雨漏り

瓦の形状と雨漏りについて

 瓦と聞くと、ほとんどの方が昔ながらの陶器の瓦を想像することと思います。この陶器の瓦は耐用年数が50~60年と非常に長く、それだけ目に付きやすいとも言えますが、実は瓦の種類はそれだけではありません。また、瓦の形状も、よく目にする和瓦の他にもあります。そこで今回は、瓦の種類や形状と雨漏りの関係についてご紹介します。

1.瓦の種類

①釉薬瓦

 釉薬瓦は、最もよく見かける粘土で作った瓦に釉薬を塗った瓦で、陶器瓦とも言われています。釉薬瓦は、釉薬によって水を通さなくなるため、耐水性に優れた瓦で、瓦の下に敷くルーフィングが傷みにくいというメリットがあります。

 しかし、比較的重量があるため、地震対策には不向きな瓦とも言えます。

②いぶし瓦

 いぶし瓦も粘土で作った瓦ですが、こちらは釉薬を塗らず、窯の中でいぶすことで作られ、主に神社仏閣に使用されています。いぶし瓦は、窯の中でいぶすことによって、炭素の膜が形成され、この膜によって水を防ぐ効果を得ています。そのため、時間の経過によって炭素膜が剥がれてくると、葺き替えしなければならないというデメリットがあります。

③素焼き瓦

 素焼き瓦は、粘土で作った瓦をそのまま焼いたもので、ドラマで見かける沖縄の住宅(オレンジ色の瓦の住宅)に使われています。釉薬やいぶしといった工程がないため、釉薬瓦やいぶし瓦よりも安価で且つ軽量というメリットはあるものの、その分防水性はやや低くなっています。

④セメント瓦

 釉薬瓦、いぶし瓦、素焼き瓦は粘土を使用した瓦ですが、セメント瓦はその名の通り、セメント(砂と水)を使用した瓦で、塗料を塗ることで防水性を高めることができる瓦です。瓦自体は安価ですが、塗装というメンテンナンスをしなければならないことや粘土を使用した瓦よりも重量が重く、耐久性が低いことから、最近ではほとんど使用されていません。

2.瓦の形状

①和瓦(J型)

 和瓦は、瓦屋根で最も使用されている形状で、瓦が波打った形状になっているのが特徴です。この波打った形状によって湿度は適度に逃げつつも、温度はしっかりキープできるため、保温性と漢気に優れた形状といえます。

 また、この形状によって雨や雪を留めずに流す効果も期待できますので、耐水性にも優れた形状となっています。

②平板瓦(F型)

 波打った形状とは異なり、真っ直ぐな瓦を平板瓦といいます。この瓦は、日本家屋以外にも合わせることが出来るため、最近の洋風な建築物であっても屋根材として使用できる他、太陽光発電システムを乗せやすい瓦でもあります。

③スパニッシュ瓦(S型)

 スパニッシュ瓦は、和瓦よりも波打ちを大きくした瓦で、洋風の建築物に合わせやすいという特徴があります。和瓦同様に、波打ちによる保温と漢気の効果を期待できるため、和風の建築物であれば和瓦、洋風の建築物であればスパニッシュ瓦と使い分けることができます。

3.瓦屋根の雨漏り

 瓦屋根は、その耐久性の高さがメリットの一つですが、それでも放置していると雨漏りにつながることがあります。その原因は、以下のことケースが多いようです。

①瓦の破損

 強風などの飛来物が瓦に接触したなどで、瓦そのものが破損してしまった場合、その破損部分から雨水が侵入し、雨漏りにつながることがあります。

 この場合、早めに新しい瓦に葺き替える必要があります。

②瓦のズレ

 こちらも強風や台風が原因となりますが、瓦がずれてしまうことによって、瓦と瓦の間に隙間ができてしまうことで、その隙間から水が入り込み、雨漏りにつながってしまうケースが考えられます。この場合、早めに発見して瓦を戻せば、雨漏りを防止出来る可能性が高くなります。

③鳥やコウモリの巣

 瓦屋根は、どうしても空気層ができてしまいますが、そこにうまく入り込んだ鳥やコウモリが巣を作ることによって、下地の防水シートを急速に劣化させるケースがあります。通常、軒先やケラバ部にシーラーなどで隙間を埋める対策を施しますが、それらの劣化に気づかなかった場合、そこから侵入して巣を作られてしまい、防水シートが劣化することによって瓦で受けきれなかった水が建物内部に侵入して雨漏りにつながってしまいます。そのため、軒先やケラバ部の隙間を埋める対策が、劣化していないことを確認することも重要です。

④漆喰の劣化

 漆喰という瓦の葺き土を保護している部分が劣化すると、棟土に水が侵入してしまい、雨漏りに繋がる恐れがあります。漆喰自体は、10年程度で劣化するため、瓦そのものの劣化はなくても漆喰のメンテナンスは必須となります。

