高品質なコーキングの打ち直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイディングボードやALCを外壁に使用している場合、外壁同士をつなぎ合わせるためにコーキングは必須です。では、そのコーキングは誰が行っても同じような品質で工事を行うことができるのでしょうか。その答えは「否」です。コーキングは、工事を行う職人の腕によって、品質が大きく異なります。

 そこで今回は、高品質なコーキングの打ち直しについてご紹介したいと思います。

1.品質の良いコーキングと品質の悪いコーキング

 品質の良いコーキングと品質の悪いコーキングの違いは、その耐久性にあります。通常、コーキングは環境にもよりますが、7年から10年の耐久性を有しています。しかし、品質の悪いコーキングですと、わずか1年で使い物にならなくなるケースもあります。

 コーキングが経年劣化すると、コーキングそのものが痩せてしまい、コーキングのヒビや剥がれにつながるのですが、腕の悪い、もしくは知識のない職人が工事を行うと、コーキングが痩せてもいないのに剥がれてしまったり、コーキングにひびが入ったりしてしまいます。そうなると、せっかくコーキングのメンテナンスを行ったのに、またすぐにメンテナンスを行わなければならず、無駄な出費となってしまいます。そうならないためにも、質の良い業者、職人に依頼する必要があります。

ボンドブレーカー
コーキング打ち直し工事

2.なぜコーキングの品質が変わるのか

 では、次にコーキングの品質が変わってしまう原因についてご説明します。

①外壁材とコーキングの種類が合っていない

 コーキングのメンテナンスを行う業者にとっては当たり前の知識ですが、外壁材によって使用に適したコーキングは異なります。特に品質にこだわる業者は、外壁材だけでなく、その外壁の環境によっても使用するコーキングを変更し、最適なコーキングを選択します。しかし、品質にこだわらない業者は、コーキングも1種類ですべての部分をメンテナンスしようとしますので、外壁材や環境とコーキングがマッチしていないケースもあります。そうすると、コーキングがしっかりと外壁に密着せずに、1年程度でコーキングが剥がれてしまう原因となります。

②品質の悪いコーキング材を使用する

 コーキング材そのものの品質も、コーキングの打ち直しの品質に大きく影響します。例えば、1成分型と2成分型のコーキング材がありますが、高い品質でコーキングの打ち直しを行うのであれば、2成分型のコーキング材を使用したほうが、良い品質で工事できるケースが多々あります。コスト的に考えると1成分型のコーキング材は2成分型のコーキングよりも高いのですが、攪拌する必要がないため、使い勝手が良く、工事を行うやすいという特徴があります。そのため、2成分型になれていない職人は、1成分型のコーキングを使用したほうが良い品質で工事を行うことができます。しかし、腕のいい職人が2成分型のコーキングを使用した場合、最適な攪拌や環境に合わせた配分を行うことで、1成分型のコーキングを使用するより、細かく調整することで最適なコーキングを行うことが可能となります。

高耐久コーキング材 オートンイクシード

③打ち直し技術の問題

 なかなか見積もり等では判断することができませんが、職人の腕そのものによってコーキングの品質が大きく異なります。例えば、コーキングを打ち替え(古いコーキングを除去し、新しいコーキングを注入する工事)を行う際に、古いコーキングをしっかりと除去しなければ、古いコーキングの上に新しいコーキングが密着することとなり、古いコーキングが劣化し、剥離する際に新しいコーキングも一緒に剥がれてしまうことになります。しかし、職人によっては、古いコーキングの除去を適当にやってしまう方もいらっしゃいます。中には、打ち替えを行わなければならない状況であるにも関わらず、状況判断ミスで打ち増し(古いコーキングを除去せずに、新しいコーキングを上から注入する工事)を選択してしまうことで、耐久性の低い工事を行ってしまうこともあります。

コーキング 3面接着 低品質
現場で見られた不良施工

④業者の問題

 ここが一番、注意しなければならない点です。いくら腕の良い職人がいたとしても、業者の方針として質より利益が重要という方針の業者の場合、質の高い工事を期待することはできません。そういった業者の場合は、特に上記①のコーキング材をケチって質の悪いコーキング材を使用し、少しでも利益を上げようとしています。また、工事時間も短くするために、しっかりと下地処理を行わないまま工事を行わせたりと、高品質から最も遠い工事を行いますので、そういった業者に依頼しないよう、注意しなければなりません。コーキングのメンテナンスを依頼する場合は、信頼のおける業者を探す必要があります。

 ヨコイ塗装では、質の良いコーキングの打ち直しを行うため、腕の良い職人がお客様の環境に合わせた最適なコーキング材を選択し、最適な工事方法でメンテナンスを行わせていただいています。扶桑町周辺でコーキングのメンテナンスをお考えの方は、ヨコイ塗装にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料小冊子ダウンロード

外壁塗装でどこに頼んでいいか悩んでいませんか?

職人から見た外壁塗装のコツがかいてあります。

  • 塗装で何より大切なこと
  • ペンキの種類
  • 塗替えのタイミングなど

お住まいの適切な塗替えにどうぞご活用ください。

 


小冊子をダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA