塗装工事にケレン作業は本当に必要?|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

只今、扶桑町で補助金を使った塗装をしています。

 

お客様から疑問が出ましたので、

ケレン作業について書いて行きたいと思います。

外壁塗装を行う下地処理で、一番初めに行う作業がケレン作業です。

塗装業者から見積書を取った時にも

「ケレン」という言葉で記載されていることがありますが、

一般的には「ケレン」という言葉はあまりなじみがありません。

 

そのため、この「ケレン」という作業がどんな作業なのか、

本当に必要なのか判断がつかないかと思います。

今回は、この「ケレン作業」というのは、

どういう作業を行うのか。

外壁塗装を行う上で必要なのかについてご説明いたします。

1.ケレン作業とは

 ケレン作業は、これから新しい塗料を塗る外壁のサビや

古い塗膜を落とす作業のことを言います。

 

例えば、鉄製の部品を使用している外壁材であれば、

少なくとも7年~10年程度は風雨にさらされている状態となりますので、

少なからずサビが発生してしまいます。

このサビがついている状態で塗料を塗ってしまうと、

新しく塗った塗料の中で金属の部品はサビたままになっていますので、

パッと見ただけではわからないような内部でサビが進行してしまい、

気づいたころには鉄製の部品はサビで

使い物にならなくなるという最悪な状況に陥ってしまうことがあります。

 

また、そこまでひどい状況にならなくても、

サビが浮いている鉄製の部品に塗装を行っても、

それは鉄製の部品そのものに塗料を塗ったのではなく、

サビに塗料を塗っただけになりますので、

サビがはがれた時には一緒に塗料もはがれてしまう

といった状況にもなり得てしまいます。

そのため、鉄製の部品にでたサビについて、しっかりと落とす必要があるのです。

 

 では、「我が家は、外壁はすべて木製だからケレン作業は要らないよね」と、

言われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、木製の外壁材を使用している場合は、

長年の風雨によって材木が毛羽立っていたり、

へこみや傷などで外壁材に様々な汚れがついてしまっています。

表面の汚れをしっかりきれいにすることもケレン作業の一つなのです。

また、素材の表面に微細な凹凸を作ることで、外壁材に塗料が密着させることができるため、

塗装の耐久性が向上します。

 

 さらに、ケレン作業では古い塗膜の除去も行います。

これまで長年の間、外壁材を守ってくれた古い塗膜ですが、

すでに役割を終えて、十分な機能性を発揮できなくなってしまっています。

経費がもったいないからと、この古い塗膜の上から新しい塗料を塗ってしまうと、

新しい塗料は外壁材に密着せずに、古い塗膜についてしまいますので、

古い塗膜がはげ落ちると同時に、新しい塗料もはがれてしまうという問題があるのです。

そのため、ケレン作業によってしっかりと古い塗膜をはがしておく必要があるのです。

(ここが優良業者の見極めどころです)

 

2.ケレン作業は必要か?

 すでに、説明しているとおり、ケレン作業をしっかりと行わなければ、

外壁材と新しい塗料がしっかりと密着しませんので、

塗料の耐久年数が非常に低いものとなってしまうことになります。

 

過去に、ケレン作業の手を抜かれていたことによって、

通常7年~10年は持つといわれている外壁への塗装が、

わずか1年~3年で剥離の症状が現れ、

仕方なく再度外壁塗装を行ったという方もいらっしゃいます。

 そのため、外壁塗装を行う際、ケレン作業は必ず必要な作業となるのです。

なお、ケレン作業にかかる費用については、

現在の外壁の状態によって実施するケレンが異なることから、

その外壁を実際に確認してみなければ判断することができません。

 

 一般的に、かなりひどいサビが出ている場合などは

2種ケレンというケレン作業を行います。

この相場は1㎡あたり1,500円~2,000円が相場となります。

 

次に、通常の劣化状態に対するケレン作業は3種ケレンといい、

1㎡あたり500円~1,000円程度が相場となります。

 

最後に、最も状態が良い外壁材の場合には4種ケレンを実施します。

この場合の相場は1㎡あたり300円~400円となります。

 

3.ヨコイ塗装のケレン作業

 ヨコイ塗装では、外壁塗装の品質は

どれだけ丹念に下地処理を行ったかで決まると考えています。

そのため、下地処理の1プロセスである

ケレン作業についても一切妥協を行うことはございません。

サビを除去すべきところはすべて除去し、

毛羽立った木材は、すべて修復し、

古い塗膜は徹底的にケレン作業を実施いたします。

 

そのため、他の業者よりもケレン作業に関する費用が高いというケースや、

作業日数が多いというケースも出てしまいます。

しかし、ここで時間や費用をしっかりとかけてでも、

ケレン作業を妥協なく行うことで、

高品質な塗装に仕上げるために必要な時間と費用となっています。

他の業者よりも少し高く、また工期も伸びてしまいますが、

最初のケレン作業をしっかりと行っておくことで、

外壁塗装の仕上がりはとてもきれいに仕上がりますし、

その耐久年数も長くなりますので、長期的に見た場合、

外壁塗装にかかる費用は安くなるとかんがえられます。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


安心して塗装工事するなら
安心して塗装工事するなら
// チャットボット