるようにしてください。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


安心して塗装工事するなら
安心して塗装工事するなら
// チャットボット