塗装の品質を決める下塗りの重要性|扶桑町の外壁リフォーム【ヨコイ塗装】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

外壁塗装を行う作業の工程として、

初めにケレンや高圧洗浄といった下地処理を行い、

その次に実際に塗装を行っていくこととなりますが、

この「塗装」というプロセスは

  • 「下塗り」
  • 「中塗り」
  • 「上塗り」

という3つのプロセスがあります。

 

基本的には、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用してメインとなる塗装を行い、

下塗りは別の塗料を使用して補助的な塗装を行うということになります。

 

そのため、下塗りも下地処理の1つと考える業者もあります。

 この下塗りだけ、違う塗料を使用するのは、

どんな理由があるのでしょうか。

ここでは、この下塗りがなぜ必要なのかについて、ご説明いたします。

 

1.下塗りの必要性について

 外壁塗装を行うにあたり、使用する塗料が少なければ少ないだけ、

かかる費用が安くなるのは言うまでもありません。

 

では、実際に希望している色の塗料以外、

  • 使わなければそれだけ安く外壁塗装を行うことができるのではないか、
  • なぜ希望している色ではない、別の塗料を使う必要があるのか、

疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

確かに、下塗りを行う際にはシーラーやプライマー、

フィラーといった専用の下塗り塗料を使用します。

これは、単に使用する塗料を増やして費用を高くしようとしているのではなく、

大きくわけて2つの理由から、これらの下塗り塗料を使用しているのです。

 

1つ目の理由は、

塗料をしっかりと外壁に密着させるための「接着剤」の役割があるためです。

どれだけ良い塗料を使用したとしても、外壁にしっかり密着していなければ、

塗料はすぐに剥がれ落ちてしまいます。

つまり、耐久年数を上げるためというのが1つ目の目的となります。

 

2つ目の理由は、

塗料が外壁に吸収されすぎるのを防止するためです。

塗料が外壁に吸収されてしまうと、吸い込みによるムラができてしまいます。

一部はペンキが残り、一部は外壁に吸い込まれる・・・

そんな状態で仕上げても、仕上がりが見苦しいものになります。

また、吸い込みが激しいとその分、

多くの塗料を使用しなければ外壁の塗装を行うことができません。

つまり、使用する塗料が増えることによる費用の増加を抑え、

お客様への負担軽減目的があるのです。

 

 

2.下塗り塗料の種類と使用用途

 下塗りを行うことによって、塗料が外壁にしっかり密着するとともに、

外壁に塗料が吸収されることを防止するという目的があることは説明した通りです。

この目的を達成するため、複数の下塗り塗料を使い分けることがあります。

ここでは、下塗り塗料の種類と使用用途についてご説明します。

 

①シーラー

 シーラーは「シール」が語源となったといわれています。

その効果は、名前の通り外壁にシールを貼る、

つまり外壁に接着剤を塗ることによって

外壁とペンキの密着を良くする効果が期待できます。

 

シーラーは塗料を吸い込みやすい素材であるモルタル壁や、

サイディング壁によく使用される下塗り塗料です。

(ヨコイ塗装が重宝しているシーラー)

 

②プライマー

 プライマーは、1つ目の目的である外壁と塗料を密着させることを重視した下塗り塗料で、

外壁の中でも塗料をはじきやすい鉄やステンレス、

アルミといった金属の外壁に使用されることの多い下塗り塗料です。

(ステンレスに塗装する場合は専用のペンキをご指定ください)

 

③フィラー

 フィラーの使用用途はシーラーとよく似ていますが、

外壁に小さなクラックがあったり、多少の凹凸があり、

塗装を行う際にムラが生じやすい外壁に使用される下塗り塗料で、

主にモルタル壁に使用されます。

 

 

3.下塗りは、下地処理と同じくらい大切!

 下塗りは、その後に実施する中塗り・上塗りの品質、

耐久年数を決定する非常に重要なプロセスとなっており、

この下塗りをしっかりと実施するか、手抜きをするかによって、

品質に大きな差が生じるとともに、場合によっては、

吸い込まれた分の余計な塗料の費用まで負担しなければならなくなります。

 

 一部の悪徳業者といわれる業者では、不自然に安い料金で受注する、

もしくは自社の利益をかさ増しするために、

下地処理と同様に下塗りも手抜きを行ったり、

実施しなかったりするようなところもあるようです。

 

しかし、下塗りをおろそかにしてしまうと、

塗りたてはよくても1年~3年で塗装がボロボロとはがれてしまうケースもあります。

 

 そのため、外壁塗装を行う際には、

ご自身でしっかりと実施する工事の内訳を確認する必要があります。

しかしながら、素人の方がご覧になっても、

「ここは悪徳業者だ」

と、判断することが難しいかと思います。

ですので、最終的には知人からのご紹介や、

過去に実績のある業者に依頼することが多くなってしまいます。

 

 このように、いろいろな業者がございますが、

ヨコイ塗装では、外壁塗装の品質を最重要視していますので、

ほかの業者よりも少し高いお値段と工事の期間を頂戴しています。

では、その金額と期間で何を行っているのかというと、下地処理や下塗りといった、

目には見えにくい基礎の部分をしっかりと時間をかけて実施しています。

 

扶桑町、大口町、犬山市、江南市で外壁塗装でお悩みの方は、

ヨコイ塗装にお気軽にご相談ください。

☎0587−93−1546

 

 

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

安心して塗装工事するなら
// チャットボット