塗装の基本は3回塗装、しかし、下塗りを何回も行う場合も…|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

外壁塗装を行う場合、基本は下塗り・中塗り・上塗りの3回は必ず実施します。

一部の業者は、

「塗料の性能が上がったから」とか「うちは高い技術をもっているから」

ともっともらしいことを言いながら、下塗りと上塗りの2回だけ、

さらにひどいところでは、上塗りだけしか行わないという業者もあるようです。

 

そういった業者に依頼すると、

確かに中塗りや下塗りの工程を飛ばすことができますので、

その分、納期も短く、値段も安い金額を提示してくるようです.

(稀に、もうけを多く出すために、

それほど安くない金額で同じような塗装をおこなう業者もありますのでご注意ください)。

 

 しかし、本来、必要なプロセスを省略することで、

高い品質を維持できるはずがありません。

 今回は、塗装の基本である3回塗りの概要についてご説明します。

1.下塗り・中塗り・上塗りの役割

  まず初めに、なぜ外壁塗装を行う際に、

最低でも3回の塗装を行わなければならないかについて、それぞれの役割をご説明します。

 

①下塗り

 下塗りは、中塗り・上塗りで使用する塗料を外壁材に密着させるための塗装となります。

そのため、使用する塗料は下塗り専用の塗料を使用します。

下塗り用の塗料は、ほとんどが白か透明、クリーム色となっており、

中塗り・上塗りの色ではありません。

 

 下塗りをしっかりと行っていない場合、

中塗りや上塗りの塗料が外壁材としっかり接着されませんので、

すぐに剥がれ落ちてしまう原因となります。

ですので、「塗料の性能が良くなったから下塗りは不要」という業者があった場合は、

まず信頼できない業者であると判断したほうがいいかと思います。

②中塗り

 中塗りは、下塗りが終わった後に塗装する工程で、

塗装の完成色を使用して塗装していきます。

しかし、外壁塗装を行う際に、1回塗っただけできれいに仕上がるということはなく、

このプロセスでは、塗りむらや、塗り残しといった問題があります。

また、中塗り1回だけでは、塗料の層が薄く、

外壁を保護するために必要な塗膜の厚さを確保することができません。

 

③上塗り

 中塗り後に行う上塗りは、仕上げとして行う塗装となります。

そのため、中塗りの工程で塗りむらや塗り残しがあったとしても、

最後の上塗りでしっかりと塗装を行って、きれいな状態に仕上げていきます。

さらに、中塗りと上塗りという最低2回の塗装を経て、

外壁材に密着させる塗料の層を厚くすることで、

塗膜が厚くなり、塗装の耐久性を向上させることができます。

 

2.下塗りは1回限り?

 中塗り・上塗りのプロセスでは、塗装のむらをなくし、

塗料の層を厚くしています。

では、中塗りや上塗りの塗料をしっかりと接着させることが

目的の下塗りは1回限りでもいいのでしょうか。

 

 単純に考えると、あくまで中塗り・上塗りの塗料を

外壁材に密着させることが目的の下塗りは、

多少の塗りむらがあったとしても塗装の仕上がりとして

目に見えてわかるものではないため問題なさそうです。

(カラーベスト屋根 1回目の下塗り後。吸い込んでしまい表面に下塗り材が残っていない状態)

しかし、下塗りを何回も行うことはあります。

これは何のために行っているのかというと、

劣化が激しい外壁材の場合、下塗りを1回だけ行ったとしても、

本来求めている下塗りの効果が得られない場合があるのです。

 

何度もご紹介している通り、下塗りは中塗りや上塗りの塗料を密着させるために行います。

そのため、外壁材と塗料の間に、接着剤のように残っていなければ意味がありません。

 

しかし、劣化の激しい外壁材の場合、外壁材がもつ防水性能が極端に下がっている場合があります。

この場合、下塗り用の塗料を1回塗ったとしても、

外壁材が塗料を吸収してしまい、表面に接着剤としての下塗り用塗料が残らないことがあります。

ですので、そういった外壁材の場合は、下塗りを何度も行うことによって、

外壁材と中塗り・上塗りの塗料を接着させることができるだけの

下塗り塗料の層を作り出すこととなります。

(上が3回目の下塗り後、下が2回め目の下塗り後)

 

これをしっかりと行っておかなければ、

いくら「うちは基本に忠実に下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装を実施している」と説明していたとしても、

その下塗りの効果がほとんどないというケースにつながってしまいます。

 

3.ヨコイ塗装の外壁塗装

 ヨコイ塗装では、基本に従い下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装を実施しています。

もちろん、塗装を行うための下地処理が塗装の品質を左右する

一番重要なポイントであると考えていますので、

下塗りも同様に重要なポイントとしてとらえており、

必要に応じて2回目、3回目、それ以上の下塗りを実施しています。

特にカラーベスト屋根では、

劣化が激しいのが最適な塗膜状態にしておくことが大切です。)

 

 そのため、ヨコイ塗装の外壁塗装は、

一般の価格よりも若干高い料金をいただいておりますが、

その料金以上の品質で塗装工事を実施させていただくよう、

通常よりも長い期間をかけて、丁寧に塗装工事を実施しています。

 地域密着型で、1件1件を丁寧に仕上げることをモットーとしております。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら