サイディングの歴史と塗装工事の変化|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

今では、多くの家に使われているサイディングボードですが、

現在使用されているサイディングボードは、

その誕生から多くの改良がくわえられたものになっています。

 

ここでは、サイディングボードの歴史と、

サイディングボードが変化したことによる塗装工事の変化についてご紹介したいと思います。

1.サイディングボードの歴史

 最近建てられている建物の多くは、外壁材にサイディングボードが採用されていますが、

日本の住宅にサイディングボードを使用する歴史はそれほど長くはありません。

 

 日本で初めてサイディングボードが開発されたのは、

1974年に開発された防火外壁材の「モエン」という商品でした。

この「モエン」という商品は、現在でもシリーズ化が続いていますが、

この時代では住宅にはほとんど使用されていません。

 

 住宅にサイディングボードが使用されだすのは、

そこから15年以上経った1990年以降になります。

このころから、日本家屋から洋風の住宅が多く作られるようになり、

外壁にサイディングボードが使用され始めることになりました。

また、サイディングボードのデザインも、

レンガ調やタイル調といったデザイン性の高い商品も多く使われ始めています。

 

 1995年には阪神・淡路大震災が発生し、

耐久性の高い住宅が求められるようになりました。

軽量で耐久性の高いサイディングボードが特に注目を集めた時代で、

当初、数種類しかなかったレンガのデザインやタイルのデザインも、

この時代に非常に多くの種類が追加されています。

 

 2000年になると、住宅の個性が求められる時代となり、

これまで1色だった外壁のデザインも、複数の色を使い分け、

リアルなレンガを表現できるサイディングボードや、

木目調、塗り壁調といった個性的なデザインのサイディングボードが登場しています。

 

 2005年には、さらにデザイン性を高めるために、

次世代インクジェット塗装と言われる技術を使用して、

サイディングボードに好きなデザインを行うことができるようになりました。

これによって、これまでの大量生産型のデザインから少量生産型のデザインにシフトし、

より個性的なサイディングボードとなっています。

 

 このように、最初は機能性を重視していたサイディングボードですが、

2000年を境に、より洗練されたデザインが好まれる時代と変化しています。

サイディング コーキング 打ち替え

 

2.塗装工事の変化

 サイディングボードの塗装工事は、

サイディングボードが外壁に使用され始めた1995年から

およそ7年後の2003年ごろから徐々に件数が増加してきました。

 

当初はレンガ調・タイル調といっても、1色で構成されていることが多く、

お客様のご要望もこれまでのデザインに似た色にするか、全く異なる色にするかという、

色に関するご希望が多く寄せられていました。

 

しかし、2007年ごろから徐々にデザイン性の高いサイディングボードを

使用した外壁の塗装依頼をいただくこととなり、お客様のご要望も、

これまで通りの1色での塗装から複数の色を使えないかという

ご要望をいただくことが増えてくることになります。

 

 そこで開発されたのが、外壁の2色塗りという技法です。

1つ目は、下塗りはこれまで通り下塗り材を使用して塗装し、

中塗りと上塗りの塗料を変更することによって、

複数の色が混ざった複雑なパターンを表現する塗り方を行うという方法です。

この塗装では、中塗りと上塗りの塗料を特殊なローラーで塗り分けることで、

デザインの個性に対応することができます。

単色塗装はもう古い!?新しい塗装方法「多彩仕上げ」

 

2つ目は、外壁に細かくマスキングすることによって、

色を付ける部分と付けない部分に分けるといった特殊な塗装方法です。

1色で塗りつぶすのとは違い、メリハリのある外壁を表現することができる塗装方法となっています。

 

 さらに時代が進むと、外壁そのもののデザイン性が非常に高く、

メンテナンスを行わなければならないのは理解しているが、

外壁のデザインを損なわないでほしいというご要望が増えてくることになりました。

そこで開発されたのが、外壁のクリア塗装です。

サイディング クリア塗装

 外壁のクリア塗装では、透明の塗料を使用して外壁塗装を行いますので、

外壁のデザインをそのまま残すことができます。

しかし、外壁に生じた傷などもそのまま残ってしまいます。下地処理で傷を修復したとしても、

透明な塗料で塗っているため、その修復後を隠すことができませんので、

現在の技法を持ってしても、新築から初回の外壁塗装の際に使用できる方法であって、

毎回使用できる技法ではありません。それでも、ご要望は増加傾向にありますので、

それだけ外壁のデザイン性が求められている時代となっていると言えます。

 

 いずれの塗装方法も、しっかりとした技術を有した職人さんが、

その技術をもって塗装工事しなければ、従前の1色で行う塗装工事に比べると

品質が悪くなってしまう可能性のある塗装方法となっています。

 

そのため、ご依頼される業者選びは、慎重に行わなければなりません。

 ヨコイ塗装は、2色塗りやクリア塗装にも長けた職人さんが、

品質を第一に考えた塗装工事を実施しています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

相談

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

// チャットボット