 このように、瓦屋根については、他の屋根材とは違った雨漏りの原因が多々あります。これらの雨漏りの原因に加え、瓦の種類や形状も多いことから、瓦屋根の雨漏りについては、しっかりと知識・経験のある職人が対策を施さなければなりません、ヨコイ塗装では、瓦屋根の雨漏りについて専門的な知識のある経験豊かな職人が対応いたしますので、扶桑町周辺で瓦屋根の雨漏りにお困りの方は、ぜひご相談ください。

カラーベストの塗装と雨漏り

 カラーベストは、高いデザイン性と施工性の高さ、また、建物への負担が少ない屋根材として、新築・リフォーム問わず、多くの方が選択されています。しかし、カラーベストは、しっかりとメンテナンスしなければ、比較的雨漏りしやすい屋根材にもなっています。そこで今回は、カラーベストの雨漏りの原因と対策について、ご紹介します。

1.カラーベストの施工ミスによる雨漏り

 カラーベストの屋根では、雨水などの水分を建物に侵入させないために、屋根材そのものに施した塗膜によって水分をはじくほか、カラーベストの隙間から侵入した水分については、ルーフィングによって建物内部に入り込むのを防止しています。このルーフィングによって侵入を防止した水分は、屋根の勾配によって再びカラーベストの隙間から外に排出され、内部に残さない仕組みになっているのですが、屋根の勾配が足りない部分にカラーベストを施工した場合、カラーベスト内部に侵入した水分を外に排出することができず、ルーフィング上にたまり続けることになります。すると、その部分から腐食が進み、やがてルーフィングの内部に水が侵入することで雨漏りへとつながってしまうことになります。

 これは、新築やリフォームにおいて、カラーベストを施工する際に、施工業者がしっかりと勾配を確認し、施工可能かどうかを見極める必要があり、メンテナンス等で防止できる部分ではありません。そのため、新築やリフォームにおいて、カラーベストを施工する際には、信頼できる業者に依頼するというのが対策となります。

2.カラーベストの目詰まりによる雨漏り

 繰り返しになりますが、カラーベスト屋根の場合、カラーベスト内部に侵入した水は、勾配によってカラーベストの隙間から外に排出されることで、カラーベスト内部に水がたまらない仕組みになっています。しかし、この外に排出するためのカラーベストの隙間が、ごみなどで目詰まりしてしまった場合、必要な勾配があったとしても、水はそこでせき止められることになり、カラーベスト内部に残ってしまうことになります。

このカラーベストの隙間を埋めるごみは、ほとんどの場合が埃などの粉塵で、長期間かけてたまっていくため、なかなか見た目だけで発見するのは難しくなっています。また、ごみのたまる期間についても、風の頻度や、周りの環境によって変化しますので、明確な期間というものはありません。そのため、定期的にごみがたまっていないか、チェックする必要があります。

カラーベストの目詰まりが発生していた場合、カラーベストを捲って、きれいに清掃したのちに再度設置するという方法や、カラーベストの隙間をシリコン等を使用して作り出すといった方法で水の通り道を作り出すことで、雨漏りの処置を行うことが可能です。

3.塗装工事の施工ミスによる雨漏り

 カラーベストを塗装する場合、その塗装そのものの品質も大事ではありますが、もう一つ大事なものとして、「カラーベストに隙間を作る」という作業があります。ローラー等を使用してカラーベストを塗装した場合、カラーベスト同士のつなぎ目に塗料が入り込んで隙間がふさがってしまいます。そのため、タスペーサーという部材を使用して、カラーベスト同士の隙間をしっかり作らなければなりません。この工程をおろそかにしたことによって、水の通り道がふさがり、雨漏りとなる事例があります。

 他にも、雨漏りの対処として、原因をよくよく確認しないまま、塗装工事を行って雨漏りがひどくなるというケースも存在します。特に、勾配が緩すぎる屋根にカラーベストを施工しているケース(1.カラーベストの施工ミスによる雨漏り)であるにもかかわらず、その雨漏りを塗装で修復しようとした場合、水が塗装によって弾かれたとしても、それが流れ落ちることはありませんので、行き場を失い、結果としてカラーベストの隙間から内部に侵入するというさらに症状を悪化させるケースに陥ることもあります。

 こちらも、ご自身でメンテナンスやチェックができる項目ではありませんので、信頼できる業者に依頼するというのが対策となります。

4.カラーベストの破損による雨漏り

重ねの隙間が大切

 台風などでカラーベストが破損してしまった場合、その部分から水が侵入し、雨漏りにつながることがあります。このケースの場合、屋根をチェックすることでカラーベストが割れている、カラーベストにひびが入っているという見つけやすい症状が確認できますので、それらの症状を見つけた場合、早めに業者に修理を依頼することで、雨漏りを防止できることもあります。ただし、カラーベストと一緒にルーフィングまで破損していた場合は、すぐにでも対処する必要があります。

 カラーベストによる雨漏りの半分は、施工方法に問題があると言えます。そのため、知識ある業者、信頼できる業者に施工を依頼しなければ、いつ雨漏りが発生してもおかしくありません。ヨコイ塗装では、これまでの経験と実績から、カラーベストの施工の品質についても、自信があります。扶桑町周辺でカラーベストの雨漏りにお悩みの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。